汗のにおいが気になる季節。だが、実は汗腺がうまく働いていれば、汗そのものがにおうことはないという。問題は、冷房などで汗腺の働きが鈍ったことによる「ベタベタ汗」。40代をすぎた働き盛り世代は、これに中高年特有の体臭「加齢臭」も加わるからやっかいだ。体臭は、心身の健康のバロメーター。生活習慣を見直して、“オヤジ臭”をモトから絶とう。

体臭のモトになる大きな要因の1つは汗だが「実は、いい汗は、サラサラしていてほとんど無臭」。ところが、運動不足や冷房の使いすぎなどで、汗腺の働きが鈍ると、「汗のタイプがかわる。ベタベタした『におう汗』になってしまう」というのだ。

暑さなどで体温が上昇すると、平熱に戻すために血液からミネラル分と水分が体表にある汗腺に取り込まれる。通常は、体に必要なミネラル分は血液に再吸収され、水分とわずかな塩分だけが汗になるが「汗腺の働きが低下すると、ミネラル分が再吸収されず、汗となって放出される」。血液中に含まれるミネラル分には重炭酸やアンモニア、尿素、乳酸などにおいのあるものが多いため、これで汗ににおいが生じるのだ。

また、このミネラル分によって、「皮膚の常在菌が繁殖しやすくなる。その結果、においが強くなる」。自分の汗が「におう汗」かどうかは、赤色のリトマス試験紙を汗につければわかる。青くなれば、「におう汗」だ。

予防法としては、以下の10箇条がある。
1)ウオーキングなどの有酸素運動で、日ごろから汗をかく習慣をつける=汗腺は使わないと体の中で一番機能が低下する器官。運動は抗酸化作用も促進し、「加齢臭」予防にもつながる

2)冷房の温度は外気温マイナス5度が基本=急激な温度変化は脳を混乱させる。出入りの際は、玄関でいったん体を慣らす、木陰で休む、うちわや扇子を上手に使い、急激な温度変化をなくす

3)食事から肉や乳製品を減らす=動物性タンパク質や脂肪を多く含む食品は皮脂の分泌が増え、においのモトに。和食がおすすめ

4)抗酸化作用の期待できる緑黄色野菜などを多くとる=ブロッコリー、ピーマン、ホウレンソウ、トマト、ニンジン、アボカド、ウナギ、ゴマなどビタミンCやE、カロテンを多く含む食材を。緑茶のカテキンも活性酸素の攻撃をブロック

5)ヨーグルトや大豆などで腸内環境を整える=腸内の悪玉菌は、アンモニアなどのにおい物質を発生させる。オリゴ糖を含む大豆やゴボウ、アスパラガス、タマネギなどを食べて善玉菌を増やす

6)上手にストレスを発散する=ストレスは活性酸素を発生させる。ストレスを感じたら深呼吸。音楽を聴くなど気分転換を

7)喫煙やお酒の飲みすぎ、睡眠不足などは禁物=生活習慣病を予防する生活はそのまま体臭予防にもつながる

8)お風呂では湯船に入る習慣をつける=ぬるめのお湯にゆったりつかると汗腺の働きが活発になる。入浴後は、すぐに冷房のきいた部屋には入らず、うちわや扇風機を使って10分程度涼む

9)デオドラント剤や制汗剤を上手に使う=同時に、衣類にも消臭・抗菌スプレーをかける

10)汗をふくタオルを使い分ける=サラサラした汗は乾いたタオルで、ベタベタした汗は硬くしぼったぬれタオルを使用。水分だけでなく、塩分、ミネラル分もしっかりふき取る
(におい版メタボ…“オヤジ臭”を絶つ!! )


「ベタベタ汗」の元ネタは、恐らく「ためしてガッテン」ではないでしょうか。

脳の体温中枢から汗を出す指令がくると、エクリン汗腺の細胞が働き、周囲の毛細血管からナトリウムを取り込もうとします(Naを出し過ぎるのを防ぐため)。ポンプにナトリウムを多く取り込むことで、浸透圧の原理を使って血液の水を吸い上げています。ポンプに水分がたまったら汗として皮膚表面に出すのですが、このとき出口付近で取り込んだ塩分を、血液に戻して再吸収させる働きがあります。

いわゆるベタベタ汗の場合、この再吸収機能が低下しているため、塩分を外に多く出してしまっていると考えられます。どうしてベタベタしている人とサラっとした人がいるかというと、実は運動不足で汗を普段あまりかかない人は、ベタっとなりがちになるそうです(エックリン汗腺の働きがニブくなってしまっているそうです)。

暑い季節とはいえ、普段から運動していないと、ベタベタ汗にいわゆる「オヤジ臭」がキツくなってしまうようです。ビールがすすむ季節ですが、ホンモノのメタボ対策のためにも、有酸素運動を始められてはいかがでしょうか。

【関連記事】
加齢臭の原因「ノナナール」−その意外な役割とは

加齢臭の原因物質「ノナナール」が受精卵の道しるべ

臭素とは:代ゼミで異臭騒ぎ 化学の授業中「臭素」こぼす