緑茶を1日5杯以上飲むと脳梗塞の死亡リスクが男性は42%、女性は62%低下するとの研究結果を栗山進一東北大准教授(公衆衛生学)らが4日までにまとめた。
 
栗山准教授らは1994年から宮城県内の40―79歳の男女約4万500人を追跡調査、1日に緑茶を飲む量で4グループに分け分析した。

その結果、脳や心臓など循環器系の病気の死亡リスクは、緑茶を飲む量が多いほど低下。1日に1杯未満の人に比べ、5杯以上飲む人は男性は22%、女性は31%低下した。脳血管障害では男性は35%、女性は42%低下。特に脳梗塞はリスクが低かった。

一方、がんによる死亡のリスクとは関連はなかった。紅茶やウーロン茶を飲む量とこれらの病気の死亡リスクに関連はなかった。

栗山准教授は「予想以上の差があり驚く結果だ。緑茶に含まれるカテキンなどが体に良い影響を与えている可能性がある」と話している。
(脳梗塞死亡リスク、緑茶1日5杯で軽減・東北大准教授ら研究)


緑茶をよく飲むような人は、健康にも気を使っているのではないでしょうか。
結果、そういった人たちは対照群と比べて、高脂血症や高血糖などのリスクが低いということではないでしょうか。

つまり、「緑茶を飲む→脳梗塞のリスク低減」というよりは、「脳梗塞のリスクが低い人→緑茶をよく飲んでいる」というような因果関係ではないでしょうか。それぞれのグループでのBMIや血糖値、血中のコレステロール値などに偏りがないのか知りたいところです。

それにしても…カテキンによって抗ガン作用などが有名でしたが、がんによる死亡のリスクとは関連はなかったようですね。

【関連記事】
不眠症の影響は夜更かし族でより大きい

ミリオンセラー「病気にならない生き方」に科学的根拠はない?