膵臓がんの手術を受け、今も闘病生活を続ける作家の栗本薫さん(55)。もともと多作で知られる栗本さんですが、入院後も計5冊の本を書き上げ、多作ぶりは健在のようです。病気になって、「生活で無駄な部分をそぎ落とすようになった」という心境の変化は執筆活動にも反映。「量は減っても、物語の展開は速くなった」と自己分析しています。

手術は成功して、悪いところは一応そのときは取れました。胃と小腸が直接つながるなど、内臓の編成はかなり変な状態ですが、食事もまあまま大丈夫。あとは抗がん剤の治療が始まったとき、白血球が減少する危険があるというので、5月の2日まで入院しましたが、まあまあ元気です。そんな訳でまたばりばり書いています。

さすがに病気になる前と比べ、1日で書ける分量そのものは落ちました。以前は多いときなら1日に(四百字詰め原稿用紙に)100枚書いてしまうこともありました。乗ってくると止まらなくなってね。それが体調をくずす原因にもなっていたのです。今は体がストップをかけるので、一番多くて1日50枚くらいになりました。その代わりと言っては何ですが、ストーリー展開が速くなりましたね(笑)。

今回の病気ではいろんな心境の変化があり、それが小説にも反映しました。今までは、もう少しもう少しと話の展開を引っ張る悪い傾向があったんですが、病気になってからは前より少ない枚数で話が進んでいる気がしますね。

分量は減っていると言っても、ずいぶん書いています。12月に入院してから今まで、エッセーも含めて5冊書きました。「グイン」が3冊で推理小説ものが1冊。あとは、今回の病気のいきさつをつづった闘病記です。

闘病記は手術が終わって数日後から、集中治療室のことを思いだしながらメモを取り始め、2週間後からは病室にパソコンを持ち込んで、ベッド上の机で書き始めました。その後何回かの入院でも、パソコンを持ち込んでいます。

乳がんの時もそうでしたが、こんな経験をしたからには、「モトを取らずにおくべきか」というか、「絶対書いてやる」という気持ちになってしまう。闘病記はもう書き上げて、夏ごろに出版される予定です。

抗がん剤の副作用があって、あまり書けずにぐったりしている日もあります。でも私はありがたいことに副作用が軽い方らしく、いい吐き気止めがあるのも手伝って、ずいぶん楽です。本当に医学の進歩はすごいなあと思います。膵臓がんの5年生存率自体、以前よりずいぶん上がったと聞いていますし。

あと何年であれ、生きている限り小説は書いていきたいなと思っています。だから、生きているなら健康でありたいと。ただ長生きするだけというのには、あまり意味がないように、私には思えます。小説をベッドでタイプするしかできなくても、手と頭だけは動いてほしいなあと思います。
(作家・栗本薫さん、「膵臓がん」を語る(下))


膵癌は、外科的切除が治療の原則となります。根治性が最も期待される治療は外科的切除術であり、可能な場合は積極的に切除されます。膵癌根治を目的に、外科的切除術、放射線治療および化学療法が応用されます。

発生部位により、膵癌は
∞稿部癌
∝溝良癌
g紅部癌(↓を合わせて膵体尾部癌)
ょ港澗隆

に分類されます。

膵頭部癌に対しては、一般的に第2群のリンパ節郭清を伴う膵切除術が行われます。さらに、後腹膜・大動脈周囲リンパ節や神経叢の広範囲郭清を伴う拡大郭清の手術も行われます。膵体尾部癌に対しては遠隔転移、高度リンパ節転移、周囲血管浸潤がなければ、膵体尾部脾切除術を行います。

化学療法としては、膵癌に対して確実に治療効果を示す抗癌剤は今のところないといわれています。Low dose FP療法(5-FU+低用量CDDP)や、Gemcitabine(商品名:ジェムザール)を基本薬剤として、GEM+5-FU、GEM+epirubicin、GEM+CDDP、GEM+TS1の併用療法が行われ、比較的高い奏効率が報告されています。

また、放射線療法が行われることもあり、術中照射、術後の体外照射など合計50グレイを照射します。最近は少量の化学療法とあわせた放射線化学療法が広く行われています。

他に必要となる処置としては、以下のようなものがあります。
膵癌では、上腹部痛や背部痛などが起こります。疼痛は随伴性膵炎による場合と、神経叢浸潤による場合の大きく2種類があります。随伴性膵炎では軽度で一過性であり早期診断の手がかりとなりえますが、後者の場合は進行性です。これらの痛みは前屈位で軽減するという特徴があります。

疼痛に対して通常の鎮痛薬などでコントロールできない場合には、腹腔神経叢ブロックを行い、効果が不十分の場合にはモルヒネを使用します。

黄疸は頭部癌では比較的早期に、体尾部癌では進行期に出現してきます。膵頭部癌の約70%に総胆管膵部の閉塞による黄疸がみられます。黄疸が起こると急速に進行し、改善することなく持続します。多くは皮膚そう痒感を伴います。膵頭部を貫通する胆管の近傍に発生した膵癌では、大きな発育を待たずに胆管を閉塞します。こうしたケースでは、切除可能なことが少なくありません。

こうした閉塞性黄疸に対しては、内視鏡的ドレナージ、経皮的胆道ドレナージ(PTCD)などを行います。進行期においては感染、DICなどに対する治療が必要となります。

根治困難な膵癌においては、こうした症状を寛解する目的で行う姑息的治療ないし対症療法も重要であり、外科的には、消化管や胆管閉塞に対して消化管の吻合術や内胆汁瘻造設術があります。

栗本さんは手術後に抗癌剤治療を行っているようです。無理をなさらないようにお気をつけながら、これからも多くのファンのために、書き続けて欲しいと思われます。

【関連記事】
有名人の症例集

乳癌に続き、膵癌を発症した−作家・栗本薫さん