大腸(結腸)癌の多くはポリープから発生すると考えられているが、いわゆる非ポリープ型(平坦型または陥没型)の病変も癌になりやすいことが示され、米国医師会誌「JAMA」3月5日号で報告された。
 
米国退役軍人局パロアルト・ヘルスケアシステム(カリフォルニア州)のRoy Soetikno博士は、この知見を道路の横断になぞらえ、「人は通りを渡るとき左右を確かめても地面の穴に注意することはないが、医師はこのような穴も含めてあらゆるものに注意すべきことが今回の研究で示された」と述べている。

幸い、最新の大腸内視鏡検査技術を用いれば非ポリープ型病変の発見および切除が可能だというが、CT画像をコンピューターで再構築し、あたかも内視鏡検査のような三次元画像を提供するバーチャル(仮想)大腸内視鏡検査は、まだそこまで感度が高くないという。

これまで専門家の間では、非ポリープ型病変は主に日系人にみられるものだと考えられており、米国の医師はこのような病変を検出する訓練を受けていない。Soetikno氏らは、このような病変を高い確率で検出できるよう、日本の内視鏡検査施設の専門家により特別な訓練を受けた。

この最新の知識を用いて、研究グループは、標準的な大腸内視鏡検査が予定されていた退役軍人1,819人を対象に、非ポリープ型病変を検出する検査を実施。参加者は平均64歳、95%が男性で、79%が白人であった。その結果、764人(42%)に1つ以上の病変が発見された。170人(9.35%)に非ポリープ型病変があり、81人にはポリープと非ポリープ型病変の両方が認められた。

一般のスクリーニングでポリープが見つかる確率は約30%で、非ポリープ型病変が発見される確率の5倍の高さだというが、今回の研究では、非ポリープ型病変が癌性である確率(odds)がポリープの9.78倍と、非常に高いことが判明した。

一般に、非ポリープ型病変は内視鏡検査時に切除できるが、検査を受けた施設にその技術がない場合、再度処置を受ける必要がある。また、病変が完全に平坦な場合、より熟達した施設で除去を受ける必要があるとSoetikno氏はいう。この知見は大腸内視鏡検査の有用性を否定するものではなく、「十分な訓練を受けた内視鏡技師による高度な検査の必要性を強調するものである」と付け加えている。
(非ポリープ型大腸病変も癌になりやすい)


大腸癌とは、大腸(結腸、直腸)粘膜に発生する悪性腫瘍のことを指します。癌がどれだけ深達しているかにより、粘膜下層までの早期癌と、固有筋層より深部に達している進行癌に分けられます。

大腸癌の中では、直腸癌が大腸癌全体の約40%と最も多く、次いでS状結腸癌に頻度が高くなっています。男性に多いといわれ、40歳以上に多く、50〜60歳台に最も高率であるとのことです。

食生活と深い関連があると指摘されており、大腸癌の発生率は西欧食の特徴である高脂肪・高蛋白、かつ低線維成分の食物と正の相関関係にあると考えられています。

その理由として、高脂肪・高蛋白食は、消化管を通過するうちに胆汁酸や腸内細菌などによって、発癌性をもった物質に転換されると言われ、一方、高繊維食は糞便量を増やし、その大腸内通過を速めるために発癌率が低いと考えられています。

こうした癌の多くは、ポリープを経由して発生します。ですが、上記のように表面型と呼ばれる非隆起型病変から発生するものもあります。腺腫から癌に発育・伸展するためには、複数の遺伝子異常の蓄積が必要であることも明らかになっています。

大腸ポリープとは、大腸粘膜の限局性の隆起性病変を漠然と指しています。あくまで、肉眼的な限局性隆起の総称です。組織学的な性状を規定しないため、良性(腺腫、過形成性ポリープ、若年性ポリープ、炎症性ポリープなど)であったり、悪性(癌腫、悪性リンパ腫など)の場合もあります。

一般的には、ほとんどが良性疾患を指して用いられることが多いようです。年齢とともに腫瘍性ポリープの発生頻度は増し、40歳以上では約15〜20%といわれます。

ポリープが発見されたときの診断手順として、内視鏡や生検組織所見などから腫瘍性か非腫瘍性か、良性か悪性かを診断します。そして、次に内視鏡治療が技術的に可能かどうか、根治可能か否かを診断します。

ポリープと癌化の関連性としては、以下のようなものがあります。
大腸ポリープのうち腫瘍性ポリープである腺腫は、悪性化ないし癌合併の頻度が高いため、原則として治療する必要があります。また、非腫瘍性ポリープは悪性化しませんが、癌化ないし癌合併することがあり、大きくなると出血したり腸重積を起こす可能性があるため、治療の適応となることがあります。

一般的にポリープの大きさが増すと、腺腫の一部に癌を伴った腺腫内癌や、大部分が癌で一部に腺腫を伴う癌が認められるようになります。腺腫の一部に癌を合併する頻度は、絨毛腺腫で80%、腺管腺腫で10%程度といわれ、癌化傾向があると考えられています。

大きさ別には、1cm 以下では1%前後ですが、1〜2cmでは約10%、2cm以上では40%以上の癌の合併率が報告されています。

大腸ポリープに特徴的な症状はなく、腹痛や便通異常などの他疾病に伴う症状や、検診などを契機にX線検査や大腸内視鏡検査を行って発見されることが多いです。ポリープから出血することもありますが、大量出血や黒色便をきたすことは稀です。

診断は、注腸X線検査または内視鏡検査により行われます。注腸X線検査では、充盈像、圧迫像では陰影欠損として認められますが、小さいものでは描出は困難です。二重造影像では、有茎または無茎の腫瘤陰影として認められます。内視鏡検査では、有茎、無茎の腫瘤として認められます。

癌に移行しやすい消化管ポリープには、多発性のものや、径が2cm以上のものであるといわれていました。ですが、上記のように非ポリープ型病変が癌性であるオッズ比がポリープの9.78倍と、非常に高いことが分かったようです。しかも、非ポリープ型病変は主に日系人にみられるものだとのことなので、切実な問題となると思われます。

非隆起型の大腸腫瘍の総称を、表面型大腸腫瘍といいます。良性腺腫、早期癌を含んでいます。通常の大腸腺腫、早期癌特に粘膜内癌は隆起型ですが、隆起を呈しない腫瘍性病変の存在することが確認され、表面型大腸腫瘍と呼ばれるようになりました。

分類としては、わずかに隆起している表面隆起型(a型)、まったく平坦な表面平坦型(b型)、陥凹している表面陥凹型(c型)に分けられ、特に表面陥凹型は癌との関連性で注目されているとのことです。

【関連記事】
腫瘍にまつわるニュースまとめ

食道癌のリスクファクターの一つに、肥満が?