・治療
 外科的病期分類:付属器の良性腫瘤は、患者の年齢や妊娠への希望の有無などに応じて、嚢腫切除,卵巣切除,両側の卵管-卵巣を含めた子宮摘出等によって処置する。悪性が疑われたり確認された場合、総合的な外科的病期分類が必要となる。明らかに疾患の早期患者でも大部分はすでに卵巣外に広がっている。正確な外科的病期分類により予後治療の精度を向上させることができ、適切な術後療法を決定できる。分類は病気分類に基づく。
 悪性腫瘍が疑われる場合、腹部上部へ適切にアクセスできる正中線上の腹部切開が通常は必要とされる。癌が骨盤部に限定されると思われる場合、腫瘍は無傷または破裂させずに除去するべきである。すべての腹膜表面,横隔膜片側,腹部と骨盤部の内臓は診査され触診されなければならない。骨盤部,腹部の溝,横隔膜洞からの洗浄物の採取と、骨盤部と腹部の腹膜において多くの生検を実施しなければならない。大網切除の実施と、骨盤部と傍大動脈リンパ節を検体採取しなければならない。
 子宮摘出と両側の卵管-卵巣切除が通常は必要である。1つの例外は若い患者で、一側に低グレードの上皮または非上皮の悪性腫瘍がある場合である。侵された一側の卵巣だけの切除で、生殖能力を残すことが可能である。
 進行した上皮卵巣癌の患者に対しては、細胞壊滅(腫瘍−縮小)手術が追加治療の効率の向上のために勧められる。手術の目標は、残った移植組織の最大直径を1cm以下にして腫瘍による負荷を減少することである。細胞減数手術は通常、子宮全摘,両側の卵管-卵巣切除,大網切除,それ以外のいずれの部位からの腫瘍の切除を含む。直腸S字結腸の切除(通常は初期再吻合を伴う),根治的腹膜剥離,横隔腹膜切除,または脾摘出が必要となることがある。疾患の進行した患者の予後は細胞減数手術の成功と直接に関連している。

 術後療法:I期のaまたはbの患者で、上皮腺癌のグレード1の場合は手術療法が主体とされ、腹式子宮単純全摘術(TAH)、両側付属器切除術(BSO)、大網切除術(OMTX)が標準術式とされている。補助療法によってもこれらの患者の5年生存率は改善されない。I 期のaまたはbの患者で腫瘍のグレードが2と3の場合、および挟の患者は、補助化学療法を3〜6コース必要とする。パクリタキセルにシスプラチンまたはカルボプラチンを併用する。挟の手術としては、TAH、BSO、OMTXに加え、傍大動脈(PA)および骨盤内(PELV)リンパ節郭清(LNX)、および積極的なdebulking surgeryが行われる。5年生存率は、I期の患者では腫瘍のグレードによって70〜100%,挟の患者は50〜70%である。
 郡と鹸の患者はパクリタキセルと白金剤を基本として化学療法が6コース必要となる。化学療法開始時に顕微鏡的残存病変があった患者の生存中央値は,次善の細胞減数手術の患者の12〜20カ月に対して,30〜40カ月である。骨随移植を伴う腹膜内化学療法または高用量の化学療法は臨床試験で評価中である。放射線療法はそれほど頻繁には採用されない。
郡では、腫瘍減量手術と化学療法の併用が標準である。Optimal sugeryが期待される場合は、TAH、BSO、OMTXに加えて、PA-PELV LNXが行われる。鹸では全身状態が良好であれば、腫瘍減量手術を行い、化学療法を併用する。ただし、腫瘍の伸展が著しい場合には、組織採取、進行期決定のためのステージング手術のみを行い、化学療法を行う。
 進行した卵巣癌は通常再発する。化学療法への反応はCA125の測定によって評価される。化学療法の完了後、郡または鹸の患者のおよそ3分の2は化学療法に臨床的に完全に反応した後でさえも、病変の残存が病理学的に証明されるので、再検査の腹腔切開術が必要となることがある。5年生存率は5〜40%である。
 再発性のまたは進行性の卵巣癌の患者は,以前に反応を示していた場合はシスプラチンを投与される。その他の有効な薬物には、トポテカン,ヘキサメチルメラミン,イホスファミド,ドキソルビシン,およびエトポシドなどがある。
 進行期の悪性胚細胞腫瘍または高危険群で早期の患者は,化学療法の併用で治癒することがある。ブレオマイシン,エトポシド,シスプラチンは最も一般的に使用される。

 化学療法:その投与時期および方法については、以下のように分類することが出来る。
1)術前化学療法:進行癌症例で手術前に行うもの
2)寛解導入化学療法:手術が不可能/不十分だった症例で行うもの
3)補助化学療法:手術の後に行うもの
4)維持化学療法:再発予防のためにcyclicに行うもの
 方法については、全身投与および腹腔内投与がある。全身投与法は、緩解導入・補助化学療法
周期的投与法などに用いたり、補助化学療法として数カ月ごとに反復する、といった目的で行われる。ただし、副作用が起こることもあり、QOLに注意して行う必要がある。末梢血幹細胞移植を併用する大量化学療法が行われることもある。一方、腹腔内投与法では、腹腔内局所濃度を高くすることができる、腹膜より吸収された薬剤は体循環に入る。副作用が少ないことが大きな特徴である。
 また、使用する薬剤については、以下のように分類することが出来る。
1)TP(TXL+CDDP)
2)TJ(Paclitaxel+CBDCA)
3)IAP(IFO+ADM系+CDDP)
4)EP(CDDP+VP-16)
5)CAP(CDDP+ADM系+CPM)
6)DJ(Docetaxel+CBDCA)
7)CPT-11+MMC
8)BVP(Bleo+Vinblastine+CDDP)
 現在、主に用いられている化学療法は以下に示すとおりである。
TP療法
 残存腫瘍径1cm以上の掘↓鹸症例を対象としたGOG#111によれば、TP群(Taxol+Cisplatin)の中間生存期間は37.5ヶ月で、従来の標準的レジメンであるCP群(Cyclophosphamide+Cisplatin)の24.4ヶ月と比較して有意に生存期間の延長が認められた。このデータはその後行われたEORTCを中心とした検討の結果、残存腫瘍径1cm以下または1cm以上の掘銑鹸症例においてもTP群の生存率の有意延長が証明され、Taxolが卵巣癌化学療法の基本的な薬剤として認知された。

TJ療法
 以前CP療法と抗腫瘍効果が同等で、副作用のマネージメントのしやすいCJ療法(cyclophosphamide+carboplatin)が導入されたが、それと同じような考えに基づき、taxolの併用薬としてcarboplatin(J)を用いたTJ療法が検討された。TPとTJを用いたrandomized studyが卵巣癌進行期郡840例に対して行われ、TJ群はTP群と同様の有効性と生存率が認められ、かつ副作用が少ないと報告されているので、現在の標準的治療となっている。
 
 本症例では、腹式子宮単純全摘術(TAH)、両側付属器切除術(BSO)、大網切除術(OMTX)に加え、傍大動脈および骨盤内リンパ節郭清(PA-PELVLNX)を行った。また、化学療法を行う予定である。