体脂肪計は、文字通りに体内に占める脂肪の割合(体脂肪率)を測定する道具だ。家庭向けの体脂肪計では、微弱な電流を体に流して体内の水分量の測定から体脂肪率を測定する「インピーダンス法」と呼ばれる測定法が用いられる。もう少し詳しく説明しよう。

人間の体は、血液など水分を多く含む組織は電気を通しやすいのに対し、脂肪は電気を通しにくい性質を持っている。体脂肪計は、体に電気を通したときの電気抵抗(インピーダンス)の大きさを計測し、体脂肪率を割り出している。

体脂肪計は、足ではかるタイプと手で握るタイプの2種類に大別できる。足ではかるタイプは、足で極板の上に乗り(または手で極板を持ち)、その極板に電流を流して人体のインピーダンスを求め、体脂肪率を測定する。

インピーダンスとは、交流回路における電圧と電流の比で、一般に複素数で表される。実部を「レジスタンス(抵抗成分)」、虚部を「リアクタンス」 と呼んでいる。言葉だけを聞くと難しく思えるかもしれないが、直流におけるオームの法則の電気抵抗に相当するものだ。

ただ、人間は複雑な構造をしているので、体内の電流の流れは一様ではない。よって、体脂肪計で計測した脂肪率は、必ずしも正しい数値であるとは限らない。とくに水分率や骨密度が標準的な人と大きく異なると、体脂肪計で測定した脂肪率と、本当の脂肪率との差が大きくってしまうのだ。

具体的な例をあげると、人間は子供の頃のほうが水分率が高いので、成長期の児童は体脂肪計での測定には向かない。さらに高年齢者や閉経以降の女性、妊婦、人工透析患者、スポーツ選手、むくみ症の人、骨粗鬆症の人、発熱中の人、激しい運動をした直後の人、極度の脱水症状の人などは、体脂肪計で正しく測定できないとされている。

よく知られているように朝起きた直後は水分が一様に分布しているが、夕方になると、水分は足のほうに移動している。そのために初期の体脂肪計は、朝に測定した数値は実際よりもやや高め、逆に夕方はやや低めの数値を出したということもあったようだ。

各メーカーは、測定方法に独自の工夫を凝らしており、今日では測定誤差が少ない体脂肪計を提供している。一例をあげると、タニタは体の水分量と体に電流を通したときに発生する「リアクタンス」と呼ばれる抵抗に密接な関係があることを導き出し、1日の水分分布の変化できる体脂肪計を開発させた。

体脂肪率の進化は目覚ましく、最近では体重や体脂肪率だけでなく、筋肉量や骨量なども測定できる多機能な計測器「体組成計」も登場しはじめている。体重計の歴史に比べると登場間もない体組成計だが、昨今の健康ブームと相まって個人の健康状態を手軽にチェックできるアイテムとして注目を集めつつあるようだ。
(なぜ、体の中の脂肪量がわかるのか?「体脂肪計」)


体脂肪とは、その名の通り、全身体内の脂肪の総量を指します。

そもそも脂肪組織を形成する脂肪細胞は、以前は単なるエネルギーを蓄える貯蔵組織と考えられていましたが、最近では、TNFαやレプチンやアディポネクチンなどの種々のホルモンやサイトカインを産生・分泌し、糖・脂質代謝や血圧の調節に重要な役割をはたしていると言われています。つまり、単に「太っている」といった外見的な問題だけでなく、レプチンを分泌するなど、食欲抑制やエネルギー消費の調節に関与していると言われています。

また、量の程度や局在の部位・程度により健康を害することが考えられ(特に、脂肪組織のうち、皮下脂肪よりも内臓脂肪が重要な役割をはたしている、といったように)、過体重か肥満かの判定のために体脂肪率または体脂肪量やその分布を推定することは、健康を考える上で重要であると考えられます。

最近、特定健診・保健指導制度が始まり、メタボリックシンドロームに対する関心が以前と比べて高まっているのではないか、と思われます。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態をいいます。

内臓肥満をベースにした糖・脂質代謝異常や高血圧の合併は、動脈硬化をより促進し、脳卒中や心筋梗塞などの心血管系疾患を惹起する危険性を高めると考えられているため、その予防が重要である、ということで「特定健診・保健指導制度」なるものが開始されたわけです。

内臓脂肪型肥満とは、臍レベル腹部断面での内臓脂肪面積100cm²以上としています。ただし、内臓脂肪面積を直接測定する事は健康診断や日常臨床の場では容易ではないため、腹囲の測定により代用し、男性85cm以上、女性90cm以上を内臓脂肪型肥満と診断しています(国際的にみても、男性の方が厳しい基準となっているのは日本だけで、数値に関しては議論となっていますが)。

こうした状態の改善には、以下のようなものがあります。
やはり生活習慣と大きな関連があるので、生活習慣の改善が最も重要となります。食事や運動療法による減量により、血糖や中性脂肪濃度が低下し、血圧も低下してきます。結果、内臓脂肪も減少することになります。もちろん、一般的に言われている減塩指導(食塩摂取量は6 g/日以下)、節酒・禁煙も重要となります。

それぞれ患者さんの状態もあるので一概にはいえませんが、高脂血症が主体となっていたり、糖代謝異常(高血糖)が主体になっていたり、高血圧が問題になっている場合でやはり対応も異なってきます。

脂質代謝異常、とくに中性脂肪高値が主体の場合、フィブラート内服などが行われます(ただ、本剤投与中、急激な腎機能の悪化を伴う横紋筋融解症が現れることあり、腎機能低下例などでは使用できません)。フィブラートは、主に血中TG濃度を低下させ、かつインスリン抵抗性の改善作用も合わせもち、降圧にも働くと考えられています。

高血圧が主体の場合では、インスリン抵抗性を改善するACE阻害薬、アンジオテンシン脅容体拮抗薬(ARB)、長時間作用型Ca拮抗薬、α1遮断薬、血管拡張性β遮断薬を選択します。これらの内、インスリン抵抗性を改善するACE阻害薬・長時間作用性Ca拮抗薬・ARBは、利尿薬・β遮断薬やプラセボに比べて、糖尿病の新規発症率を14〜34%減少させたという報告もあるようです。

糖尿病であれば、ビグアナイドやチアゾリジンなどのインスリン抵抗性改善薬により血糖をコントロールします。これらの薬剤では、中性脂肪濃度や血圧の低下も期待できると考えられています。吸収阻害薬も食後血糖を低下させ、インスリン抵抗性を改善すると言われています。

肥満は、単に外見的な問題だけでなく、疾患とも大きな関連性を持っています。生活の中で改善することは、疾病予防につながる、という意識が重要であると思われます。

【関連記事】
男性のメタボ基準、厳しすぎる?学会で検討

メタボ男性は医療費が年2.5倍に