不穏下肢症候群(RLS:レストレスレッグス症候群、むずむず脚症候群ともいう)の患者は、この症状のない人に比べて脳卒中ないし心疾患のリスクが2倍であることが、米ハーバード大学(マサチューセッツ州)を中心とする研究によって示され、医学誌「Neurology」1月1日号に掲載された。症状が頻繁で重篤な人ほどリスクが高いという。
 
RLSは、脚にむずむず感が生じて動かさずにはいられない神経障害。静止しているときに症状が出やすく、主に夜間に生じるため、睡眠を妨げることもある。米国では成人の5〜10%にこの障害があるという。過去の研究でRLSと心血管疾患との関連が示されたが、懐疑的な見方も多く、これまでほとんど研究されていなかった。かつていびきが軽視され、睡眠時無呼吸のリスクが認識されるまでに数十年を要したのと同じ状況だと、米エモリーEmory大学医学部(アトランタ)のDavid Rye博士は指摘している。

今回の研究は、本来は睡眠呼吸障害の心血管への影響を調べるためデザインされた「睡眠心臓健康調査(Sleep Heart Health Study)」に参加した平均68歳の男女3,433人を対象としたもの。全参加者が回答した質問表に基づき、女性の7%、男性の3.3%がRLSであると診断された。

RLSのある人は、心疾患または脳卒中になる比率が2倍以上であり、この関連は症状が月に16回以上ある人および症状が重い人に特に強く認められた。今回の研究からは因果関係は明確にされていないが、この関連が生理学的意味をもつことも考えられる。RLS患者の多くは、一晩に300回も断続的に脚を動かしており、この動きが血圧および心拍数の増大に関わっていると著者らは述べている。また、RLSによる睡眠不足も心血管疾患の原因となると指摘されている。

Rye博士は「この研究により、RLSには単なる症状を超えた重要な意味があることが示された」と述べている。一方、別の専門家は、結論を急がずにさらに研究を重ねる必要があると指摘している。
(不穏下肢症候群が心血管疾患の原因に)


むずむず脚症候群(エクボム症候群、下肢静止不能症候群)とは、片側あるいは両下肢のふくらはぎ辺りを中心に、「虫が這うようなムズムズ感」や「刺されるような不快感」といった異常な感覚があり、そのため随意的または非随意的に足を「じっとしておられない」状態を指します。

主に夜間の入眠後30分以内に起きたり、1〜2時間にわたって持続します。そのため上記にもあるとおり、眠れなくなったり、不穏な状態になってしまいます。

上記では「一晩に300回も断続的に脚を動かしており」とありますが、このように足を動かし続けたり室内を徘徊したりします。不眠やこうした行動を起こすような不穏状態にあるため、「血圧および心拍数の増大に関わっている」と考えられたわけですね。

むずむず脚症候群(エクボム症候群、下肢静止不能症候群)には、さらに以下のようなことが言われています。
この疾患の原因として、背景に貧血、ビタミン欠乏、癌、糖尿病や加齢などの関与が考えられているそうです。ですが、はっきりとした理由や病態は分かっていません。そのため、治療としては基礎疾患の治療に加え、血管拡張薬、睡眠・鎮静薬などを投与します。

ちなみに、上記で指摘されているような不眠と健康に対する影響としては、以下のようなことがいわれています。

不眠症の影響は、その人の睡眠習慣により大きく異なるそうです。夜更かしする人たちは、早寝を好む人より不眠症のもたらす身体的、精神的苦痛が大きく、また、全体的な睡眠時間は比較的多いにもかかわらず、不眠症に対するストレスの強いことが米国の研究で明らかになっています。夜眠れない人は、就寝起床習慣に一貫性がなく、不眠症による抑うつ気分やストレスが強かった、とのことです(米スタンフォード大学睡眠障害クリニック調べ)。

睡眠のリズムが崩れることは、やはり健康にとっては好ましくないようです。むずむず脚症候群などでお困りのかたは、病院などで相談されることが望まれます。

【関連記事】
不眠症:ヤンキース 松井秀喜選手も悩む

不眠症患者の訴えと処方の難しさ