・進行期分類
 国際産科婦人科連合(FIGO)による原発性卵巣癌の進行期分類を示す。


鬼 卵巣内限局発育
a期 一側の卵巣に限局するもの
b期 両側の卵巣に限局するもの
c期 卵巣に限局するが、皮膜破綻がある/腹水細胞診で悪性細胞が認められるもの

挟 骨盤内への進展
a期 子宮・卵管に進展/転移を認めるもの
b期 他の骨盤内臓器に進展するもの
c期 腫瘍発育が僑甦・僑盍で皮膜破綻がある/腹水細胞診で悪性細胞が認められるもの

郡 腹腔内への進展
a期 腫瘍は骨盤腔内に限局しているが腹膜表面に顕微鏡学的転移を認めるもの
b期 直径2cm以下の腹腔内播種を認めるもの
c期 直径2cmを超える腹腔内播種認める/後腹膜または鼠径リンパ節に転移を認めるもの

鹸 遠隔転移を伴うもの
胸水が存在する場合は、胸水中に悪性細胞を見とめること
肝実質への転移は鹸とする


鬼は腫瘍が卵巣のみに限局した状態で、初期癌と考えることが出来る。挟は骨盤内蔵機への浸潤・転移の認められるものである。しかし、これに大網、小腸などの癌性癒着が認められる場合には郡とする。郡は腫瘍の浸潤転移が骨盤腔を越え、腹腔内に及ぶもので、腹腔内転移病巣の大きさによってa、b、c期に細分類される。後腹膜リンパ節、鼠径リンパ節への転移の認められる場合は腫瘍が一見卵巣内に限局されるようなものでもc期に分類される。腹腔を越えて肺転移を起こしたり、胸水中に悪性腫瘍細胞が認められる場合は鹸である。肝臓表面の転移は郡とするが、肝実質への転移は鹸に分類される。
本症例では、後腹膜リンパ節(傍大動脈リンパ節、骨盤リンパ節)にCT上、右総腸骨領域に10mm大のリンパ節腫大を認める所見があるために、c期にあたるのではないかと考えられる。ただし手術後、大網およびリンパ節を病理診断に出しており、顕微鏡的検査の結果、転移していないことがわかれば、挟であることが確定する。
胸水・腹水貯留は、胸部レントゲンおよびCTにてみとめられない。肝転移については、造影CTにてlow density像はみられず、生化学データにてALP、γ−GTP、LDHの上昇が認められないため、可能性として低いのではないかと考えられる。