夜中に手のしびれで目が覚める。朝起きると指がじんじんしびれている−。こんな自覚症状から発見され、患者が徐々に増えているのが「手根管症候群」だ。関西電力病院(大阪市)整形外科部長で、手の外科センター長の藤尾圭司医師に、原因や治療法について聞いた。

手のしびれの3大原因として、脳血管障害、糖尿病、頸椎性のものが挙げられる。一方、これらとは別に最近、患者数が増えているのが手根管症候群だ。

手根管とは、手首の手のひら側にある靱帯と骨で囲まれた“トンネル”のこと。この中を、手首を動かしたり、指を曲げたりする働きがある腱と一緒に、正中神経が通っている。靱帯が炎症を起こして分厚くなり、正中神経を圧迫すると、手の指がしびれたり、痛んだり、指の動きが悪くなったりする。この状態を手根管症候群と呼び、専門は整形外科だ。

藤尾さんは「医学的にはまだ検証されていませんが、更年期や妊娠後期など、女性ホルモンの急激な増減期に多く発症します」という。今後、増加すると懸念されているのが、パソコンのキーボードの打ち過ぎなど手や指の使い過ぎによる腱鞘(しよう)炎が原因となるものだ。欧米では労災として認定されるケースがあり、社会問題にもなっているという。いずれも、患者は圧倒的に女性の方が多い。

手根管症候群では、しびれる部分は、親指と人さし指、中指、薬指。「中でも薬指は親指側だけがしびれるという特徴があります」という。そのうち、女性ホルモンが影響している場合は、昼間より眠っている間にしびれることが多く、明け方にしびれが強くなる。一方キーボードの打ち過ぎによる場合は「手や指を使い続けることで重症化します」。

重症になると、手のひらの親指側の膨らんでいる部分(母指球)が萎縮してくる。母指球があることで、親指が他の指と向き合う、人間ならではの特徴的な手指の動きとなり、細かい作業ができる。こうした役割のある母指球が萎縮すると、鉛筆を落としたり、OKのサインのような指の形などもできにくくなり、日常生活に支障が出てくる。

藤尾さんは「母指球の筋肉が完全に萎縮すると、回復するのに1年以上かかったり、回復しないケースもあります。早めの治療が必要です」と指摘する。
(「手根管症候群」手のしびれ要注意 キーボード打ち過ぎで重傷化も)


手根管とは、底面と両側面は手根骨で形成され、上面は横走手根靱帯で覆われている管腔で、その中を9本の指屈筋腱と正中神経が走っています(平たく言えば、手首の手のひら側にある骨と靭帯に囲まれた部分を手根管といいます)。

この中に通っている正中神経が、慢性的な圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害を起こす病気が「手根管症候群」です。

妊娠、リウマチなどが原因になることもありますが、とくに誘因が明らかでないことが多いそうです(原因不明)。中年女性に多く、最初は夜間の人差し指、中指のしびれが主ですが、後に母指球筋群の外側の筋萎縮を呈してきます。

しびれや痛みが軽症〜中等症の場合は、手首を安静に保つための装具を使用したり、ステロイド薬のトンネル内注射を行います。内服薬では消炎鎮痛薬やビタミンB剤を使用します。これらの保存療法が効かない場合や、筋肉が細ってくる場合は、手術を行います。

手術は、「横走手根靱帯切離による除圧」が行われます。これは、靭帯を切ってトンネルを開き、神経の圧迫を取り除きます。そのまま切開して行うものと、内視鏡を用いた方法がとられることがあります。

記事によると、「内視鏡を使ったり、小切開で済む手術法を行っており、術後も包帯だけです。包帯は1週間ほどでとれます」と、手術は日帰りで行えるものもあるそうです。「もしかしたら…」と思われて、困っている方がいらっしゃったら、一度整形外科を訪れてはいかがでしょうか。

【関連記事】
乳癌の放射線治療期間が短縮可能に