長野県は12日、山ノ内町の旅館「天狗の湯」(関金四郎社長)にスキー研修で訪れていた福岡県の高校生ら男女161人がノロウイルスによる食中毒を発症したと発表した。

県が営業自粛を求めた後も旅館は愛知県の高校生を受け入れ、約90人の生徒が同様の症状を訴えていた。県は12日から4日間の営業停止とした。関社長は「当初の診断結果が風邪で、大丈夫だと思った。迷惑をかけて反省している」と話している。

県などによると、福岡県立三池高(大牟田市)の2年生ら280人が1月31日〜2月4日に宿泊した。その後、男女161人が嘔吐などの症状をみせ、一部の患者からノロウイルスが検出された。

県は4日、営業自粛を要請したが、旅館は5日、修学旅行の予約があった愛知県立愛知工業高(名古屋市)の2年生261人を受け入れた。同高によると、6日夕から生徒らに嘔吐などが始まり、約90人に食中毒のような症状が出た。同高は7日に日程を打ち切った。

県食品・生活衛生課は「ノロウイルスの危険性は講習会などで何度も説明している。状況を考えれば営業はしないはず」としている。
(高校生ら161人が発症 長野の旅館で)


食中毒というと夏や梅雨の時期のイメージがあるかもしれませんが、ノロウィルスを始めとしてウィルス性胃腸炎は、冬季に起こります。幼児にみられる嘔吐と白色便性下痢は、ロタウイルスによるものが多く、年長児・成人ではノロウイルスによるものが多いといわれています。

ノロウイルスは、昨年ではNTT東日本長野病院にて、入院患者や看護師など計25人が下痢や嘔吐などの症状を訴え、うち80代の女性入院患者が死亡したと発表されています。

また、栃木県では12月25日に学校給食で出たケーキを食べた児童、生徒と教職員98人が下痢などの症状を訴えた、と発表されています。12月始めにも、横浜市立藤が丘小学校で、児童が相次いで嘔吐や発熱などの症状を訴え、169人が欠席、36人が早退しているなど200人近くが感染してしまったとされています。

ノロウイルスは、急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種です。カキなどの貝類による食中毒の原因になるほか、感染したヒトの糞便や嘔吐物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染します。経口感染した胃腸炎ウイルスは、十二指腸から小腸にかけての腸管絨毛上皮細胞に感染し、発熱や嘔吐、下痢、腹痛などの胃腸炎症状を引き起こします。

上記のように調理する人や従業員などの手洗いが不十分で、ノロウィルスを蔓延させてしまう、ということが起こるわけです。もちろん、指導を待つ前に、ノロウィルス感染が疑われた場合は、その従業員は休業するべきであると考えられます。

症状の始まりは突発的に起こることが多く、夜に床につくと突然腹の底からこみ上げてくるような感触と吐き気を催し、吐いてしまうことが多いです。それも一度で終わらず何度も激しい吐き気が起り、吐くためにトイレのそばを離れられないほどだそうです。ちなみに、ノロウイルスでは、上腹部痛と激しい嘔吐を伴う頻度が高いといわれています。

無理に横になろうとしても気持ち悪くて横になれず、吐き気が治まった後は、急激且つ激しい悪寒が続き、さらに発熱を伴うこともある。これらの症状は通常、1、2日で治癒し、後遺症が残ることはありません。ただし、免疫力の低下した老人では、死亡した例(吐いたものを喉に詰まらせることによる窒息、誤嚥性肺炎による死亡転帰)も報告されています。

ノロウィルスの対処としては、以下のようなものがあると考えられます。
ノロウイルスに有効な抗ウイルス薬は存在しません。下痢がひどい場合には水分の損失を防ぐために輸液などを対症療法的に用います。経口摂取できるのなら、スポーツドリンクなどで十分に水分を摂って休む、ということが重要になってきます。

特に注意したいのが脱水です。消化管では1日に約7〜8Lの水分が分泌されています。分泌された水分の多くは腸管で再び吸収され、残った約0.2Lが便として排泄されています。ですので、ひどい下痢の場合、消化管への過剰な水分分泌あるいは再吸収の障害により、体内から水分が失われ脱水となります。

軽症であれば、スポーツ飲料による経口補液を行い、重症であれば点滴が必要となります。腹痛が激しいときには鎮痙薬、嘔吐に対しては制吐薬を用います。ただ、止痢薬は体内の毒素や微生物を排出する機構を止めてしまうおそれがあり、使用は最小限度にとどめるべきであるといわれています。

ご家庭の場合ならば、予防としては、薬用せっけんを使った流水での手洗いと、一般家庭にもある塩素系漂白剤による食器やまな板などの消毒が重要です。特に、患者発生後には、感染の拡大を防ぐために、ウイルスを大量に含む患者の便や嘔吐物のついたものはしっかりと塩素系漂白剤などを用いて洗ってください。

上記のように、ノロウィルスは今後も流行する恐れがあると考えられます。お客さんに大きな被害が出る前に、然るべき措置をとっていただきたいと思われます。

【関連記事】
20人が食中毒 原因はサラダバー?

インフルエンザに関するまとめ