今年5月、日本の専門医らが、初の診療ガイドを発表し、早期発見・治療を呼びかけた「慢性腎臓病」。日本慢性腎臓病対策協議会が実施した腎臓病に関する意識調査によると、健康診断や人間ドックで尿タンパク異常(タンパク尿)があった人は全体の28・8%にのぼりながら、そのうち、約半数が再検査を受けていないという。
 
腎臓病治療の第一人者、順天堂大学医学部腎臓内科の富野康日己教授は、「腎臓が、体全体の健康を左右する重要な臓器だということが、十分理解されていないのが一番の問題」と指摘する。
 
腎臓は、「血液中の老廃物を尿として排出」しているだけでなく、それにともなって、体内の水分量や電解質を一定にし、血圧を正常に保つ。つまり、「体の中のバランスを保つ重要な働き」(別項)を持つ重要な器官。ところが、機能が低下しても、痛みがないなど自覚症状は乏しいため、健康診断で「再検査」の診断が下っても、甘く見られがちなのだ。

「慢性腎臓病」は、こうした事態を防ぐために生まれた新しい概念。「慢性糸球体腎炎」や「糖尿病腎症」など、個別の病名で呼んでいる慢性の腎臓病の総称で、「腎臓の機能が3カ月以上60%未満に低下していれば、尿タンパクなどに異常がなくても『慢性腎臓病』と診断します」と富野教授。また、腎機能がほとんど正常でも、尿タンパク異常や血尿(目で見えないものも含む)などが3カ月以上続く場合も含まれる。
 
というのも、腎臓疾患は、早期発見なら腎機能の回復もありうるが、機能低下が続くと「病気の進行を遅らせることはできても、元の健康な腎臓には戻せなくなる。最終的には透析療法が必要になる」(同教授)ため。しかも、近年、「『慢性腎臓病』は、心筋梗塞や脳梗塞など、脳・心血管系の疾患を引き起こす危険性が高くなる」ことがわかってきたという。
 
早期発見には、定期的な尿検査が不可欠だが、休息をとっても疲れがとれない、尿の泡が異常に多くなかなか消えない、脚や顔がむくみやすいといった場合も専門医の受診が望ましい。働き盛り世代の男性は特に注意が必要で、中でも、「高血圧や糖尿病の持病がある人は、半年に1度は尿検査を受けてください」と富野教授。
(ご存知ですか「慢性腎臓病」 放置すると…)


慢性腎臓病(chronic kidney disease;CKD)は、糖尿病や高血圧による腎臓障害、IgA腎症などの慢性糸球体腎炎、多発性嚢胞腎など沢山の原因による慢性に経過する腎臓病の総称で、2002年に米国腎臓財団(national kidney foundation: NKF)で提唱された概念です。

定義としては、以下のいずれかのような状態が3ヶ月以上持続する人とされます。
1.以下によって規定される腎障害の存在
a)病理組織学的異常
b)腎障害を示唆する血液・尿異常、画像検査異常が確認される。
2.糸球体濾過値(GFR)が60ml/min以下であること


単に、腎機能が悪くなっている、ということを指すのではなく、糸球体濾過値が60%未満に低下すると、心筋梗塞などの心血管イベント発生の危険性が増すという結果が出ています。

糖尿病や高血圧、肥満、高脂血症などのメタボリックシンドロームは心臓病を引き起こす重要な原因となりますが、これらにより腎臓が侵され慢性腎臓病になると飛躍的にその危険性が高まると考えられます。

生活習慣病とも関連しており、メタボリックシンドローム並の認知度があっても良いとは思いますが、あまりホットなトピックスとしては扱われていません。健康のためにも、知っておいて損はないと思いますよ。

【関連記事】
腎臓売買 マニラで数百人から実態調査

病気腎移植:癌か透析からの自由か…「生きる」ための選択

慢性腎臓病について