浜松医科大などの研究チームは、子宮内に「おじさん臭」や「加齢臭」のもととして知られるノナナール(ノネナール)など2種類のにおい物質があることを、世界で初めて突き止めた。受精卵が着床する際、このにおいが「道しるべ」になっている可能性があるという。14日から京都市で開かれる日本産科婦人科学会で発表する。

研究チームは、健康な女性約10人の子宮内を生理食塩水で洗って回収し、分析した。ノナナールは主に中高年男性の皮脂中の脂肪酸が酸化、分解されると発生すると考えられている。しかし、なぜノナナールが子宮内に存在しているのかは分かっていない。

妊娠するには、精子が子宮から卵管へ上り、卵子と出合って受精し、受精卵が子宮へ戻って着床することが必要だ。これまでの国内外の研究では、卵子に付いているにおい物質を目指して精子が卵管を上ると考えられている。研究チームは昨年、受精卵が成長してできた細胞の表面ににおいのキャッチにかかわるたんぱく質が存在することを確認しており、今回の発見で受精卵が子宮へ戻る仕組みに、におい物質がかかわっている可能性が示された。

研究チームの金山尚裕・同大教授(産婦人科)は「皮脂から発生するノナナールが子宮内で見つかったのは驚きだ。受精卵側のにおい受容体と、見つかったにおい物質の関係をさらに分析し、受精卵の輸送の仕組みに迫りたい」と話している。
(加齢臭:「おじさん」だけじゃない 子宮内にも原因物質)


中年と呼ばれる年代になると、皮脂の中に若いころにはほとんど存在しなかった「9−ヘキサデセン酸(パルミトオレイン酸)」という脂肪酸が増加してきます。さらに、中高年の人の皮脂は酸化分解されやすいこともわかり、皮脂中に含まれる9-ヘキサデセン酸が酸化されたり、皮膚の常在菌によって分解されることでノナナールが発生するのです。こうして「加齢臭」が発生するわけです。

そもそも着床とは、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら卵管を子宮内まで下がり、子宮内膜に定着すること。どうしてその着床が起こるのかというメカニズムが、「受精卵が子宮へ戻る仕組みに、におい物質がかかわっている」という可能性が示され、さらにその"におい物質"とはノナナールかもしれないとのこと。忌み嫌われていた加齢臭の原因となるノナナールが、実は受精卵の着床への道しるべとなっているとはびっくり。

受精卵側のにおい受容体と、見つかったにおい物質の関係をさらに分析することで、不妊原因の一端が解明されるのかもしれない。

【関連記事】
糖尿病治療、自分の「造血幹細胞」移植で効果

光で脳を自由に操る技術登場 「てんかん」治療などに期待