改善が難しいとされてきた認知症。だが、ここにきて、アルツハイマー病の進行を遅らせる新薬「アリセプト」登場など、治療に光明が差している。また、発症そのものを遅らせる研究も進んでいる。先ごろ、岩手大学工学部の佐藤拓己准教授がハーブのローズマリーに、アルツハイマー病を予防する働きがあることを突き止めた。

ローズマリーはシソ科の植物で、肉料理などの香辛料として使われるハーブの一種。このローズマリーに含まれる「カルノシン酸」が、脳細胞を保護し、アルツハイマー病による脳の神経細胞の急速な老化を防ぐという。

佐藤准教授らの実験は、マウスを使ったもので、人工的に脳の神経細胞を死なせたマウスに、カルノシン酸を注射したところ、神経細胞の壊死をかなり防ぐことができた。「通常、ハーブに含まれる物質は、脳の神経細胞を傷つける活性酸素を除去する働きがある。しかし、カルノシン酸は、活性酸素を除去する酵素を神経細胞に作らせる働きがある」と佐藤准教授。

天然成分のカルノシン酸は、ハーブならどれにも微量に含まれているものだが、含有量が最も高いのがローズマリー。では、毎日、ローズマリーの香辛料を食事に用いれば、脳細胞を保護することができるのか。
「実験では、多量のカルノシン酸を使っているので、香辛料の量だけで効くかわからない」

通常の食生活で必要量を摂取するのは難しい。
(ハーブが脳守る…アルツハイマー病予防にローズマリー)


以前から、伝統的にウコンを使ったカレーを食べているインド人は、米国人と比較してアルツハイマー病発症率が、4分の1程度との報告があります(ただし、正確に発症者を特定できているかどうか、といった問題は指摘されていますが)。その点に着目して研究されたのが、クルクミンの報告です。

実はこのクルクミンとの今回の発表は、関連があります。その関連とは、以下の通りです。
カレーに必要不可欠なスパイスであるウコンは、色素成分「クルクミン」を多く含んでいるそうです。このクルクミンが、アルツハイマー病の原因となる物質の生成を防ぐ効果があると、金沢大大学院の山田正仁教授(神経内科)と小野賢二郎医師らが研究した報告があります。

アルツハイマー病は、脳内で「アミロイドベータ(Aβ)」という物質が神経細胞を傷害するために痴呆がおこります。山田教授の研究チームによると、「Aβ」を含む溶液にクルクミンを加えると、神経細胞が守られることを確認したそうです。一方、赤ワインに含まれるポリフェノールや、ハーブのローズマリーでも同様の効果が得られるそうです。

ちなみに、逆にアルツハイマー病の原因となるものとして、高血糖との関連が指摘されています。発病の原因は、未だ詳しくわかってはいませんが、九州大学医学部の発表によると、以下のような関連性が指摘されています。
耐糖能異常(血糖値を正常に保つ調節能力の低下)では、脳血管性認知症、アルツハイマー病ともに耐糖能異常を有する群はない群と比べ発症率が約2.5倍と高く、耐糖能異常が脳血管性認知症ならびにアルツハイマー病の危険因子であることを裏付けている(図2)。さらに詳しく解析すると、高血圧の人で耐糖能異常があると、脳血管性認知症の発症率は健常者の実に8.4倍も高くなっていた。

こういったことからも、上記食品を取り、高血糖に気を付けることが発症のリスクを下げることになる、といえそうです。

【関連記事】
本当は怖い高血糖その2−アルツハイマー病

脳の発達にコレステロール必須、アルツハイマー治療に道

アルツハイマー病発症を抑制する「リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素」