医師と看護師が、手術中に痴話げんかを始める、なんていうコントがドリフであったが、それが実際に起こってしまったようだ。

ベオグラードの病院で、医師2人が盲腸の手術中にけんかを始めうという、ハプニングが起きた、と21日付の地元紙が報じた。

外科医が手術をしている最中に、同僚の医師が手術室に入ってきて口論がスタート。同僚の医師は、手術を行っている外科医の耳を引っ張ったり、顔を叩くなどして手術室を立ち去ったという(この時点で、信じられないが…)。

外科医は同僚を追いかけて行ってけんかを続け、最終的には歯が折れたり、指を骨折するなどの大けがを負った。手術自体は別の医師によって無事に成功したという。



手術自体は成功したということなので幸いですが、最初にケンカをふっかけた医師の行動が信じられません。手術を行っている術者に対して殴りつけるなんて…

まぁ、その後に追いかけていって、ケンカを始めてしまう術者も術者ですが。
結果的には、指が折れてしまったとのことで、しばらくは手術もできなそうですが、反省する期間を与えられたと考えるべきでしょうね。