首都圏を中心に流行しているはしかに対する免疫があるか調べる検査試薬が不足している問題で、厚生労働省は都道府県に対し、31日までに約8万人分の試薬が新たに供給される見込みであると通知した。

試薬は、今月だけで約16万人分が供給されたが、同24日には製造・販売業者の在庫がほぼなくなった。今後、6月末までに約60万人分を確保できる見通し。同省では、医療機関などに対し適正量を購入するよう求めている。
(はしか検査試薬、新たに8万人分を供給へ)


首都圏ではしかが流行し、はしかに対する免疫があるか調べる人が急増している影響で、検査試薬が不足し、複数の検査会社が業務の中断に追い込まれたことが問題となっていました。

その結果、免疫があるにも関わらず、ワクチン接種をする人が多くなり、ワクチンまでもが不足する状況になってしまう、ということも懸念されていました。その心配を緩和するためにも、試薬を増産することになったのではないでしょうか。

大手検査会社によると、ゴールデンウイークが終わった今月上旬ごろから依頼が増え始め、中旬になって急激に増加。「EIA法」という検査で、それまで1日に約100件だった依頼が約7000件になってしまったそうです。そのため、試薬の在庫が乏しくなり、他の検査法も含めほぼ全面的に中断したそうです。

麻疹抗体に関する検査は、血液検査を行うことである程度判明しますが、血液検査にもEIA法、NT法、PA法など様々な方法があります。このうち、最も推奨されるのはEIA法という検査法です。

何とか試薬の不足は、免れる見通しが立ったのではないでしょうか。

【関連記事】
はしか免疫検査の希望急増で試薬不足

はしかが若者に感染拡大しているワケ