がんを見つける血液検査といえば「腫瘍(しゅよう)マーカー」。採血だけ、と手軽でいいが、早期のがん発見に関しては、CTやMRIなどの前には無力に等しかった。そうした中、早期がんの発見率が従来の10倍という最強の腫瘍マーカーが登場。年内にも、保険適用され、医療現場に導入される見通しだ。血液検査で、どこまでがんが分かるようになるのか。

腫瘍マーカーは、がん細胞を持つ人だけに存在する特異な成分の有無を調べる血液検査。大腸がんなど消化器系腫瘍で上昇する「CEA」、肝がんの「AFP」、膵臓(すいぞう)がんや胆道系がんの「CA19−9」など、各マーカーによって得意、不得意ながんがある。また、CEAは喫煙や加齢でも数値は上昇するし、CA19−9は糖尿病でも反応するなど、必ずしも万能とはいえない。そのため、もっぱら術後の再発や転移をみる指標として用いられている。

「従来のマーカーは増殖するがん細胞が作るタンパク質や分泌するホルモンなどの物質を血液中からひろう方法なので、がんが相当進行していないと精度が悪い」と説明するのは、新マーカーの開発にも携わった埼玉医科大学消化器・一般外科の竹田明彦准教授。

例えば、CEAの大腸がん進行度別の陽性率。初期の0−I期が2−3%、II期が20%、III期が60%、末期のIV期が80%。つまり初期の大腸がんでは100人中3人しか引っ掛からない。

ところが今回、新たに登場する腫瘍マーカー「P53抗体」。がん細胞をもつ人の体内だけに作られる抗体を測るというもので、その陽性率は、0−I期30−40%、II期40%、III期も40%、IV期は30%台。早期がんに対して格段に成績が向上している。「I期は約10倍、II期は2倍。早期がんに強いのがこの抗体検査の特徴。決して高率とはいえないが、従来のマーカーと組み合わせることで、血液検査だけでも40−50%ぐらいの確率でがんの疑いが分かるといえるでしょう」(竹田准教授)

厚労省がこの新マーカーを検査薬として承認しているのは、食道がん、大腸がん、乳がんに対してのみ。ただ、頭頸部がん、子宮がんなどでも、同レベルの研究データが得られており、今後さらに対象がんは広がりそうだ。血液検査ですべてのがんを発見する、そんな時代は着実に近づいているようだ。
(脇役から主役の座へ…血液検査でがん発見)


腫瘍マーカーは、早期癌ではあまり数値が上昇せず、早期癌の発見にはあまり適さないとされています(前立腺癌のPSAは、スクリーニングに利用されていたりしますが)。しかしながら、癌患者の腫瘍マーカーを定期的に検査することは、再発の有無や病勢、手術で取りきれていない癌や画像診断で見えない程度の微小な癌の存在を知る上で、確実ではないが有用な方法とされています。

腫瘍マーカーとは、癌の進行とともに増加する生体因子のことです。主に血液中に遊離してくる因子を抗体を使用して検出します。また、生検検体や摘出された腫瘍の病理組織標本を免疫染色し、腫瘍の確定病理診断や組織型の鑑別に用いられています。

そこで今回の発見では、腫瘍マーカー「P53抗体」は、癌細胞をもつ人の体内だけに作られる抗体だそうです。これを測定することで、その陽性率は「0−I期30−40%、II期40%、III期も40%、IV期は30%台」とのことなので、早期に限って言えば、かなり精度が向上したと考えられるのではないでしょうか。

たしかに、この検査単体ではまだまだ不確かですが、個々の腫瘍マーカーと組み合わせることで、かなり正確なものになると考えられます。検査薬として承認されているのは、「食道がん、大腸がん、乳がん」のみとのことですが、今後も適応は増えるかも知れません。

以前、唾液で病気が分かってしまう時代が来る?でも触れましたが、もしかしたら、こうした簡便な方法で疾患が分かってしまうような時代が来るのかも知れませんね。そうなれば、病院へわざわざ足を運ばずとも検査が済んでしまう時代が来るかも知れませんね。

【関連記事】
血液をO型に変える酵素、ハーバード大などが開発