ベトナム戦争中に米軍が散布した枯れ葉剤の影響とみられる結合双生児として生まれた「ベトちゃんとドクちゃん」のうち、6日に死去した兄グエン・ベトさん(26)の葬儀が7日、南部ホーチミン市内で行われた。

弟のドクさんは葬儀後「一つしかない臓器を自分がもらえたり、ベトが犠牲となってくれたから僕は生きていられる。とても感謝しており、ベトの分も生きていきたい」と静かに語った。

葬儀はベトさんが人生の大半を寝たきりの状態で過ごしたツーズー病院で行われ、1988年の兄弟の分離手術を担当した執刀医ら医療関係者や、同病院内の施設「平和村」で暮らす、枯れ葉剤被害認定を受けた先天性異常を持つ数十人の子どもらが参列した。

ドクさんは妻のテュエンさん(25)とともに終始、涙を浮かべ、ベトさんのひつぎが火葬される直前になると、正視するのを避けるように参列者の人波から一人離れ、悲しみをこらえるかのように目を伏せた。

平和村代表の医師グエン・ティ・フォン・タンさん(48)は「分離手術後は1週間の生命が限度と思っていた。結果的には19年と2日。ベトに病気を克服し、生きようとする意志があったからだと思う」とたたえた。
(「ベトの分も生きたい」ドクさん、葬儀で感謝の涙)


結合双生児とは、体が結合している双生児のことです。発生において、原始結節や原始線条の部分的な分離によって結合体が生じることがあり、結合部位により胸結合体、殿結合体、頭蓋結合体などに分類されます。

ベトさんがご存命であった頃の様子は、ニュースステーションで特集されていました。ベトさんが急性脳症となったことを契機として、2人は分離手術が実施されました。術後、ドクさんは病院事務員となり結婚もしたが、ベトさんは脳症の後遺症により最期まで寝たきりの状態でした。結果、腎不全と肺炎の併発によりベトさんは亡くなりました。

二人が結合双生児として生まれたは、枯れ葉剤が原因とされています。その枯れ葉剤には、不純物として催奇性があるとされるダイオキシン類等を含んでいました。ダイオキシン類は急性毒性と、催奇形性を含む生殖毒性、発がん性の2面性を持つと言われています。

戦争の爪痕のシンボルともいえる、彼らの片割れが亡くなってしまったことを契機として、1人でも多くの人が、今後も戦争の引き起こした悲劇を忘れないようにしていただきたいと思われます。

【関連記事】
心臓と肝臓が癒着…結合双生児の分離手術成功