宿直をしている全国の病院勤務医のうち、約9割が翌日も通常と同じように勤務せざるを得ない状況となっており、約6割は月3回以上の宿直をこなしていることが10日、社団法人日本病院会のアンケートで分かった。医師不足を背景に長時間労働を強いられる勤務医の実態が浮き彫りになった格好。労働環境の悪化が医療事故の原因になっているとの懸念も強く、国は早急な対策を迫られそうだ。
 
アンケートは昨年7月、同会に加盟する2535病院を対象に郵送で実施。約5分の1に当たる536病院の5635人から回答があった。
 
宿直勤務をしている医師は全体の71・6%。この中で宿直明けの勤務状況について「忙しさと無関係に普通勤務をせざるを得ない」と答えた人が88・7%で、「半日またはそれ以上代休がある」「特に忙しかった宿直の翌日のみ、少し仮眠を取れる」が合わせてわずか10・8%だった。無回答が0・4%。
 
1カ月の宿直回数は「3−4回」は40・8%、「5回以上」が17・1%で計57・9%だった。「2回以内」は41・9%で無回答が0・2%。
 
増加傾向にある医療過誤の原因(選択式で複数回答)として「過剰な業務のために慢性的に疲労している」と考えている人が71・3%と最も多かった。
 
勤務医不足の要因(同)は「過酷な労働環境」が最多の61・0%。次いで多かった「(大学卒業後に2年間義務付けている)新臨床研修医制度」の44・6%を大きく引き離した。
 
宿直を除く1週間の勤務時間は、法定の40時間を超える「44時間以上」が83・4%で、内訳は「48−56時間未満」26・1%、「64時間以上」23・2%、「56−64時間未満」20・8%、「44−48時間未満」13・3%。これに対し「40時間未満」は4・1%にとどまった。
(宿直明けも9割通常業務 勤務医6割が月3回以上)


日本医療労働組合連合会のアンケート調査によると、病院の勤務医の90.0%が「医師不足」と感じ、9割以上の人が「疲れを感じている」ことが分かったそうです。

宿直の月平均は2.9回で、当直明けの勤務は「ある」人が74.5%。最長の連続勤務時間は平均32.3時間に上り、36〜41時間が36.8%で最も多く、30時間以上が71%を占めた、とのこと。

今の健康状態については、「健康」が53.1%と過半数を超えたが、「健康に不安」(34.4%)、「大変不安」(6.3%)も目立った。出産経験のある女性医師のうち、妊娠の状況が「順調」だったのは42.6%しかなかった、とのこと。

負担の軽減などを行わない限り、労働条件が過酷→辞める→さらに過酷に→辞める…といった悪循環が続いてしまうでしょうね。

【関連記事】
勤務医の9割が医師不足訴え 9割以上が疲労感