中国浙江省で、恋人に、赤ちゃんが生まれたと信じさせようと必死なあまり、赤ん坊を誘拐した女(36)に懲役1年6カ月の判決が下された。新華社通信が30日、報じた

恋人の家族らが、子宮の腫瘍が原因で子どもが産めないとして、結婚に反対したため、女は妊娠したふりをしていた。

女は出産を装って病院に入院、2日後の『出産日』に、産婦人科病棟でうたた寝をしていた女性の赤ん坊を誘拐した。女は恋人に電話をして、家につれて帰るよう頼んだ。

女は2日後に自首、誘拐された赤ん坊は家族の元に戻された。新華社は、自首したことで刑が大幅に軽減されたと報じている。
(不妊で結婚を反対された女、赤ちゃんを誘拐)


不妊の定義(WHOによる)は、「避妊なしで2年以内に妊娠に至れない状態」となっていいます。妊娠に至れない状態を原発性不妊、一度以上の妊娠・分娩後妊娠に至れない状態を続発性不妊と区別する場合もあります。

日本においては、妊娠を望んでいるカップルの約10%が不妊症であるとされており、不妊治療を受ける人たちも、増加傾向にあります。2006年に出産した30代女性を対象に5月下旬に実施した調査で、「不妊治療を受けていた」との答えが13.8%だったそうです。

不妊の女性側の問題としては、
・副腎、肝臓、腎臓、脳下垂体の異常
・卵巣、黄体の機能障害
・更年期障害
・ターナー症候群
・クラミジア感染症による炎症
・生殖器官の狭窄
・ホルモン障害
・無月経


上記のニュースでは、『子宮の腫瘍』が問題となっており、・生殖器官の狭窄(子宮筋腫など)が原因だったのではないでしょうか。そもそも子宮は内側から、粘膜層、筋層、漿膜層で構成されています。子宮筋腫とは、筋細胞の女性ホルモンであるエストラジオールに対する感受性が強いか、同じく女性ホルモンであるエストラジオールの量が過剰か、またはその両方かによって腫大した状態です。

一節によれば、30代女性の3人に1人は筋腫があるといわれています。ですが、体内の女性ホルモン(エストラジオール)が原因ですから、閉経すれば、筋腫は自然に縮小します(この原理で薬物治療は行われます)。

子宮筋腫が子宮内膜に及んでいると、月経に関する異常(過多月経、月経遷延、過多月経による貧血など)や妊娠に関する異常が起こってきます(子宮内膜は、受精卵が着床する場所であるため)。筋腫が原因で妊娠しないということはまず無い、と言われていますが、大きさによっては、妊娠、出産の経過に影響を及ぼす場合があります。

治療法としては、薬物療法(乳ガンや子宮内膜症で使用するGn-RHアゴニスト)で管理不可能な筋腫、または妊娠、出産の経過に影響すると判断された筋腫、および肉腫の可能性を否定できない場合、手術(原則として筋腫核出術)が適応となります。この手術はジャガー横田さんが受けられており、その後、無事に妊娠・出産されておられます。

36歳ということで焦っていた、ということもあるのでしょうが、なんとも大変な事態を引き起こしてしまったようです。赤ちゃんが無事だったことが救いです。

【関連記事】
赤ちゃんポストに男の子 2例目

「急に出てきた」22歳女性が赤ちゃん放置

女子高生が学校のトイレで出産、赤ちゃんは死亡

世界で2番目に小さい265gの赤ちゃん、無事退院