アルコール依存症の診断法としては、まずCAGE法というものがあります。
CAGEとは、それぞれ項目の英単語の頭文字であり、

1.あなたは今までに、自分の酒量を減らさなければいけないと感じたことがありますか?(Cut down)
2.あなたは今までに、周囲の人に自分の飲酒について批判されて困ったことがありますか?(Annoyed by criticism)
3.あなたは今までに、自分の飲酒についてよくないと感じたり、罪悪感をもったことがありますか?(Guilty feeling)
4.あなたは今までに、朝酒や迎え酒を飲んだことがありますか?(Eye-opener)
というチェック項目がある。
判定方法としては、2項目以上あてはまれば、アルコール依存症の可能性が高いです。
結構、当てはまる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

他にも、WHOの診断ガイドラインでは、
過去1年間のある期間に、次の項目のうち3つ以上がともに存在した場合に、依存の確定診断をくだします。
(a)アルコールを摂取したいという強い欲望あるいは強迫感。
(b)アルコール使用の開始、終了、あるいは使用量に関して、摂取行動を統制することが困難。
(c)使用を中止もしくは減量したときの生理学的離脱状態。離脱症候群の出現や、離脱症状を軽減するか避ける意図でアルコール(もしくは近縁の物質)を使用することが証拠となる。
(d)はじめはより少量で得られたアルコールの効果を得るために、使用量をふやさなければならないような耐性の証拠。
(e)アルコールのために、それにかわる楽しみや興味を次第に無視するようになり、アルコールを摂取せざるを得ない時間や、その効果からの回復に要する時間が延長する。
(f)明らかに有害な結果が起きているにもかかわらず、いぜんとしてアルコールを使用する。

こうした診断基準によって、判断されます。

主な症状は病的な飲酒行動です。その始まりはゆるやかで気づきにくいという特徴があります。病的な飲酒行動は、摂取行動と探索行動の変化として現れます。

摂取行動は、日常行動の合間合間に飲酒を繰り返したり、飲んでは眠り、さめては飲むを繰り返したりの病的飲酒パターンになります。病的飲酒パターンの持続時間は、初期は短期間で徐々に延長します。

病的飲酒パターンと表裏して飲酒渇望が探索行動に現れ、徐々に高度になります。飲酒を取り繕う嘘、酒代の借金、隠れ飲み、酒瓶隠し、隠し金、酒屋や自販機めぐり、飲酒を妨害する人を責めたり脅したりなど、多種多様です。

アルコール依存症の進行につれて日常行動の規範が飲酒に移り、飲酒中心性と呼ばれる状況になります。たとえば、どこへ行くにも飲酒の可否で優先するような事態です。

治療としては、断酒、つまりお酒を止めるしかありません。
そのための抗酒剤や自助グループの存在があります。



ブリトニー・スピアーズさんが21日、前日に再入所したばかりのロサンゼルス郊外のリハビリ施設から、早くも退所したことが分かったそうです。米メディアは「更生に対処できず、帰宅した」と報じています。

出産、離婚を経験して精神的に不安定になり、酒浸りの生活を送っていたとの指摘もあり、前回の更生施設を1日で退所。その後、訪問した美容院で突然、自らバリカンを使って丸坊主になり、世界中のファンを騒然とさせたことでも有名。

一人ではどうしてもコントロールが効かず、なかなか断酒できないアルコール依存症。そのために、自助グループなどがあります。もう一度、更正施設に戻り、治療をしてもらいたいものです。