営業事務のU子さん(当時32歳)の場合。1日ほぼ座り仕事で残業が多い労働環境。ある日、歩行も困難なほどの腰痛になる。医師の診断は「運動不足ですね」。筋肉が骨をサポートして体を支えているのに、筋肉が弱っていては骨に負担がかかり過ぎ、それが腰痛の要因だという説明を受けた。「運動不足が原因だとは夢にも思っていなかった」とU子さん。

筆者も、U子さんと同年齢の頃、パソコンを1日7〜8時間していた時期に腰痛になったが、その後は寝違えで首が痛み、重い肩こりも続き、マッサージに通ったもののひどくなるばかり。そして、ある朝これまでにない激痛に見舞われた。手を動かしても歩いても、痛みがビリッと背中から手に走り、首は回らず、座っているのもつらい。病院でレントゲンを撮って発覚したのは、頚椎のすり減り。普通なら高齢になってから出る症例らしい。さらに、頚椎が変形して前のめりになり、まっすぐになってしまっていると診断された。

これは「ストレートネック」といい、近年増えている症状。頚椎のカーブが正常なら頭部は頚椎でしっかり支えられるが、ストレートネックだと頭を首の筋肉で支えなければならず、筋力がないと骨に負担がかかる。筋力の弱い女性がなりやすく、パソコンやゲーム機、携帯を使う際、首を前に突き出し、前屈みになる姿勢を長時間続けることも一因だといわれている。同じ姿勢で座っている時間が長い、肩こりがひどい、首を後ろに傾けると痛い、頭痛がち、「猫背」な人は予備軍かもしれないので要注意だ。

大切な神経が集まっている首の不具合は、体にさまざまな不調を引き起こす要因になるともいわれる。最近でこそそうした情報が入ってくるようになったが、西洋医学では首が原因の病気はないとされ、長いこと医学の盲点だったという。これといった治療を施されなかったため、自分で調べ対処法を模索している人も多いようだ。

数年前の筆者も同様。ネットの掲示板で相談したある接骨院の院長さんによると、自分も首の骨の形状はあまりよくないが、筋トレをして鍛えているので痛みはないとのことだった。それを参考に、座りっぱなしの生活を改めなるべく歩くようにするとともに、プールで水中ウォーキング、スポーツジムでのマシントレーニングなどの運動を始めた。運動前後のストレッチも続けるうち、まず、以前ほど肩がこらなくなってきた。
(運動不足を甘く見ると痛い目にあう!?)


腰痛とは、そのままですが腰部(背中から殿部付近まで)に痛みを訴える状態を指します。患者さんは、「腰が痛い」「背中が重だるい」などと訴えます。

腰痛が引き起こされる原因としては、二足歩行をするヒトの宿命として、脊柱は絶えず負荷を受けることが関わっています。中でも椎間板が上下方向での大きな力を受け、比較的早期から変性や損傷が生じ、腰痛の原因となりやすいと考えられます(いわゆる椎間板ヘルニア)。

こうした生理的な理由に、老化に伴う脊柱変形、姿勢の異常(猫背であるなど)、筋力の低下(運動不足が大きく関わってきます)、高齢化社会に伴う骨粗鬆症の増加など、腰痛の原因はさまざまと考えられます。

職業上で原因となるのは、重量物の運搬や中腰姿勢での作業などがあります。腰椎に過大負荷をかけ、腰痛が起こります。また、最近ではIT化に伴い座りっぱなしでPCモニターの前にずっといるなどの疲労が、腰痛の原因となります。また、職場の対人関係の対立など、心理的要因も腰痛のリスクファクターとなりえます。

腰痛は症状名であって、病態や疾患の名称ではありません。そのため、まずは他臓器や他科疾患の除外が重要となります(原疾患があるのならば、そちらの治療を優先させる必要がある)。

診断としては、まず詳細な問診をとることが重要となり、安静の時にも腰痛があるのか、腹部大動脈瘤、子宮や卵巣の腫瘍、子宮内膜症や腎盂炎などが腰痛として現れることもあり、腰部以外の部位(腹部,生殖・泌尿器など)の障害の有無についても聞くことがポイントとなります。

必要な検査や治療としては、以下のようなものがあります。
まずは、腰椎単純X線撮影(前後および側面の2方向撮影)を撮ることが多いようです。ここからは腰椎配列の異常、骨棘形成などによる椎体変形や椎間板高の低下、骨粗鬆症、圧迫骨折、転移性腫瘍による骨融解像などをみることができます。炎症や感染症が疑われるときは、血液検査によって異常がないか調べます。

確定診断のためには、基本的には単純X線で脊椎骨折の診断がつきますが、疑わしいときはMRIやCT検査も行います。

MRIによって椎間板や椎体の輝度変化による変性や、炎症性疾患、椎間板突出による神経根や馬尾の圧迫、脊椎脊髄腫瘍の診断などを行います。CTスキャンによっては、脊柱管の狭小化や椎体の破壊の有無を見ることができます。

慢性腰痛に関しては、現在では社会復帰を治療の目標におくようになってきているようです。慢性腰痛症と診断が確定すれば、決して悪性疾患でないので、「腰痛とうまくつきあっていく」ことが重要になってきます。

治療としては、就業中に休憩を時間ごとにとって、その間にストレッチなどの運動をすることや、短期間の腰椎装具(コルセットなど)も有効です。患部の温熱療法(ホットパック,極超短波など)を行うこともあります。急性腰痛ではあまり効果がありませんが、慢性腰痛では腰痛体操なども勧められます。

薬物療法として非ステロイド系鎮痛消炎薬(NSAIDs)や筋弛緩薬が基本となります。心因性要素の強いで例では、患者に説明のうえ、抗不安薬や選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を処方することもあります。

座りっぱなしを止め(途中にストレッチを挟んだり)、姿勢の悪さを改善したり、PCモニターの位置などを変える(ノートPCのように下にあると、どうしても猫背になりがち)だけでも変わってくると思われます。まずはできることからやってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
生活の中の医学

PCの前に長時間座っている人へ 「腰痛予防」の方法