以下は、最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学で扱われていた内容です。

2007年12月、病院で検査を受け、「僧帽弁閉鎖不全症」であることがわかったS・K(30)さん。地元の医師は、ここまま放置すれば命に関わる可能性も高いと判断。彼女に手術の必要を告げました。

通常、この病は胸を20僂曚紐き、そこから直接心臓にメスを入れ、痛んだ僧帽弁を正常に機能させる手術が一般的です。S・Kさんもその手術を勧められましたが、胸を切りたくない彼女は思い悩みました。そんな時、S・Kさんは、画期的な治療法「ポートアクセス心臓手術」と出会ったのです。

執刀されたのは、慶應義塾大学医学部外科学教授である四津良平先生です。

「ポートアクセス心臓手術」とは、右胸の一部を約6cmほど切開するだけで行なう手術です。

心臓外科手術では、胸部前面中央にある胸骨を縦に切開し心臓に到達する胸骨正中切開法が標準的術式で、ほとんどの症例で用いられています。ですが、この方法では喉元からみぞおちにいたる20cmほどの切開を必要とし、患者さんへの肉体的負担やその後、手術痕が残るという精神的な負担がありました。

ポートアクセス心臓手術では、肋骨と肋骨のすき間を利用し、その小さな穴から心臓にアプローチします。肉体的負担が少ないばかりでなく、傷跡も目立たないため、患者さんの精神的負担も軽減されます(もちろん、ポートアクセス法が困難なときには、胸骨正中切開ができるよう準備します)。

しかし、この時、従来の手術にはない困難も伴います。それは、患部から穴の入り口までが20cm以上離れているため、全ての作業を20cm先で行わなければならないということです。そのため、離れた場所でも作業がこなせる特殊な器具が不可欠であり、四津先生は、これまで離れた場所での作業を可能にする「ノットプッシャー」といわれる器具の開発・改良に努めてきたそうです。

具体的な流れとしては、以下のようなものでした。
3月28日、ついに手術の時がやってきました。S・Kさんの心臓は僧帽弁を支える腱索が伸びきってしまい、弁の位置がずれていました。この腱索を正常に機能させなければなりません。

そこで、まずは右胸をおよそ6cm切って、心臓へアプローチします。皮膚切開は右乳腺下の通常第4肋間で、約5cm程度で行ないます。女性患者では術前に起立した状態で右乳房の下縁にマーカーラインを付けておき、そのラインを切開線としているとのことです。

次に心臓の動きを止める必要があるため、全身に血液を送る大動脈を遮断し、同時に心臓と肺の役割を担う人工心肺装置を稼動させます。こうすることで心臓を通さず、全身に血液を循環させることができます。人工心肺の回路は末梢からの体外循環で行い、通常は右大腿静脈から1本の脱血カニューレ(1本脱血)を経皮的に挿入し、脱血カニューレ先端を上大静脈にまで経食道心エコーのガイド下に押し進める、という方法をとるそうです。

その後、穴の入り口から20cm先にある心臓にメスを入れ、僧帽弁へ達します。そこでまずは正常な腱索の長さを正確に測ります。そしてその長さに合わせ、丈夫な化学繊維を使った人工腱索を作成。これを伸びきった腱索の代わりに、乳頭筋と呼ばれる部分と僧帽弁に縫い付け、弁を正しい位置に引き戻します。

ポートアクセス手術で最も高い技術が要求されるのがこの時だそうです。なぜなら人工腱索が縫い付けられる乳頭筋も僧帽弁も非常にもろく、ほんのわずかでも力の入れ具合を間違えれば、傷ついてしまうから、とのこと。しかも作業は全て20cm先となっています。

午前10時15分手術開始となり、その4時間半後に手術は無事終わりました。S・Kさんの心臓は再び動き始めました。弁のギクシャクした動きも消え、逆流は全くなっていました。5日後、手術後はじめて胸の傷あとを確認したS・Kさん。傷は乳房を持ち上げなければ見えないほどでした。

外科侵襲の軽減は、このように手術創が小さくなるという美容的な面とともに、早期退院、ひいては医療費削減に貢献すると期待されています。患者さん、特に女性では精神的負担となる傷跡が小さくなる、というのは非常に大きな意味あることであると思われます。

【関連記事】
本当は怖い家庭の医学 症例集

本当は怖い息切れ−僧帽弁閉鎖不全症