長崎県立島原病院で6月、東芝メディカルシステムズ製のコンピューター断層撮影(CT)装置が患者の検査中に故障、大きな破裂音が鳴り煙が検査室内に充満していたことが18日、分かった。

CT装置は体にさまざまな角度からエックス線を当て、コンピューターで解析して輪切りにした画像を表示する。県は「被ばく線量は増えていない」としているが、患者は精神的ショックから、不眠や倦怠感を訴え通院しているという。故障原因は不明で、病院と東芝メディカルシステムズが調べている。

県によると、6月29日、レントゲン室で外来患者の検査中、突然装置から数回大きな破裂音がして煙が室内に充満した。煙は撮影装置から出た。同型の機種で撮影中に事故が起きたのは国内初という。
(CTで検査中、破裂音と煙 患者は精神的ショック)


コンピュータ断層撮影(CT:Computed Tomography)とは、放射線などを利用して物体を走査しコンピュータを用いて処理することで、物体の内部画像を構成する技術・機器のことです。

「断層撮影」の名前から、本来は物体の断面画像を得る技術ですが、これらの検査技術は単に断面画像として用いられるのみでなく、最近では、画像処理によって3次元グラフィックスとして表示されることも多く、必ずしも「断面」に限定して用いる検査方法ではなくなってきています。

撮影装置の場合、機械本体はドーナツ型をしています。患者さんは、中央部に配置されたスライドする台に乗ります。

患者さんの周囲を、線源とセンサーが回転し、X線を全方位からあてます。照射されたX線は患者さんを通過し、一部吸収されて減衰した後、線源の反対側に位置するX線検出装置に到達し、記録されます。こうしたことで集められたCTで元となるデータは、「物体に360度から照射したX線が、それぞれの方向ではどの程度吸収されたか」を示す度合いです。このデータをもとに、コンピュータで画像を再構成します。

CTの特徴としては、以下のようなものがあります。
・利点
1)検査が(MRIに比べて)短時間
2)空間解像度が高い
3)磁気を使用しないので金属(心臓ペースメーカー等)使用者にも施行可能(MRIでは不可)
4)アーティファクト(画像の乱れ)が少なく、広範囲の撮影が可能
5)出血巣、骨、肺の内部構造などが明確に描出される
6)騒音や閉塞感が少ない
7)普及率が高く、安価である

・欠点
1)放射線被曝がある
2)軟部組織の組織学的変化があまり反映されない
3)脳底、下顎などの骨に囲まれた部位でアーティファクトがでやすい
4)造影剤副作用の頻度はCTにおいて高い


多くの利点がある有益な検査ではありますが、上記のような事故も起こりうる、こうした事故の時には、患者さんの安全を、すぐに確保できるようにする、と措置を講じなければならないようです。「突然装置から数回大きな破裂音」「煙が室内に充満」といった事故がおこるとは驚きです。

【関連記事】
MRI検査中に男性死亡:市民病院に990万円支払い命令

呼吸器外し:「悪質性低い」医師送検に和歌山県警が意見書