職場や公共の場での喫煙を禁止したら、心臓病が大幅に減少−。受動喫煙防止の動きが広がる中、こんな結果を示す海外の研究が相次いで報告されている。日本禁煙学会理事の藤原久義兵庫県立尼崎病院長らが取りまとめ、学会誌に発表した。
 
たばこと心臓病の関連は医学的に知られているが、受動喫煙の法規制で速やかに予防効果が出ることが実証された形。藤原院長は「日本でも調査や検討をすべき時期だ」としている。

最初の報告は、2004年に英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に発表された米モンタナ州ヘレナ(人口6万8140人)の事例。公共の場と職場を禁煙にする条例が02年6月に施行、同12月に停止されたが、この間の心筋梗塞の入院は24件で、前後の同期間の平均40件より4割少なかった。
 
06年には、米コロラド州プエブロ(同14万7751人)で禁煙法施行の前後1年半の心筋梗塞発症率を比較した結果が、米医学誌「サーキュレーション」に発表された。

プエブロでは発症が27%減少したが、施行されなかった別の地区では変化がなかった。また、05年1月に公共の場の禁煙法が施行されたイタリアでは、ピエモンテ州(同約430万人)でその後5カ月間に心筋梗塞が前年比11%減。

このうち喫煙率低下などによる喫煙者本人の減少分は0・7%と推計され、主に受動喫煙が減ったことが全体に影響しているとみられている。

04年3月に世界で初めて法律で職場を全面禁煙としたアイルランドでは、導入後1年で南西部の公立病院に心臓発作で入院した患者が11%減。また、英スコットランドでは06年3月に公共の場が全面禁煙となり、それまでの10年間は年3%のペースで減っていた心臓発作の入院患者が、その後1年間で一気に17%減少した。
(「受動喫煙」法規制で心臓病減少 欧米で報告相次ぐ)


フランスでは1月1日から、レストランやカフェなど飲食店が原則禁煙となり、大きなトピックスになりました。公共交通機関や企業、学校、商店などの公共の場所は既に2007年2月から禁煙となりましたが、飲食店は猶予措置が取られていましたが、ついに施行の運びとなりました。

日本では、2003年施行の健康増進法では、屋内の受動喫煙防止を「努力義務」にとどめています。ですので、たとえ喫煙を許可していても罰則規定もありません。ただ、世界保健機関(WHO)は5月29日、すべての加盟国に対し、飲食店やオフィスを含む公共スペース内を全面禁煙とする法律を制定するよう勧告しています。今後も、公共の場での禁煙は、世界的な動きとなっていくことと思われます。

喫煙による健康問題は、
’抓發離螢好を高め、特に、種々の化学物質に曝露される人では相乗的に肺癌を増加させる。
虚血性心疾患、消化器潰瘍、慢性閉塞性呼吸器疾患のリスクを高める。
9頭、口腔など、肺以外の部位の癌のリスクを高める可能性がある。
ぜ動喫煙により周囲の環境を悪化させる。
ヂ杙に影響を与える。

といったことが分かっています。

肺癌だけでなく、喉頭、口腔、膀胱、膵臓など、肺以外の部位の癌のリスクを高めるという疫学的データが出ています。特に、若年で喫煙を開始した場合には,その影響が大きいとされており、最近では非喫煙者の同居による受動喫煙が問題となっています。

こうした癌や心筋梗塞といったものだけでなく、喫煙者呼吸症候群という概念があり、これは喫煙に伴って起こる慢性的な喀痰、息切れ、咳嗽など諸症状の総称です。長年の喫煙により、こうした呼吸器における問題が生じてきます。

特に、喫煙は慢性閉塞性肺疾患COPD(chronic obstructive pulmonary disease)の大きな原因(80〜90%)となっています。COPDとは、以下のようなものを指します。
Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease(GOLD)のガイドラインによって、従来の慢性気管支炎・肺気腫という亜分類がCOPDとして、一纏めにされました。

定義によればCOPDとは、「完全には可逆性ではない気流制限を特徴とする疾患であり、この気流制限は通常進行性で有毒な粒子やガスに対する肺の異常な炎症反応に関係している」とされています。

"完全には可逆性ではない"という点が喘息などとは異なります(喘息では、発作後も元に戻ります)。そして、気流制限があることが特徴的です。気流制限とは、息が吐きづらくなる状態です。COPDとは、「元に戻らない(可逆性ではない)息切れが、徐々に進行する疾患」ということができると思われます。

慢性気管支炎や肺気腫などとともに、これらをCOPDと総称しています。主な病変が起こっているのは末梢気道ですが、肺胞の破壊が優位なものがいわゆる慢性肺気腫(肺気腫症)であり、中枢病変の進行が優位なものが慢性気管支炎であるとされています。

症状としては、慢性の咳、喀痰、労作時の呼吸困難などがあります。重症になるに従い、労作時に増悪する呼吸困難感が出現してきます。呼吸困難、低酸素・高炭酸ガス血症により、意識障害をおこして死に至ることもあります。また肺炎、気管支炎をおこしやすく、重症化しやすいともいわれています。

WHOの試算では、2005年に世界中で年間300万人がCOPDにより命を落とし、死亡原因の第4位を占めているが、今後10年間でさらに30%増加すると予測されています。やはり禁煙は健康問題を考える上で、非常に大きなことであると思われます。

【関連記事】
喫煙による禁煙被害−フランスの飲食店が原則禁煙へ

「タバコで毎日3,000人が死亡している」という現実