1日に2杯以上コーヒーを飲む妊婦は飲まない人と比べ、流産の危険が2倍になる−。そんな調査結果が21日、米国最大の会員制健康医療団体「カイザー・パーマネント」(カリフォルニア州オークランド)の研究チームによって明らかになった。

米産婦人科ジャーナルに掲載された論文によると、研究チームは1996年10月から98年10月にかけ、同州サンフランシスコの1063人の妊婦を調査。

その結果、1日にコーヒー2杯分に相当する200ミリグラムのカフェインを摂取した妊婦はカフェインを取らない妊婦と比べ、流産する割合が2倍に高まった。

コーヒーだけでなく紅茶などを通じ、カフェインを摂取した妊婦も流産の危険が高かったことから、研究チームはカフェインが原因物質と結論付けた。

カフェイン摂取は胎盤の血流減少などを引き起こし、これらが胎児に悪影響を与える可能性があるという。
(コーヒー好き妊婦、流産の危険 米研究チーム)


カフェインは、眠気や倦怠感、血管拡張性および脳圧亢進性頭痛に対して処方されることもあります。中枢神経系、血管系、腎臓などに対して作用します。

まず、眠気覚ましでコーヒーを飲む方もいらっしゃると思いますが、これは大脳皮質を中心として中枢神経系を興奮させ、脳幹網様体の賦活系を刺激することにより知覚が鋭敏となり精神機能が亢進され、眠気・疲労感が除去されるためです。 

また、血管系に対する作用もあり、末梢の血管平滑筋に直接作用し,血管を拡張させます。さらに、脳細動脈には直接作用して脳血管を収縮し、その抵抗性を増加させ、脳血流量を減少させる働きもあります。 

さらに、「コーヒーを飲むとトイレが近くなる」という方もいらっしゃるかもしれません。これは、糸球体の輸入血管拡張と尿細管への直接作用によるNaイオン及びClイオンの再吸収抑制をきたし、利尿が起こるためです。

一般的に、妊婦や授乳中の方は、コーヒーなどでカフェインを摂ることを避けた方が良いと言われていると思われます。これは、カフェインが胎盤を通過したり、母乳中に移行するからです。

「1日にコーヒー2杯分に相当する200mgのカフェインを摂取した妊婦はカフェインを取らない妊婦と比べ、流産する割合が2倍」とのことなので、それほど多くない量でもリスクは高くなってしまうようです。

ちなみに、流産の原因としては、以下のようなものがあります。
流産の原因としては、大きく分けて母体、胎児、夫婦間因子に問題があって流産してしまうと考えられます。

母体による流産原因としては、感染症や子宮の異常(子宮頸管無力症、子宮奇形、子宮筋腫など)、黄体機能不全、高プロラクチン血症、内分泌疾患などがあります。

胎児による流産の原因としては、染色体の異常、遺伝子病などがあります。夫婦間因子による原因とは、免疫異常(免疫応答の異常など)や、血液型不適合妊娠(Rh+−の不適合など)といったものがあります。

さらに、習慣流産といって、連続3回以上流産を経験した場合もあります。特に、絨毛膜下血腫が原因である場合は、SLE(全身性エリテマトーデス)や抗リン脂質抗体症候群を疑います。また、2回以上自然流産(死産も含めて)を反復する場合(習慣流産を含めて)便宜的に「不育症」と呼んだりします。

最近では、内閣府食品安全委員会事務局が、妊娠中のイソフラボン過剰摂取によって胎児の生殖機能への影響などが示唆する報告をし、話題になりました。この警告では、妊婦の摂取上限を30mg/dayと制限するべきであるとしています。

他にも、大豆イソフラボンを含むフラボノイドには、乳幼児の急性骨髄性白血病や急性リンパ性白血病発症に、胎児期のフラボノイドが、何らかの作用をするのではないか、とも示唆されています。

その理由としては、フラボノイドにはトポイソメラーゼ響乏穏醉僂あり、MLL(myeloid-lymphoid leukemia)遺伝子の異常(転座・再配列等の変異)を生じさせる可能性があることが考えられます。

トポイソメラーゼ響乏穏醉僂蓮抗がん作用を示すと考えられ、抗がん剤のVP16 やドキソルビシン(トポイソメラーゼ2阻害剤)によっても誘発されます。ですが、これらの薬剤による治療によって、後に急性骨髄性白血病や急性リンパ性白血病が発症することが知られています。故に、同様の作用をもつフラボノイドを摂取しすぎるのは問題なのではないか、と考えられるわけです。

あまり過敏になって避けるというのも精神衛生上よろしくはないかと思われますが、できればカフェインの摂りすぎなどにはご注意なさったほうがよさそうです。

【関連記事】
不育症、流産…自分を責めてしまう妊婦

大量出血や脳性麻痺など、分娩に関する医療事故や過誤369件