以下は、最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学で取り上げられていた内容です。

ベテラン保険外交員のO・Y(54)さんは、3年前に夫に先立たれ、現在一人暮らし。若い頃から貧血気味だったものの、生活に支障がある訳ではありませんでした。

そんなある日、食べ物を飲み込んだ時に、何かが触れるような違和感を覚えたO・Yさん。さらに3ヶ月後、今度は喉に小骨が刺さったような痛みを感じます。魚の骨ならそのうち取れるだろうと特に気にしていませんでしたが、その後、息子夫婦と幸せな同居生活を始めたO・Yさんに、病魔は容赦なく襲いかかりました。具体的には、以下のような症状が現れてきました。
1)喉の違和感
食事をしている際、物を飲み込んだ時に違和感を感じるようになりました。まるで喉に何か詰まっているような感じがしました。
2)喉に小骨が刺さったような痛み
喉の違和感は続いていましたが、その症状にも慣れてしまい、気にしなくなってしまった頃、今度はまるで、喉に小骨が刺さったようなチクチクした痛みを感じるようになりました。
3)耳の奥にキュッとしまるような痛み
喉の痛みを感じ始めてから3ヶ月後、耳の奥に突然、鋭い痛みが走り、中耳炎にでもなったのではないかと思うような症状がおこりました。
4)喉に染みるような痛み
違和感が出てから6ヶ月経過した時、喉に焼けつくような痛みが出始めました。自分でも「おかしい」と感じ始め、家族の薦めもあって耳鼻咽喉科を訪れました。

病院で告げられた彼女の病名は、以下のようなものでした。
O・Yさんの病名は、「下咽頭癌」でした。
ヒトの「のど」は、咽頭と喉頭からなります。咽頭とは、鼻腔および口腔、食道および喉頭との間にある筋肉で構成された管を指します(ちなみに喉頭とは、食物の通路と呼吸のための空気の通路との交差点である咽頭の奥で、空気専用通路の始まりの部分を指します)。

咽頭は鼻に近いほうから上咽頭、中咽頭、下咽頭と下がっていき食道に続いていくので、下咽頭は「のど」の一番底の部分ということになります(ちなみに、喉頭は下咽頭の前面に位置してます)。

下咽頭癌の原因としては、男性の方が女性より4〜5倍ほど多く、喫煙や飲酒などの刺激が大きく関係していると考えられています。ですが、O・Yさんは煙草も吸わず、お酒も週に1回程度でした。なぜ、彼女は下咽頭癌になってしまったのでしょうか。

原因は、彼女が若いときから鉄欠乏性貧血だったことです。
鉄欠乏性貧血の人は、下咽頭癌のリスクが高いと考えられています。その理由としては、鉄分には、粘膜を正常に保つ作用があります。つまりそれが欠乏すると逆に、粘膜に悪影響を及ぼすのです。この状態が全て病に直結する訳ではありませんが、人によっては潰瘍、そして癌へと発展してしまうことももあるわけです。

事実、女性の下咽頭癌患者のほとんどが長い間「鉄欠乏性貧血」を患っていた事がわかっています。O・Yさんの場合も、若い頃から何十年にもわたって貧血気味。喉の粘膜が徐々に変化していきました。

特に、鉄欠乏性貧血に嚥下困難、口角炎、舌異常を合併する病態をプランマー・ヴィンソン症候群(Plummer‐Vinson syndrome)といいますが、この嚥下困難の原因も鉄欠乏やビタミン不足などが関連して下咽頭〜食道の上皮障害をきたしていると考えられます。

症状としては、嚥下時の異物感や耳への放散痛、声がこもった状態になる、といったことが挙げられます。O・Yさんの場合、飲み込んだ時の違和感が最初にありました。これは、潰瘍ができたために食べ物が触れて感じたわけです。さらに3ヶ月間も放っておいて結果、潰瘍は癌化し、小骨が刺さったような痛みを感じるようになりました。

放置し続けた結果、癌はさらに進行し、耳の痛みを感じるようになりました。これは、下咽頭と耳をつなぐ神経の経路があるためで、下咽頭癌や進行した喉頭癌に特徴的な症状です(放散痛)。

下咽頭癌が、こうしたはっきりとした症状を停止始めた頃には、かなり進行しています。事実、70%程度が初診時には、すでに癌が咽頭に浸潤、または頸部リンパ節に転移していることが多いと言われています(頚部リンパ節転移は50〜60%にみられる)。

放射線治療単独で制御可能のものは少なく、咽頭喉頭頚部食道摘出と頚部郭清を必要とするものが多いです。O・Yさんの場合も、発見が遅かったため声帯ごと癌を切除しなければならず、結果、声を失うことになってしまいました。また、5年生存率も鬼で約70%、挟郡で40〜50%、IV期で30%弱と、早期なら良いですが、進行してしまうとかなり低くなってしまいます。

飲み込みづらいなど、喉に違和感を感じたら、注意が必要です。症状がなかなか治ることがないなどの場合、是非とも早めに耳鼻咽喉科を受診されることが勧められます。

【関連記事】
本当は怖い家庭の医学 症例集

本当は怖い喉の痛み 症例1−急性喉頭蓋炎