在宅医療の患者から、よく睡眠薬を求められる。高齢の患者は不眠に悩む人が多い。病院から引き継いだ時点で、すでにかなりの睡眠薬を処方されている人もいる。

1錠か2錠で眠れるうちは、まだ問題は少ない。それ以上増やしはじめると、十中八九、困ったことになる。薬が効かなくなって、量を増やしても眠れず、副作用で頭がぼーっとしてしまうからだ。ベッドから出ることもままならず、なんとか起き出しても、ふらついて食事もできない。昼間にうたた寝すれば、熟睡になってしまい、そのためまた夜が眠れないという悪循環になる。

だから私は睡眠薬の増量を求められても断る。その先に待っている状況を説明して、なんとか2錠までで我慢してもらう。患者は眠れないつらさと、中毒になる恐怖のはざまで悩む。説得は患者との根比べだから、ときに1時間を超えることもある。薬を増やせばその場は納まるが、果たしてそれが正しい選択だろうか。

「もうどうなってもいいから、とにかく今、眠らせてほしい」と血走った目で哀願されることもある。「前の先生はすぐ増やしてくれた」とも言われる。「これ以上、絶対に増やさない」とカルテに約束を書いて、3錠にしたこともある。しかし、2カ月後には「もう1錠」と求められた。

「先生は、寝られない苦しみがわかっていない」。そう言われると、頭を抱える。医師として、患者の苦しみを見るほどつらいことはない。

気軽に薬を増やしたり、変えたり、組み合わせたりして、その場をやりすごせばいいのかもしれない。しかし、患者に楽なことが、ほんとうにその人のためになるのか。答えは患者自身に出してもらう以外にないと思う。
(睡眠薬のむずかしさ)


不眠症とは、平常時と比較して睡眠時間が短くなり、身体や精神に不調が現れる病気です。睡眠障害の一種で、下記のように4タイプに分かれます。
1. 入眠障害:寝つきが悪く、なかなか眠れない。
2. 中途覚醒:朝起きる時間までに、何度も目が覚める。中高年に多い。
3. 早朝覚醒:朝早く目覚めてしまい、再度眠ることが出来ない。
4. 熟眠障害:十分に睡眠時間はとっているが、眠りが浅く熟眠感が得られない。

上のように寝付きが悪いのは、入眠障害に含まれます。
他にも、途中で目覚めてしまう(中途覚醒)などが原因となってしまうこともあります。眠りが浅いと、昼間に気持ちの落ち込みやだるさがあり、非常にツライと訴えている様子がわかります。

ですが一つ、以下のようなことに注意していただきたいことがあります。
実は不眠症の中に、うつ病などの病気が背景に隠されている恐れがあります。うつ病では、中途覚醒が特徴的で、何度も夜中に起きてしまう、といった方や、心配事が気になって眠っていられない、といったことがある方は、ご注意下さい。

単に「不眠症」とあなどらず、自己判断で安易に睡眠導入剤に手を出す前に一度、病院を訪れられることが重要です。自己判断で睡眠導入剤を飲んでしまったり、止めてしまったり、量の増減をするのも危険です。

突然の服薬中断では、数日間にわたり元来よりひどい不眠(反跳性不眠といいます)が生じる可能性があります。アルコールと一緒に服用すると、効果増強されてしまう恐れがあるので、止めた方が良いと考えられます。

【関連記事】
不眠症の影響は夜更かし族でより大きい

不眠症:ヤンキース 松井秀喜選手も悩む