認知症のアルツハイマー病の発症には、脳にあるベータアミロイドというタンパク質が線維化してシミになる「老人斑」が不可欠とされてきたが、それがなくても発症することが分かったと、大阪市立大の富山貴美准教授(脳神経科学)らのチームが米専門誌に発表した。

線維化する前にできる「オリゴマー」と呼ばれるベータアミロイドの集合体が、アルツハイマー病を起こす“真犯人”である可能性を示す成果。オリゴマーの簡便な検出法が開発されれば、早期発見にも役立つのではないかという。

チームは、国内の少数のアルツハイマー病患者から、共通の特殊な遺伝子変異を検出。この変異があると老人斑ができないほか、ベータアミロイドのオリゴマーが形成されやすいことが分かった。
 
オリゴマーに、神経伝達を阻害したり、記憶障害などアルツハイマー病の症状の一部を起こしたりする作用があることは動物実験で示されていたが、人でも同様の仕組みが働くのかどうかは不明だった。
 
理化学研究所脳科学総合研究センターの高島明彦アルツハイマー病研究チームリーダーの話 「今回の患者に関しては、ベータアミロイド以外に、遺伝子変異でできたタンパク質が何らかの作用をした可能性が捨てきれないが、老人斑がなくてもアルツハイマー病が発症することが人で確認された意味は大きい。今回の患者と同じ遺伝子変異を持つマウスをつくって詳しく調べれば、新たな治療法の開発につながる可能性もある」
(老人斑なくても認知症に 大阪市大が初確認)


アルツハイマー病とは、初老期〜老年期に認知症を生ずる代表的な変性疾患です。記銘力障害、失見当識で発症し、中期には失認・失行のため、日常生活に支障をきたします。他にも、物盗られ妄想や徘徊、不眠などの周辺症状のため、介護負担が大きいことも問題となります。日本では、65歳以上での痴呆の約半数がアルツハイマー型痴呆とされています。

神経病理学的特徴としては、老人斑、神経原線維変化、神経細胞脱落などがあります。上記にもありますが、沈着するβ蛋白が発症に大きく関わっているといわれています。アミロイド前駆体蛋白(APP)から切り出されたβ蛋白が、神経細胞障害を起こし、神経細胞死や神経原線維変化が生ずる、と考えられています。

ほとんどが孤発性(遺伝性がない)のアルツハイマー病ですが、家族性アルツハイマー病では、APP遺伝子やプレセニリン1遺伝子、プレセニリン2遺伝子の異常などが認められます。

症状としては、以下のような3期に分けられます。
第1期(初期):進行性の記憶障害、失見当識、失語・失行・失認、視空間失見当がみられ、被害妄想、心気-抑うつ状態、興奮、徘徊などを伴うことがある。
第2期(中期):中等度から高度痴呆の状態。言語了解・表現能力の障害が高度となり、ゲルストマン症候群、着衣失行・構成失行、空間失見当などがみられる。
第3期(末期):精神機能は高度荒廃状態となる。言語間代(言葉の終わりの部分,または中間の音節部を痙攣様に何回もくり返すような発語障害)、小刻み歩行、パーキンソン様姿勢異常、痙攣発作などが出現する。

診断のための検査や治療法は、以下のようなものがあります。
当然のことながら、慢性進行性の認知機能の障害が、診断のポイントとなります。鑑別としては、まず慢性硬膜下血腫、脳腫瘍、脳炎、正常圧水頭症など治療可能な認知症を除外診断する必要があります。また、高齢者のうつ病や、せん妄に代表される軽度の意識障害で認知機能の障害を呈することがあり、これらとの鑑別も重要です。

検査としては、東部MRI写真で大脳のびまん性萎縮がみられます。大脳皮質の萎縮、脳室の拡大、海馬の萎縮が見られます。

治療としては、認知機能の障害を改善する薬物としてアセチルコリンエステラーゼ阻害薬とグルタミン酸拮抗薬があります。現在、日本で治療薬として認可されているものは前者の塩酸ドネペジル(商品名:アリセプト)があります。

周辺症状の治療としては、幻覚妄想やせん妄、徘徊に対しては抗精神病薬(リスパダールなど)、抑うつに対しては、抗コリン作用の少ない抗うつ薬(トレドミン、パキシルなど)、不眠に対しては、マイスリーなどの半減期の短い睡眠薬などを用います。

こうした薬物療法だけでなく、脳機能を活性化する非薬物療法(現実見当識を明確にするための心理療法であるリアリティーオリエンテーション、回想法、音楽療法、アニマルアシステッドセラピーなど)を行うことも重要です。デイサービスやホームヘルプサービスを利用してご家族など、介護者の負担を軽減することも大切な治療の1つとなります。

上記の研究成果の結果として、進行を遅らせる現状の治療だけでなく、根治療法が生まれてくることが望まれます。

【関連記事】
本当は怖い高血糖その2−アルツハイマー病

アルツハイマー病発症を抑制する「リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素」