交通事故で重傷を負い、救命救急センターに搬送された患者の3割が、約1カ月後にうつ病や心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの精神疾患を発症していたことが、厚生労働省研究班(主任研究者、金吉晴国立精神・神経センター部長)の調査で19日、分かった。

こうしたケースで精神科医が患者に直接会い、さまざまな心の病気の有無を調べた調査は初めて。救急医療の進歩で重傷者らの救命率は向上しているが、精神的ケアも極めて重要であることを示すデータだ。米集中治療医学会誌に近く掲載される。

調査は国立病院機構災害医療センター(東京都立川市)の救命救急センターで平成16年5月から実施。搬送の24時間後から患者に精神科医らが面接し、18歳から69歳までの100人の状態を追跡した。頭部にダメージのある人や、以前から精神疾患のある人らは対象から除いた。

結果によると、4〜6週間後の診断で31人が精神疾患を発症。内訳は、うつ病が症状の重い「大うつ病」16人と、比較的軽い「小うつ病」7人、PTSDが8人だった。31人の中には、退院はしたものの、事故がきっかけのアルコール依存症を併発している人もいた。

詳しい分析の結果、事故時に生命への脅威を感じた人や、恐怖の記憶が強かった人ほど、精神疾患を発症しやすい傾向にあったという。

研究班の松岡豊・国立精神・神経センター室長は「救急医療に精神科医らが積極的に参加するシステムをつくり、(精神疾患という)2次的な健康影響を減らす努力をしていくことが必要ではないか」と話している。
(重傷者3割、精神疾患に 救命センター搬送1カ月後)


大規模な地震などの災害では、身体的な外傷などはもちろんのこと、精神的なケアも重要であると言われています。特にPTSDは、阪神・淡路大震災で有名になったと思われます。

家を失ったり、親しい人が亡くなるといったことが大きなストレスの要因となり、結果としてPTSDになってしまうと考えられます。結果、イライラしたり睡眠障害(過覚醒といって眠れない状態)や、出来事に遭遇した時の光景が何度もよみがえり、頭に浮かぶ、といった、時間が経っても非常に大きな苦しみを与える心の傷となってしまいます。また、たとえPTSDにならなかったとしても震災後の人々の心は大きなストレス状態にさらされ、鬱状態に陥ってしまうこともあります。

上記のような重症を負ったケースでも、同様のことが言えるのではないでしょうか。大きな事故がストレス要因となり、心の傷として残ってしまう、ということであると思われます。

普段、我々は日常生活を送る上でも、ストレスを感じることがあります。ですが、PTSDのような強い症状が出ることはないと思います。では、この違いはどのようなものなのかというと、以下のように説明できると思われます。
「(日常で)ストレスを受けた状態」と「PTSD(心的外傷後ストレス障害)の状態」は、具体的にはどのように違うのか、ということに関しては、前者(ストレス)は「ゴムボールを握って圧力をかけた状態」で、後者(PTSD)は「紙をクシャクシャにした状態」といえると思われます。

前者(ストレス)は、力を入れるのを止めれば、簡単に元の球体に戻りますが、後者(PTSD)は何とか引き延ばして元の状態に戻そうとしても、シワが寄ってしまう(元の状態には戻らない)、ということらしいです。PTSDのようなトラウマ体験は、後々まで引きずってしまうことのようです。

PTSDの症状としては、DSM-4によると以下の3つの症状が、PTSDと診断する為の基本的症状であり、これらの症状が1ヶ月以上持続している場合にはPTSD、1ヶ月未満の場合にはASD(急性ストレス障害)と診断しています。
・精神的不安定による不安、不眠などの過覚醒症状
・トラウマの原因になった障害、関連する事物に対しての回避傾向
・事故・事件・犯罪の目撃体験等の一部や、全体に関わる追体験(フラッシュバック

また、患者が強い衝撃を受けると、精神機能はショック状態に陥り、パニックを起こす場合があります。そのため、その機能の一部を麻痺させる事で一時的に現状に適応させようとします(これを解離症状といいます)。結果、事件前後の記憶の想起の回避・忘却する傾向、幸福感の喪失、感情の麻痺、物事に対する興味・関心の減退、建設的な未来像の喪失などが見られることもあります。

最近は、コンサルテーション・リエゾンといったことが言われ始めました。これは、精神疾患を合併している他科の患者についての相談を受けたり、他科での治療に際して医療者と患者間の連絡を円滑化する作業をいいます。こうしたことが、今後は救急医療でも重要になってくると思われます。

【関連記事】
コンサルテーション・リエゾン精神医学とは

衝撃的な体験は心をどう変えるのか