-------------------------------------------------------------------
今日の一問一答(2007/02/26):各論V-4「弁膜症」
僧帽弁閉鎖不全症では群擦聴取される。
-------------------------------------------------------------------
答え:○(正答率 85.7%)

解説:群擦蓮⊃桓宍淆充満音であり、心筋のコンプライアンスが低い場合に起こる。心臓弁膜症(AR、MR、VSD、ASD、PDA)、心不全などで起こる。

僧帽弁閉鎖不全症の心音所見は、
1)固定性の全収縮期雑音 pansystolic murmur
このとき呼吸性変動はなく、三尖弁閉鎖不全症のRivero-Carvallo徴候との鑑別に役立つ。

2)第1音の減弱
僧帽弁閉鎖が不完全となるため起こる。

3)第3音の亢進
第3音は、拡張早期に心室が急速に血液で充たされるために生じた低周波性過剰心音である。このため1音と2音 のほかに、もう一つ心音が加わったことによる特有な三拍子を呈する(奔馬調 gallop rhythm)。

補足:元首相の橋本龍太郎さんが、2002年2月に僧帽弁腱索断裂による「急性僧帽弁閉鎖不全症」と診断されて心臓を手術してから体力の衰えを訴えられていたそうです。それから2年後、政界を去られ、亡くなられました。…もう、3年も経つんですね。隔世の感。