武田薬品工業と味の素、エーザイは、週1回服用タイプの骨粗しょう症治療薬を発売した。この薬は食物の影響を受けやすい性質を持つため、起床時に服用した後、30分間は横になれず飲食もできない。従来は1日1回の服用が必要だったため、週1回型の発売で患者の利便性が高まる。
 
武田と味の素が厚生労働省から承認を取得していた。武田は「ベネット錠17.5mg」の名称で製造販売、味の素は「アクトネル錠17.5mg」の名称で製造し、販売はエーザイが担当する。
(武田薬品工業など、週1回服用タイプの骨粗しょう症治療薬を発売)


国内では、骨粗鬆症の患者さんは女性が約800万人、男性が約200万人、合計1000万人と推定されています。さらに、高齢化社会に伴ない増加していく傾向にあります。

とくに、女性は、ホルモンのバランスが大きく変化する閉経後、骨の量が急激に減るため、骨粗鬆症になる人の割合が高くなります。結果、軽い転倒などでも骨折しやすくなってしまうといったことがあります。大腿骨の骨折などでは、高齢者ではその後寝たきりになってしまう、ということもあります。

骨粗鬆症で用いられる薬は、以下のようなものがあります。
・ビタミンD3:カルシウムの吸収を増加させ、新しい骨を作るのを助けます。
・カルシトニン:骨密度の減少(溶骨)を抑えて、背骨や腰の痛みを和らげます。
・エストロゲン:骨密度を増加させます。女性ホルモンの分泌が減少する閉経期の女性が対象となります。
・イプリフラボン:骨密度の減少を抑えます。カルシトニンの分泌を盛んにするほか、新しい骨を作るのを助けます。
・ビタミンK2:骨密度の減少を抑えて、新しい骨を作るのを助けます。
・ビスフォスフォネート:骨密度を増加させ、背骨の変形を起こしにくくします。

「起床時に服用した後、30分間は横になれず飲食もできない」というのは、このうち、ビスフォスホネート製剤(一般名:アレンドロネート、リセドロネート、エチドロネート)だと思われます。

この薬は、消化管からの吸収が悪く、食物や他の薬剤と一緒に服用すると吸収が悪くなります。早朝空腹時に服用し、服用後30分は食物を摂らないようにしなければなりません。これが毎日だとイヤになってしまうかもしれませんが、週一回となれば大分ラクになるのではないでしょうか。

【関連記事】
本当は怖い骨粗鬆症−骨密度低下の意外な理由とは

抗がん剤の効き目高める技術とは