本当は怖い家庭の医学で紹介されていました。

昔から花を育てることが大好きな元小学校の教師S・S(62)さん。第二の人生を静かに送る彼女にとって一番の楽しみは、かつて担任を務めたクラスの同窓会。教え子たちの元気な姿を見るのが何よりの喜びでした。しかし、彼女にはこの頃、真夜中に怖い夢を見て突然大声を出してしまう悩みがありました。所詮は夢と特に気にすることもなかったS・Sさん。ところが、それから4年、新たな異変が始まります。

最初の異変としては、以前は楽しみにしていた教え子達の同窓会に誘われても、「体調が悪い」といって、気が乗らなそうに断ってしまったことです。
さらに、以下のような症状が出てきました。
1)(実際にはいない)子供が見える。
2)再び子供が見える。
3)物(吊した自分の服)が人に見えると言い張る。
4)娘を他人と間違える。

その後、病院を訪れたS・Sさんは寝たきりとなってしまいました。


「第3の認知症」というのは、認知症の分類としてアルツハイマー病、脳血管性痴呆症に続き、3番目に多いという意味でレビー小体型認知症が挙げられていることからです。

レビー小体型認知症の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。
,箸討眄検垢靴じ源襪みえる。
日によって症状に変動があり、正常に思えるときと様子がおかしいときが繰返しみられる。
J發にくい、動きが遅い、手が不器用になる、など、パーキンソン症状がみられることがある。
ぅ譽咫湿体型認知症は、一度発症したら急速に病が進行する。

S・Sさんのケースでは、子供が見えたり、鴨居にかけてあった自分の服を見て「見知らぬ女性がいる!」と騒いだり、自分の娘を「自分の教え子」と間違えてしまうといったことが症状として表れました。さらに、症状のムラがあり、幻視がでるときとでないときがありました。

診断としては、上記のような症状の問診や、脳血流検査でアルツハイマー病に似た特徴(頭頂葉・側頭葉の血流低下)に加え、視覚に関連の深い後頭葉にも血流低下が手がかりとなります。

こうした症状がみられた場合、レビー小体型認知症を疑って、お近くの病院を訪れてはいかがでしょうか。早期発見により、投薬で進行を遅らせることが可能とのことです。

【関連記事】
認知症の専門医認定制度が来年度から 学会決定

「すべてを忘れていく…恐怖の日々」 若年性アルツハイマー病