父親の息子を思う気持ちが、謎に包まれていた疾患の原因解明を前進させることになった。米カリフォルニア州トランスの開業医John Chia博士は、1997年に慢性疲労症候群(CFS)と診断された息子のAndrew Chia氏との共同研究でCFSとエンテロウイルス(※消化管で増殖するウイルスの総称で、60数種類存在)との関連を示し、その知見を医学誌「Journal of Clinical Pathology」オンライン版に9月13日発表した。
 
米国では、推定100万人以上がCFSに罹患しているとわれる。特に40〜60歳の女性に多い疾患で、原因不明の疲労感、睡眠障害、記憶力および集中力の障害、疼痛など、さまざまな衰弱性症状がみられ、多発性硬化症(MS)と同程度の障害を来すこともある。1980年代後半に初めてCFSの存在が認められたが、当初はその信憑性が疑われたこともあった。エンテロウイルスのほかにも、いくつかのウイルスがCFSに関与しているといわれているが、ウイルスの関与を裏付ける根拠を見つけるのは困難であった。

Chia氏はまず、患者から約3,000の血液検体を採取してウイルス遺伝子を見つけようとした。5〜6年の歳月をかけ、検体の35%にエンテロウイルスが存在することを突き止めたものの、これは1人の患者から複数の検体を採取した結果であり、1人につき1検体とすると5%未満という結果にとどまった。このためChia氏は血液ではなく、組織内にウイルスを探すことに方向転換した。

過去の研究では、自殺したCFS患者の脳、筋肉、心臓からエンテロウイルスが発見されたが、生存する患者の脳や心臓の生検は事実上不可能。そこでChia氏は、エンテロウイルスの増殖の場である胃に着目した。長期間の消化器症状(CFS患者にはよくみられる)を訴えるCFS患者165人を対象に、胃生検および内視鏡検査を実施した結果、CFS患者の検体のうち82%でエンテロウイルスが陽性であったのに対して、対照群では20%であった。最初の感染は数年前(最長20年前)である患者が多かった。
(慢性疲労症候群の犯人はエンテロウイルス)


慢性疲労症候群は、原因不明の強度の疲労が長期間(一般的に6ヶ月以上)に及び継続する病気です。激しい疲労のため、患者さんは働くことはおろか、通常の日常生活(食事・買い物等)すら困難になることさえあるそうです。何とか働ける程度の軽症の患者もいらっしゃるそうですが、自分で食事を摂取することや寝返りさえうてないほどの重症患者までいらっしゃるそうです。

通常、CT・MRI・血液検査等も含む全身の検査を受けても他の病気が見つからなく、精神疾患も当たりません。ですが、詳細に検査をすると神経系、免疫系、内分泌系などに異常が認められることがあります。また、「怠けている」と勘違いされて、病苦や周囲の理解のなさなどから、うつ病や神経症などの精神疾患を合併してしまうこともあるそうです。

PETによる脳の血流を調べたところ、
 ・前帯状回、眼窩前頭野(意欲やうつ状態と関係している)
 ・背外側前頭前野(新しい計画を立てたり新たな行動の意欲と関係)
 ・側頭葉(記憶に関連している)
 ・後頭葉(視覚と関連)
 ・脳幹部(意識を調節する部分や筋肉との共同運動を調節し、呼吸・心拍・体温調節などの基本的な生命現象の中枢)
などの血流が大幅に低下し、神経細胞の活動レベルが下がっているそうです。これらの活動低下が、症状に関連していると考えられています。

原因としては、体内のウィルス[ヒトヘルペス6型(HHV6)・ヒトヘルペス7型(HHV7)等]が再活性化し、サイトカイン(TGF-β 及び インターフェロン)等が多く産生され、脳・神経機能異常が起こり、慢性的な疲労感が症状としてあらわれていると考えられていました。

他にも、TGF-βの産生異常によって、神経ホルモンDHEA-Sの低下・アシルカルニチン異常・グルタミン酸・GABA(γ-アミノ酪酸)の産生低下が起こり、異常な疲労感というカスケードが起こっていると考えられていました。

ですが、上記ニュースのように、実はエンテロウィルスが犯人なのではないか、と新たな説が現れました。以前は血液検査にて、エンテロウィルスの存在は否定されてきたようですが(だからこそ、神経節に隠れ住むHHV-6,7などが犯人とされてきた)、実は組織に隠れ住んでいたため、その存在が明らかとされなかった、ということなんでしょうね。

それにしても、子供のために研究を始めた、というのがなんとも美談ですね。原因や治療法を捜す、ということへのモチベーションとなって、研究の推進力となっていたようです。ちなみにChia氏は「息子がいなければこの研究はなかった」と仰ったそうです。

【関連記事】
汗をかいた男性のニオイは、受け手によって「バニラ」にも「尿」にもなる?

家庭内のカビがうつ病の原因に?

飼い猫からエキノコックス卵 人への感染源の恐れ