ジョン・ホプキンス医学研究所のモーラ・ギリソン教授らの研究で、10日発行のニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン誌に発表された。

研究は、100人の口腔咽頭がん患者と200人の健常者を対象に行われた。

その結果、HPV感染者のがん罹患リスクは、非感染者の32倍であることが判明。性経験との関連を調べたところ、「1−5人」のオーラルセックス経験をもつ人は3.8倍、「6人以上」の経験者は8.6倍もリスクが高いことが明らかになった。

ギリソン教授は「HPV感染がリスクファクターであることは、完全に明らか」と、ワシントン・ポスト紙に語っている。また、キスによるHPV感染の危険は「明らかではないが、可能性が全くないわけではない」という。

HPVは子宮頸がんを引き起こすことが知られるが、男性への影響はほとんど明らかになっていなかった。米国では、年間1万1000人が感染、感染率は60歳以下で27%、20−24歳の女性では45%が既に感染しているとされる。ワクチンも開発されており、ティーンに予防接種を義務づけるか否かが論争になっていた。

米国では近年、本来口腔内のがんのハイリスク群として知られる喫煙者や大量飲酒者以外の若者にがんが増加。研究者の間で関連が指摘されていた。
(おクチで“する”のはダメ!? 咽頭がんにも影響)


ヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus:HPV)はパポーバウイルス科に属するウイルスの一つです。ヒト乳頭腫ウイルスとも言われます。パピローマまたは乳頭腫と呼ばれるいぼを形成することから名付けられています。

HPVは現在100種類以上存在が確認されています。
ほとんどが自然治癒(持続感染状態に至らない)しますが、癌を起こす高リスク群のものも存在し、子宮頸癌と関連していると問題視されています。ちなみに、高リスク群にあたるのは、16,18,31,33,35,39,45,51,52,56,58,59,68,70型とされています。

米国メルク社から、尖圭コンジローマと子宮頸癌の原因ウイルスであるHPV6 ,11, 16, 18型のワクチン「商品名GARDASIL(ガーダシル)」が開発され、2006年6月にアメリカ食品医薬品局で承認されています。実際、HPVに感染していない女性を対象にした大規模臨床試験では80%近い予防効果があったと報告されている。

アメリカでは、「予防接種を義務づけるべき」という案も出されたことがあるそうです。日本では、未承認ワクチン(2007年05月現在)であるため、対策として今後どうなるのか興味深い。

口腔癌との関連性(非感染群の32倍)が示された今、何らしらかの対策をすべきであると考えられます。

【関連記事】
妊娠中の片頭痛が心疾患、脳卒中に関連

体外受精はリスク大 胎盤早期剥離、自然妊娠の5倍