この社長は、資産運用を中心にした各種ソリューションを銀行などに提供する会社を都内で経営している。経歴を見ると、東大法学部卒業後、大手都市銀行に入行し、アセットマネジメント会社などを経て、2004年に独立した。このほか、関連会社社長やネット銀行のゼネラルカウンシル、金融関連会社の顧問などをしている。ところが、趣味の車について書いたブログが原因で、大騒動になってしまった。

ブログ名は、「Eos日記〜クーペ・カブリオレ大好き! フォルクスワーゲンEosとともに物欲と闘う毎日を綴る。」(現在は削除)。その2007年12月21日付日記のコメント欄で、近所の病院へ行って、順番待ちを3回もさせられ、1時間以上待たされてブチキレた場面を自ら書き込んだ。そして、会計窓口で自宅まで謝罪に来るように言い捨て、次のようなやり取りがあったことを告白した。

「で、病院の事務局の兄ちゃんが来たので、『ちょっとこっち来い』と真っ暗な駐車場に連れて行き、『オレと病院とどっちがウソついとんのや。オラオラ!』から始まり、『てめぇ人に頭下げんのに立ったままかい!』と注意を与えて冷たいアスファルトに正座させて30分ほど注意を与え、『職員の教育をもう一度徹底する』と約束させましたですよ」

そして、サングラスに黒の手袋姿で、「4度目は指の1本くらいじゃオトシマエつかんでぇ・・・。次は若いモンつれて病院に乗り込むでぇー」と凄み、相手をビビらせたという。この行為を「脅迫」と指摘するコメントに対して、社長は「法学部卒の私の考えでは、『指の一本』=『菓子折ひとつ』『若いモンつれて』=『子連れで』という意味ですから、問題ないかと」と返していた。

この日記は、12月22日になって2ちゃんねらーの目に留まったらしく、社長のブログが炎上。内容から会社や自宅などが次々に割り出され、2ちゃんねるでいくつもスレ立ちする祭り状態になった。会社でも慌てたのか、24日には、会社のホームページ上で、お詫び文と本人の謝罪文が掲載された。そこで、社長は「面白半分な安易な気持ちで、WEB等からの伝聞や矮小な事実を元に、誇大に膨らませて書き込みました」などと説明。ホームページはその後削除されたのか、現在はアクセス不能になっている。
(ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び)


上記の例も、モンスターペイシェントの問題の一例であると思われます(実際にやったかどうかというと、単にオモシロおかしく書いた、という印象があります。もちろん、それが許されるべきかどうかは別問題ですが)。モンスターペイシェントとは、医療従事者や医療機関に対して、自己中心的で理不尽な要求・暴言果ては暴力を行う患者やその保護者などを意味しているそうです。

NPO法人「ささえあい医療人権センターCOML」の電話相談によると、近年、患者の暴言や暴力などに悩む医師や看護師からの相談も増えているため、昨年初めて医療関係者を対象にしたホットラインを開設したそうです。

その中で、50代の医師は合併症を起こした患者の家族から「もしものことがあれば…」と脅され、ポケットに入れた刃物をちらつかされることもあったそうです。30代の医療事務職員は、病院長の顔見知りの患者が「5年前に出してもらった水虫の薬を診察なしで出してくれ」などと無理難題をふっかけられた、と相談してきたそうです。

他にも、読売新聞の取材では、以下のような例が取り上げられていました。
・治療がうまくいかず、病室に入った女性看護師に理由も告げずに1人ずつほおを平手打ちする(腎臓病の治療がうまくいかず、透析になったことが受け止められなかったそうです)。
・午前中から具合が悪いのに「夜の方がすいているから」と夜間診療の時間帯に子供を連れてくる。
・少しでも待ち時間が長くなると「いつまで待たせるんだ」と医師や看護師をどなりつける。

上記の例でも、待ち時間に関して、その怒りをぶつけたというケースに当たるように思います。ただ、「1時間以上」というのは果たして事務的なミスによるものなのか、単に混雑していただけなのかは分かりません。

ですが、少なくとも恫喝するような態度を示し、脅すなどということはあってはならないでしょう。警察の介入を求めていてもおかしくないように思います(もちろん、病院側としては体面上、避けたいとは思いますが)。もしこうした事態が起こった場合、どのように対処すべきなのか、病院において事務職員や医療スタッフともに話し合い、マニュアル作成やケーススタディを十分に行っておくべきであると思われます。

こうした問題の背景としては、医療の高度化や、テレビ報道、ネットの情報などの"名医特集や有名病院の特集"で、「病院に行けばすぐに治る」「薬を飲めばすぐに治る」などの(片寄った)イメージが広まり、自分のイメージした治癒にならない場合に、病院や医療従事者に対して強い不満をぶつけたり、理不尽な要求を繰り返す患者が増え始めたといったことや、社会全体のモラル低下などが原因であると考えられます。

最近では医療費の不払いという問題もあります。こうなってくると、もはやモラルだけの問題では済まされず、病院の経営にも大きな負担になってきます。具体的には、以下のような実態があります。
治療費の不払いは、全国的に大きな問題になっています。日本病院会など、4病院団体が平成16年にまとめた調査では、加盟する5,570病院での未収金総額は年間推定373億円、3年間の累積は853億円にのぼっているそうです。低所得者の増加や、医療制度改革に伴う自己負担の拡大などが背景にあるとみられています。

特に救急と産科が多く、支払い能力があるにもかかわらず、支払いを拒むケースが多いようです。また、収入が少なく、通院費が払えずに出産間際になって病院に救急搬送される「飛び込み出産」も問題になっています。神奈川県産科婦人科医会の集計では、同県内の基幹病院(8施設)での飛び込み出産の件数は、平成15年に20件だったが、18年には44件と倍増、今年は4月までに35件を数えており、年末には100件を超えると推計されています。

多くの場合、事務員が訪問して、支払うように求めるところが多いようです。ほかにも、連帯保証人制を取り入れているところや、東京都台東区の永寿総合病院では、未収金を減らそうとクレジットカードやデビッドカードが使える支払機を導入しているそうです。

もちろん、こうした対策を講じたり、患者のモラルに任せた病院運営が出来なくなっている事態は悲しいことですが、医療スタッフや事務職員の安全管理の一環としてはあってしかるべきであると思われます。今後、さらなる深刻化が起こる前に、最低限の策を考えておくべきでしょう。

【関連記事】
医師不足問題のまとめ

外科部長が病院を去ったワケ