厚生労働省は病院の勤務医に比べて高く設定されている開業医の初診・再診料などを2008年度から引き下げる方針を固めた。あわせて開業医の時間外診療や往診などの報酬引き上げを検討。開業医の収益源を見直して夜間診療などへの取り組みを促し、医療現場や医療サービスでの担い手不足解消につなげる。勤務医に集中する負担を軽減し、待遇差の縮小で医師の開業医シフトにも歯止めをかける。
 
7月から中央社会保険医療協議会で引き下げの検討を始め、来年初めまでに下げ幅を決める。
(開業医の初診・再診料引き下げ検討・厚労省方針)


開業医の初診・再診料引き下げおよび開業医の時間外診療や往診などの報酬引き上げによって、果たして本当に勤務医の負担は減るのでしょうか。

中核〜大病院では複数の医師が交代で夜間や当直を行うのに比べて、開業医ではほとんど一人で対応しなければならないという事態にあるのではないでしょうか。その負担は、周囲に診療科が少ない所では、余計にのし掛かってくるのであると思われます。

「今日は疲れたから…」と断るわけにもいかず、時間が診療を認めたら延々と労働時間が増えるという事態に陥らないでしょうか。結果、「時間外診療は無理」ということになり、診療費引き下げで経営が難しくなって病院を畳む、ということになれば余計に医師不足に陥るということも考えられます。

こうした改革案が果たして認められるのかも怪しいですが、今後も注目したいと思います。

【関連記事】
開業医をチーム化、24時間在宅医療

宿直明けも9割通常業務 勤務医6割が月3回以上