若槻さんをめぐっては、06年11月、体調不良を理由にレギュラー番組出演を取りやめた際に、12月に入って複数の写真週刊誌に「真相」として、若槻さんの本名である「栗原千春」との名前が書かれた診断書の写真が掲載された。それによると、病名は「神経性胃炎」と「潰瘍性大腸炎」。

特に潰瘍性大腸炎は、患者の治療費や研究費用を国が一部負担する「特定疾患」に指定されている難病で、「医療受給者証」の交付者数は06年度で9万627人にのぼっている。受給者証の交付を受けていない患者を考慮すると、患者数はこの倍にのぼると見られている。いまだに原因は解明されておらず、病状は良くなったり(緩解)悪くなったり(再燃)を繰り返し、手術で大腸を摘出しない限り、数十年単位での付き合いを余儀なくされることも多い病気だ。

実は「機能性胃腸障害」を理由に首相を辞任した安倍晋三氏も、「文芸春秋」08年1月号で、17歳の時にこの潰瘍性大腸炎を患ったことを告白している。安倍氏は、当時の病状をこのように振り返っている。

「自己免疫疾患といって自分の免疫が異物と勘違いして自分の腸の壁を攻撃し、その結果、腸壁が剥落し、潰瘍となり、爛れて出血するのです。腸壁が刺激されるたび、30分に1度くらいの頻度で便意をもよおします。夜もベッドとトイレの往復で、到底熟睡などできません」

この病気は元々欧米で多く、日本での患者数が増えたのはここ10年ほどのことなので、米国の方が承認されている薬の種類が多いなど、進んだ治療が受けられる、とされる。古着買い付けがなかなか難しいこともあり、「治療のための渡米ではないか」との憶測も出ているらしい。

もっとも、あくまで憶測の域を出ないのは確かで、所属事務所でも「これまでと何も変わっていないので、特にコメントすることはありません」と話しており、芸能活動はこれまで通り行われているとの見方を示している。
(若槻千夏ロス滞在 「難病治療説」流れる)


潰瘍性大腸炎とは、主として粘膜を侵し、しばしばびらんや潰瘍を形成する大腸の原因不明のびまん性非特異性炎症です。下痢、血便、腹痛が潰瘍性大腸炎の3大症状であるといわれています。

有病率は欧米で高い(欧米における年間発生率は成人10万人に対して 6〜8人)ですが、最近では、日本でも有病率や発症率が上昇し、2004年の統計では患者数が8万人を超えています。初発年齢は20〜30歳以下の成人に多いといわれていますが、小児や50歳以上の年齢層に初発することもあります。

原因は不明であり、感染説、アレルギー説、酵素説、血管炎説などが唱えられています。最近では、免疫学的機序におけるHLAなどの遺伝素因や、自律神経との関連が考えられ、自己免疫疾患としての位置づけがされています。

分類としては、以下のように分けられています。
1)再発寛解型:初回発作が寛解した後、再発を起こしたもの
2)慢性持続型:6か月以上活動期が続いているもの
3)急性電撃型:激症で発病し,予後不良のもの
4)初回発作型:初回発作のみで,その後の再発がないもの

急性または慢性に発病し、下痢、粘血膿便、発熱、栄養障害などの症状を呈します。しばしば緩解と再発を長期間繰り返す。ときに激烈に発病して、予後の悪い型(電撃型)もあります。病変は多くは直腸に原発し、時に全結腸に及ぶこともあります。

持続性・反復性の粘血の血便が最も特徴的な症状で、程度はさまざまです。血便は炎症の重症度、罹病範囲を反映するといわれています。腹痛は疝痛(鋭い差しこむような痛み)で、腹部全体または下腹に限局します。排便によって軽快することが多く、重症例では悪心・嘔吐、心窩部痛などがみられることもあります。

合併症としては、中毒性巨大結腸症や大腸癌などがあります。中毒性巨大結腸症とは、潰瘍性大腸炎の最も重篤な合併症で、腸管の運動低下のために拡張をきたした状態です。腹部は腸管拡張により膨隆し、腸の動きが減少または消失してしまいます。

大腸癌は、若年発症、全大腸型、10年以上の長期経過例で発生頻度が高いといわれています。他にも、皮膚粘膜系に病変がみられることもあり、壊死性膿皮症や結節性紅斑などが最も多く出現するといわれています。

診断や治療としては、以下のように行います。
基本的には慢性の(粘)血便を主訴とし、内視鏡検査あるいは注腸X線検査で、さらに生検により潰瘍性大腸炎の特徴的な所見を認め、類縁疾患が除外できれば確定診断として良いようです。

診断手順、診断基準については潰瘍性大腸炎診断基準(厚生省特定疾患難治性炎症性腸管障害調査研究班、平成9年度研究報告書)にまとめられています。次の(1)のほか、(2)のうち1項目、及び(3)を満たし、(4)の疾患が除外できれば確診となります。
(1) 臨床症状
持続性又は反復性の粘血・血便,あるいはその既往がある。

(2)
内視鏡検査
 (a) 粘膜はびまん性に侵され血管透見像は消失し,粗糙又は細顆粒状を呈する。
更に,もろくて易出血性(接触出血)を伴い,粘血膿性の分泌物が付着しているか,
 (b) 多発性のびらん,潰瘍あるいは偽ポリポーシスを認める。
注腸X 線検査
 (a) 粗糙又は細顆粒状の粘膜表面のびまん性変化,
 (b) 多発性のびらん,潰瘍あるいは偽ポリポーシスを認める。その他,ハウストラ
の消失(鉛管像)や腸管の狭小・短縮が認められる。

(3) 生検組織学的検査
主として粘膜固有層にびまん性炎症性細胞浸潤があり,同時に杯細胞の減少又は消
失,びらん,陰窩膿瘍や腺の配列異常などが認められる。
(2),(3)の検査が不十分,あるいは施行できなくとも,切除手術又は剖検により,
肉眼的及び組織学的に潰瘍性大腸炎に特徴的な所見を認める場合は,(4)の疾患が除外
できれば,確診とする。

(4) 除外すべき疾患は,細菌性赤痢,アメーバ赤痢,日本住血吸虫症,大腸結核,キャンピロバクター腸炎などの感染性腸炎,放射線照射性大腸炎,虚血性大腸炎,薬剤性大腸炎,クローン病,腸型ベーチェット,リンパ濾胞増殖症などである。


治療法としては、内科的治療は基準薬である5-アミノサリチル酸製剤と、副腎皮質ステロイド剤を用います。多くの症例では、これらで緩解導入と緩解維持が可能であるといわれています。一部の症例では増悪や度重なる再燃を経験するため、アザチオプリンや6-MP、注腸製剤の工夫、白血球除去療法、シクロスポリンを使用する場合もあります。

外科的治療としては、全結腸除去,直腸粘膜除去,回腸肛門吻合術などが施行されているようです。外科手術は、内科的治療に反応せず改善がみられない、あるいは症状の増悪がみられる場合などには手術適応を検討するようです。絶対的適応としては、
1)内科的治療が奏効しない重症・激症例,中毒性巨大結腸
2)穿孔例
3)大出血
4)癌化例

などです。相対的適応としては、
1)再発・再燃を繰り返し,社会的生活が損なわれるもの
2)大量の副腎皮質ステロイドを持続的に投与しなければ病勢をコントロールできないもの
3)発育障害を有する小児例

といったケースです。

若槻さんが、果たして本当に治療目的で渡米しているのかは分かりませんが、休業中にしっかりと静養していただきたいと思われます。

【関連記事】
有名人の症例集

東国原知事 甲状腺腫瘍の検査結果、良性だった