9月中旬、ネパールから1人の少女が両親に伴われ来日した。少女は、現地の医師から死を宣告されていた。唯一の希望はインターネットで見つけた東北大での治療。しかし、家族には、日本の高額な医療を受けられるほど金銭の余裕はなかった。それでも「日本に行けば助けてくれる」との一念で渡航してきた。家族に頼られた医師は少女を助けようと、「基金」を設立し、寄付を募ることにした。(豊吉広英)

「もう手に負えない。助けることはできない」
ネパールの首都、カトマンズの小児病院。アーバ・ドゥワディちゃん(7)が医師からこう宣告されたのは8月5日のこと。夏休みを利用し、家族でカトマンズを訪れていたアーバちゃんを襲った激烈な腹痛。腸捻転を起こし、壊死していた小腸と右結腸は緊急手術ですべて摘出されていた。

小腸を摘出した場合、患者は口から摂取した食物を消化・吸収できず栄養失調に陥る。通常、残った腸の機能が回復するまでカテーテルで高カロリー輸液を投与し、場合によっては小腸移植が必要になるが、ネパールでは無理な治療だった。

「どこか助けてくれる医師はないか」。親類が必死にネット検索をかけた結果、目にとまったのが、小腸移植の実績を持つ東北大学医学部(仙台市)の小児外科だった。
連絡を受けた大学側は困惑した。助けたい。でも費用の問題がある。無保険なら通院でカテーテルを使って栄養投与するだけで年間200〜300万円。入院費、滞在費。小腸移植が必要ならその手術費…。「費用が払えるめどがつけば」と条件を付けた。

ネパールでタバコのセールスをする父、アルンさん(28)の月収は日本円で約1万円。借金などで約70万円をかき集めたが、とても足りなかった。

9月15日夜。小児外科の天江新太郎准教授に突然メールが届いた。「今飛行機に乗り込んだ。16日朝に到着する」。急いで成田空港へ行くと、そこには腹部から大量に腸液や便が漏れだし、車いすに座ることもできない少女と両親の姿。「とにかく日本へ行こう」。決死の渡航だった。来日から約3週間。アーバちゃんは体力が戻りつつあるが、今後の検査結果次第では予断を許さない。日本語のできない両親は留学生の家を間借りした。用意した現金は残り少ない。

天江准教授らは「アーバちゃん基金」を設立した。「医師が(募金を)募っていいか迷ったが、目の前で苦しむ子供は見捨てられなかった」(天江准教授)。アーバちゃんは元気になったら、「外に出て遊びたい」と話している。

「アーバちゃん基金」への振り込みは、七十七銀行大学病院前支店・普通口座5498040「アーバちゃん基金林富」。アーバちゃん一家のサポートを希望する方は、東北大学医学部小児外科医局(022-717-7237)へ。
(小腸全摘ネパール少女、助け求め来日)


小腸は、消化管の一部で消化と吸収を行います。胃と大腸の間にあり、十二指腸(約30cm)、空腸(約250cm)、回腸(約350cm)からなり、全長は6m以上に達します。肝臓からの胆汁や、膵臓からの酵素は十二指腸へ分泌され、消化反応の大部分はここで行われます。上記の通り、小腸を摘出した場合、患者は口から摂取した食物を消化・吸収できず栄養失調に陥ってしまいます。

人が経口摂取により生命を維持するのに必要な小腸は、小児では30cm、成人では50cm以上が必要とされています。これらより短い場合、十分な消化吸収を果たせず、栄養障害、発育障害により長期生存は困難とのことです。

カテーテルで高カロリー輸液を投与することで、静脈栄養により長期生存が可能とはなっていますが、普通に食事をとることができず、長期の静脈栄養の実施はカテーテル敗血症の発生や重篤な肝障害の危険性を増し、また静脈ルートの血管確保が困難となってしまうケースもあります。やはり、小腸移植が必要となるようです。

ただ、小腸は外界と直接接触する臓器で、リンパ組織が豊富なため拒絶反応が起こりやすいとされています。また、腸内細菌が存在するため、感染症が容易に引き起こされる点が成績に大きく関与しています。患者の5年生存率は40%程度と、決して高くはありません。

両親の「とにかく日本へ行こう」決死の渡航や、天江准教授の「医師が(募金を)募っていいか迷ったが、目の前で苦しむ子供は見捨てられなかった」という言葉には、非常に大きな愛情や熱意が感じられます。是非とも助かって欲しいと願わずにはいられません。

【関連記事】
生体肝移植のドナー、3%に重い合併症