メラノーマ(黒色腫)は、さながら「みにくいアヒルの子」のように、ほかの良性のほくろ(色素性母斑)とは著しく異なる外観を示すものであると米メモリアル・スローン・ケタリングMemorial Sloan-Kettering癌センター(ニューヨーク)の研究グループは報告している。メラノーマは早期発見できれば外科手術により治療することができるが、良性のほくろと区別するのが難しいことがある。
 
今回の研究では、色素性病変専門医8人、一般皮膚科医13人、皮膚科看護師5人、非臨床医療従事者8人の計34人に、12人の背中の写真を評価させた。この12人にはいずれも、形の不均一なほくろが8個以上あり、このうち5人にはメラノーマ病変が1個あった。参加者に写真を見せ、ほかのほくろとは異なって見える病変を挙げるよう指示したところ、5個のメラノーマ病変がすべて挙げられ、良性のほくろでこれに当てはまるとされたのは140個中わずか3個(2.1%)にとどまった。

悪性メラノーマについては、参加者の少なくとも85%が異常であると判断したのに対して、良性病変を異常と判断した比率は最大で76%であったという。明らかに異常に見えるとされた病変は4個で、いずれも悪性メラノーマであった。色素性病変専門医はメラノーマを100%特定できたのに対して、一般皮膚科医は89%、看護師は88%、非臨床医療者は85%であった。

この知見から、外観の違いを見ることがプライマリーケア医(家庭医など)によるスクリーニング方法として有用であるほか、自己チェックにも役立つことが示されると研究グループは述べている。この研究は、医学誌「Archives of Dermatology」1月号に掲載された。
(メラノーマは独特の外観で発見できる)


「メラノーマ(悪性黒色腫)を疑わせる所見」の特徴の覚え方として「ABCDE」というものが有名であると思われます。これは、
A:asymmetry 非対称性
B:borderline irregularity 辺縁が不規則
C:color variegation 色調が不規則
D:diameter enklargment 直径6mm以上
E:Elevation of surface 表面隆起

−というもので、それぞれの項目の頭文字を集めて「ABCDE」と覚えるわけです。ちなみに日本で考案された覚え方としては、「イロハ」というものがあるようです。これは、イロ(色)とハ(幅)が重要なチェック項目であるということを示しています。

そもそも、メラノーマは、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトが癌化によって生じる悪性腫瘍です。多くは黒褐色の病変として皮膚に生じてきます。ホクロと似た形状であるため、「大きくなってきているけど、ホクロだろ?」と放置してしまうケースがあり、その間に進行してしまい、問題となります。

国内で年間1,500人から2,000人が発症し、転移すると90%が5年以内に死に至るといわれている、と言っていました。転移を生じやすく、きわめて悪性度の高い腫瘍であることが分かるかと思われます。

ちなみに、皮膚以外にも口腔・鼻腔粘膜、脈絡膜、脳軟膜からも発生します。頻度としては、世界的に増加傾向が著しいがんの1つであるといわれています。その誘因の1つに、過度の紫外線照射が挙げられています。

「子供は、外でお日様をいっぱい浴びて、元気に遊ぶべき」というのは、もはや過去の遺物のような話であり、勧められません。子供の内から、UVケアはするべきであると思われます。

日本では、末端黒子型とよばれるタイプのメラノーマが多いといわれ、四肢末端や手足の爪部に多いといわれています。ですが、最近では体幹や下腿に発症する表在拡大型が増加傾向にあるという報告もあります。

診断や治療としては、以下のようなことを行います。
診断で重要なのは、何といっても視診が重要です。黒褐色の病変をみた場合は、メラノーマを考える必要があります。一般的に、生検は禁忌であるといわれています。というのも、生検は腫瘍の播種を招くおそれがあるといわれているからです。

ですが、2週間居ないに拡大切除するなら問題ない、という意見が有力であり、疑わしい症例は最終的に治療を行う施設に紹介し、そこで生検を行うことが望ましい(ただ、生検を行う場合には全摘生検が望ましい)と考えられます。

治療としては、病期0〜靴任△譴亞芦陛療法が原則です。悪性黒子型や末端黒子型は臨床的に色素斑の境界がしばしば不明瞭なので、局所再発の頻度がほかの病型に比べ高いといわれています。故に、切除標本で組織学的に異型メラノサイトの範囲を確認することが重要です。

また、メラノーマは根治的外科手術を行っても再発や転移率が高いことから、術後補助療法(いわゆるアジュバント療法)を行うことが一般的です。遠隔転移を起こした進行期メラノーマの予後はきわめて不良であり、現時点では化学療法が中心です。

上記の結果から、
・悪性メラノーマについては、参加者の少なくとも85%が異常であると判断したのに対して、良性病変を異常と判断した比率は最大で76%
・色素性病変専門医はメラノーマを100%特定できたのに対して、一般皮膚科医は89%、看護師は88%、非臨床医療者は85%

ということが分かったようです。悪性度や進行が早いという点からすれば、できるだけ悪性を疑うという姿勢が重要であると思われます。ですが、その一方で「実はメラノーマじゃありませんでした」というものが多いのもやはり、問題でしょう。

やはり見落とさないように、皮膚科専門医にコンサルトしてもらう、といった慎重さをもつべきであるというような結果であると思われます。

【関連記事】
本当は怖い爪の筋−メラノーマ

本当は怖い爪の周囲の赤み−皮膚筋炎