大腸がんの年間死亡者数は約4万人で、女性はがん死の1位、男性は4位だ。早期に発見すれば、手術や内視鏡などでがんを切除でき、ほぼ100%完治する。しかし、患者の2、3割は、発見が遅れて肝臓や肺などに転移したり、再発したりして、手術などで完治させるのが難しい「進行性大腸がん」。その時、選択されるのが複数の抗がん剤による治療だ。

治療成績は必ずしも満足できるものではなかったが、今年4月、これまでの抗がん剤治療よりは効果が高いというデータから、新薬のアバスチンが承認された。がんが作り出す血管内皮増殖因子という物質の働きで、がんに栄養を送るための新しい血管が作られる。この薬は、この物質にくっついて働きを止め、血管ができるのを防ぐなどして、がんを小さくする。分子レベルで働くので、分子標的薬と呼ばれる。

抗がん剤の「5―FU」、その働きを強める「アイソボリン」、比較的新しい抗がん剤の「エルプラット」または「イリノテカン」の計3種類の薬による治療法に、FOLFOX(フォルフォックス)とFOLFIRI(フォルフィリ)(ともに3種類の薬の頭文字による略称)がある。アバスチンは一般的に、この二つの治療法に加える4番目の薬として使われる。

2週間に1度または2度の通院時に、アバスチンを含む三つの薬を2時間〜3時間半かけて点滴。5―FUは携帯型ポンプを使って1日または2日かけて、ゆっくりと体に注入する。

この治療の奏効率(がんの直径が3割以上小さくなる患者の割合)は40〜50%。1990年代まで標準的な治療法だった5―FUとアイソボリンによる治療や、2005年から可能となったFOLFOXだけの治療などに比べて奏効率は高い。海外の研究では治療後の平均的な生存日数はFOLFOXだけで16か月ほどだが、アバスチンを加えると20〜21か月に延びた。

1か月の薬剤費だけで約60万円と高額だが、保険で認められ、多くは高額療養費制度が適応されるので、年収にもよるが自己負担は月8万円ほどだ。

癌研有明病院化学療法科副部長の水沼信之さんは「アメリカの大腸がん治療指針では、アバスチンを含む抗がん剤治療は、手術できない転移または再発した大腸がんに対する標準的な治療になっている」と話す。日本の治療指針も、アメリカにならって改訂される予定だ。

ただし、アバスチンには一般的な抗がん剤と異なる特有の副作用があるので注意が必要だ。血圧が上がったり、胃や腸に穴が開いたり、がん周辺などで出血しやすくなったりするので、
1)心筋梗塞や脳梗塞の既往がある
2)大きな手術を受けて間がない
3)胃かいようがある
4)脳に転移がある

などの患者は、医師に相談してほしい。
(新薬「アバスチン」)


アバスチン(一般名 ベバシツマブBevacizumab)は、血管内皮細胞増殖因子 (VEGF)という蛋白質を抑制するモノクローナル抗体です。

VEGFは、血管の細胞を増殖させる働きを持っており、VEGFの分泌が起こる部位に血管が伸びたり、新しい血管が形成されます。この現象を血管新生といいます。この血管新生とがんは深く関連しています。がん細胞は通常の細胞に比べて増殖速度が速く、多くの栄養分を必要とします。そのため栄養分を吸収するために、がん細胞はVEGFを分泌して血管をがん細胞のところまで誘導します。

つまり、がん細胞を畑とすると、その畑は他の細胞の畑よりも、より水や栄養が必要になるわけです。そこで、大きな川(太い血管)から水を勝手に引くための通路(新生血管)を造らなければならない、というわけです。また、がん細胞はその通路を通って、川(太い血管)に乗り、他のところに移動することもあります。それが転移です。

この通路を造ってくれるのがVEGFです。アバスチンは、このVEGFの働きを阻害することにより(通路を造らせない)、血管新生を抑えてくれます。結果、がん細胞という畑は、水や栄養素が運ばれてこないので、増殖したり、転移することができない、というわけです。

アバスチンは、以下のような疾患に対して用いられています。
分子標的治療薬の一つであり、抗がん剤として使用されるほか、加齢黄斑変性や糖尿病性網膜症(こちらも病態に新生血管が大きく関わっています)の治療薬として期待されています。

大腸癌治療には、アバスチン(pH 6.2の透明〜微乳白色、微褐色の液体)を点滴静注で使用します。糖尿病性網膜症などに対しては、術中に直接的に網膜などへ散布します。

現在では、「術後補助化学療法における本剤の有効性及び安全性は確認されていない」とされ、適応は治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌 などに限られています。しかしながら、未治療転移性大腸癌813例を対象とした第形衫彎音邯海砲いて、イリノテカン・フルオロウラシル・ロイコボリン併用療法(IFL療法)にアバスチンを追加した群(402例)では、奏効率44.8%であり、死亡のリスクを34%減少させたと言われています。

他にも、再発または進行非小細胞肺癌878例を対象とした第III相臨床試験において、化学療法(カルボプラチン・パクリタキセル併用療法)にアバスチンを追加した群(434例)は、奏効率35%であり、化学療法単独群である奏効率15%を有意に上回ったという結果が出ています。ただ、残念なことに、ベバシツマブ併用群では5例の喀血死を含む15例の治療関連死がみられています。

上記の通り、アバスチンは、一般的な抗がん剤と異なる特有の副作用があるので注意が必要であると言われています。副作用としては、消化管出血、喀血などの出血、脳卒中、一過性脳虚血発作、心筋梗塞などの動脈血栓が起こり得ることがあり、使用法に習熟した病院で治療を受けることが望ましいと上記でも書かれています。

今後、こうした新たな治療薬が期待されます。現在の所、使用は限定されていますが、これからはより一般的に用いられることが考えられます。

【関連記事】
腫瘍にまつわるニュースまとめ

乳癌の新治療法 メスを使わない「ラジオ波熱凝固療法」