米国の人気ラッパー、Kanye West(カニエ・ウェスト)氏の母親でマネージャーでもあった有名人Dondaさん(58歳)が、美容整形手術を受けた翌日に急死した。この事件は、腹部の脂肪や皮膚のたるみを除去する整形手術を検討している人たちへの警告となるはずだと、米国美容外科学会(American Academy of Cosmetic Surgery、AACS)の会長を務めるSteven Hopping氏が語っている。

この手術は身体にメスを入れ、危険性が高いにもかかわらず、あまりに安易に行なわれているとHopping氏は指摘する。

Dondaさんは11月10日(米国時間)に死亡した。死因は、その前日に受けた腹部整形とバストを小さくする手術に関連する合併症とされる[腹部整形手術は、下腹部などの余分な皮膚および脂肪を取り除く手術。ある病院の宣伝では、5日入院して3500ドルとされている]。

この手術を執刀した医師Jan Adams氏は、テレビなどに出る有名人ではあったが、美容外科学会認定専門医ではなかった。しかも、医療事故訴訟でこれまでに2度敗訴し、他にも係争中の訴訟や飲酒運転による逮捕事件が複数あるような人物で、カリフォルニア州医事当局(Medical Board)はAdams氏の医師免許を取り消すかどうかの検討を行なっているところだった。

Dondaさんは別の医師に手術を依頼しようとしたが、この医師は、Dondaさんの心臓の状態がよくないことを理由に断わったと報じられている。

米国美容外科学会のHopping氏は、14日午後に取材に応じ、腹部整形は、美容外科手術の中で最もリスクが高いものの1つだと述べた。美容外科手術には簡単なものなどない。今回の件は、そのことを如実に示している。美容整形は、スパやエステサロンに行くのとは違う。

腹部整形は大がかりな手術で、私が思うに、美容外科の中でもっとも危険な手術の1つだ――さらに、この手術を希望する患者は、高リスク群に属する人が多い。年をとっていて、出産経験があり、多くの場合、太っているのだ(中略)

発作、大量出血、術後の問題などがある。今回のような出来事は、われわれにそれを教えてくれる。(中略)患者にこうしたことを説明するのが難しいこともあるが、安全が何より大切だ。これは「美容」のための外科なのだから。
(人気ラッパーの母急死に見る、整形手術の危険性)


腹部形成手術とは、真ん中〜下腹部にかけてのたるんだ皮膚や余分な脂肪を取り除き、腹壁の筋肉を締める手術です。脂肪吸引術に較べ、見た目が良く仕上がるという利点がありますが、腰部や臍周辺に傷痕が残るデメリットもあります。

ダイエット後に弛んだ腹部の皮膚や、高齢者の肥満で皮膚の弾力性が無くなってしまった場合などに効果的です。一方で、出産する予定の方は、再び伸びてしまったりする可能性があるため、あまり勧められません。

上記でもある通り、手術である以上、術中の発作、大量出血、術後の合併症リスクなど、多くの問題をもっています。安易に美容整形を受ける風潮には、危惧せざるを得ません。

最初の医師の所で、心疾患を原因に断られていることからも、高リスク群に入っていたと考えられます。大変リスキーな手術であり、起こるべくして起こってしまったという印象です。

美容整形を巡っては、国内でも以下のような問題が起こっています。
医師であるということで、良心に従って医療行為を行っている、と思いがちですが、一方で医師免許を悪用しているかのような診療を行っている人もいます。

最近では、「美容外科クリニックで包茎手術を受けたら100万円以上も請求された」という相談が、最近、各地の消費生活センターなどに増えているといいます。若者のコンプレックスにつけ込み、不当に高額な費用を請求する悪徳商法が横行しているケースもあるそうです。

雑誌やインターネットで「包茎手術15万円〜」などとうたう広告を見て来院したら、スタッフらに失敗例の写真を見せられて「安いコースだと失敗することがある」などと言われ、高額の手術を選ばされた、ということがあるそうです。

今年の10月には、茨城県つくば市の医院で受けた豊胸手術の2日後に死亡したのは、手術ミスが原因だとして、死亡した会社員の女性(当時50歳)の遺族が、執刀した医師(45)を相手に、約5,700万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したことがありました。

この医師は所得税法違反で懲役1年、罰金4,000万円の実刑が確定していたそうです。診療報酬の不正請求で医業停止中の02年には、医師として勤務したことなどが県の調べで判明しています。実質経営していた医院のある各地の消費生活センターには「まぶたの切開をして二重まぶたにしようとしたがならなかった」「美容整形を8回分契約したが、3回で医者がいなくなった」などの苦情が計110件寄せられているそうです。

また、女性週刊誌などで広告が踊る脂肪吸引手術も、一見、簡単そうにみえてしまいますが、実は多くの症例をこなさないと難しい手術です。直視下で手術できるわけではないので(吸引管を挿入して手術するので)、どこに多く脂肪があるのか、手探りで感覚によって吸引していかなければならないからです。

手術を受けられることも、人生を前向きに生きていく糧になるものとなる可能性があり、それ自体を否定するべきではないと思います。しかしながら、手術にはリスクを伴うということをしっかりと納得し、良医の元で受けられることをお奨めいたします。

【関連記事】
「整形・脂肪吸引は本当に必要?」 ビューティーコロシアムが話題に

消費生活センターに苦情殺到 「豊胸手術ミス」の医師が訴えられる