「ほら出てきたよ。オギャー、オギャー」。新生児の泣きマネに、約6畳の部屋が笑い声に包まれた。金沢大学医学部付属病院内にある「周生期医療専門医養成センター」で、産婦をモデルにしたシュミレーターを使った分娩訓練の一コマだ。
 
泣きマネの主は、センターで学生を指導する新井隆成特任准教授。経験豊富な産科医である新井准教授の手には、新生児のマネキンがしっかりと取り上げられている。センターは昨年10月、産科・小児科を中心とした専門医の養成を目的に設立された。医学生に産科などの魅力を伝えるのがねらいだ。
 
「子供が無事に生まれることが、家族にとってどれほどの喜びか、計り知れない。その営みにかかわることが産科医の最大の魅力」センターの名前にある「周生期」は造語。妊娠22週目から生後1週間までを指す「周産期」より広い意味で「家族」に寄り添いたいという願いから生まれた。
 
プログラムは講義よりも実践重視。冒頭の模擬訓練のほかにも、石川県内外の病院・診療所と提携し、学生が分娩の直接指導も受けられる。こうしたプログラムで医学生は状況に応じた対処を学ぶ。現場で産科医としての力が養われれば、産科の魅力も伝わっていく。
 
センターには現在、医学部の5、6年生9人が在籍。課外活動の扱いにもかかわらず、学生らは学部の授業や実習の合間をぬって、プログラムに参加する。5年の捶井達也さん(23)は「普段のカリキュラムと違った魅力がある。忙しいが、やりがいのあることで忙しいならばいい」とする。

金沢大は「まずは学生に興味をもってもらうこと」に心を砕いた。
学生がくつろげる雰囲気づくりもその一つ。センターの壁を白からクリーム色にし、床は木目調のフローリングに。「ゼミがある文系と違って、医学生には“たまり場”が少ないから」。今は、学生が昼にお弁当を持って集まり、放課後には勉強する場になった。

所属する医学生らがセンターの魅力として口をそろえるのは、新井特任准教授が専従でいること。医学生の一人は「忙しくて時間をつくれない医師がいつもいて、相談に乗ってくれる。そんな存在は、いつか自分が診療科を決める上で大きく影響すると思う」と話す。産婦人科希望者の増加という実績はまだ出ていないが、期待は高まる。
(医療 産科医不足に挑む(中)学生確保へ試行錯誤)


臨床研修で医学生と病院の取り次ぎを行う「医師臨床研修マッチング協議会」が昨年行った調査によると、「将来的に進みたい診療科」(回答数2224人)に、産婦人科を挙げた医学生(一部卒業生を含む)は131人。最も多かった内科(743人)の5分の1以下だそうです。

背景としては、やはりキツイ労働条件に訴訟リスクが高いといったことがあると思われます。他に、いわゆるメジャー(一般内科・外科)以外にはなかなか興味を持たれない、といったことがあるそうです。

その点を解消しようと、上記の新井特任准教授はいわゆる"ゼミ"風の教室を開いているようです。特別講義や勉強会を開いているところは他大学にもあるでしょうが、より実践的なトレーニングに焦点を当てている点で異なるようです。

「興味あるけど、(業務内容などが)よく分からない…」といった学生には良いかもしれませんね。体験することで、よりはっきりとしたイメージが湧きやすい、という臨床実習の良い点を取り入れたものになっているようです。

こうした草の根といった感じの勧誘が全国的に広まれば、人手不足の解消に十分な効果が期待できるのではないでしょうか。単に「高い給与を出します」といった甘言を囁くよりは、よっぽど効果があるように思われます。

【関連記事】
大学病院も産科医不足 研究・がん治療瀬戸際

産科勤務医の診療報酬を上げへ−舛添要一 厚労相が方針

産科勤務医の当直 「5日に1回以上 当直明けの勤務緩和も無し」