首都圏ではしかが流行し、はしかに対する免疫があるか調べる人が急増している影響で、検査試薬が不足し、複数の検査会社が業務の中断に追い込まれたことがわかった。流行は当分続くとみられ、検査をしないで予防接種を受ける人が続出して、ワクチンの在庫が逼迫する恐れもある。

はしかは、過去にかかったり、予防接種を受けたりして免疫が十分ある場合は、再度ワクチンを接種する必要がない。免疫があるかどうかは、一般的に医療機関が採取した血液を検査会社に依頼して調べる。

大手検査会社によると、ゴールデンウイークが終わった今月上旬ごろから依頼が増え始め、中旬になって急激に増加。「EIA法」という検査で、それまで1日に約100件だった依頼が約7000件になった。そのため、試薬の在庫が乏しくなり、他の検査法も含めほぼ全面的に中断した。

別の検査会社も1日1000件程度だった検査依頼が今週は約1万件に急増。試薬不足で業務を中断したという。

厚生労働省によると、はしかワクチンの在庫は、今月16日には風疹との混合ワクチンも含め約45万本あったが、17、18日の2日間で約16万本も減った。医療機関や自治体の購入が相次いだとみられる。

厚労省は今月中旬、都道府県や日本医師会などに対し、ワクチン接種の前に免疫の有無を調べ、必要な人だけが接種することを求める通知を出した。
(はしか免疫検査の希望急増で試薬不足、業務中断も)


麻疹抗体に関する検査は、血液検査を行うことである程度判明しますが、血液検査にもEIA法、NT法、PA法など様々な方法があります。このうち、最も推奨されるのはEIA法という検査法です。

EIA法とは、酵素免疫測定法とも呼ばれます。
感度が非常に高く、特異性に優れ、免疫グロブリンクラス別の定量的抗体検出が可能となっているといわれています。一方で、高感度である一方、自己抗体などによる偽陽性反応が認められることがあり、結果の解釈には注意を要します。

ですので、陰性だったらワクチンを考える、という判断材料にできそうですが、陽性でも注意が必要、ということになっています。

以前、インフルエンザの流行期に"タミフルが足りない"などと懸念されていました。
医療従事者は、流行期にはこうした問題が必ず起こってくるということを日頃から考え、対策を要するようです。

【関連記事】
はしかが若者に感染拡大しているワケ

はしか大流行 免疫低下で感染? 3/4以上が10〜20代