岡山済生会総合病院(岡山市)は19日、乳がん検診の受診者の検体をがん患者のものと取り違えて、健康な女性の左乳房を全切除するミスがあったと発表した。

受診者を識別するための番号を、職員が誤って検体に記入したのが原因らしい。同病院は女性に経緯を説明し謝罪した。

同病院によると、乳房を切除されたのは岡山県の40代女性。昨年7月、乳がん検診を受け、触診では異常がなかったが、組織検査で「がんの疑いがある」と診断され、9月に切除手術を受けた。

ところが切除組織を詳しく検査して、がんでないことが判明。調べると、検査組織を乗せるスライドに記入された識別番号が、同じ日に検査を受けた別の受診者と入れ替わっていた。

がんと判明した別の受診者は後日、切除手術を受けたという。
(岡山の病院でがん患者と間違い乳房切除)


一般的な乳癌のスクリーニング検査としては、問診、触診、軟X線乳房撮影(マンモグラフィー)、超音波検査等が実施され、臨床的に疑いが生じると、生検が実施され組織学的診断により癌かそうで無いかが判別されます。

乳房の触診は仰臥位で、両手を頭の後ろで手を組み、肘を張って、胸を張るようにした体位で行います。乳癌の特徴的な触診所見は、弾性がやや乏しい硬い腫瘤として触知し、表面は粗いか凸凹で、周囲の乳腺組織との境界がやや不明瞭となります。

また、両側の鎖骨上窩と腋窩を触診し、リンパ節の腫脹の有無を調べることも重要です。リンパ節を触知した場合は、個数とともに、それぞれのリンパ節の大きさ、硬さ、可動性などを調べます。ただ、視触診は個人の能力により精度が著しく異なり、マススクリーニングとして精度管理が難しいといったことも指摘されています。

そこで、スクリーニング検査としては、超音波検査あるいはマンモグラフィーを行います。超音波検査では、正常の乳腺は皮膚の下のエコー輝度の低い脂肪に囲まれたエコー輝度の高い均一な像として描出されます。一方、乳腺に腫瘍性病変があるとこの組織構成が崩されて、低エコーの像として描出されることが多くなります。

マンモグラフィー(乳房X線撮影)とは、専用のX線撮影装置を用いて、乳房を強く挟んで撮影する画像診断の一種です。圧迫により、乳房内部の様子を鮮明に写しだすことができ、病変前後の乳腺を排除して撮影することができます。触知することのできない乳癌の発見や、乳房腫瘤の良悪性の鑑別、乳癌の拡がり診断などに有効であるといわれています。

マンモグラフィーでは、描出された腫瘤陰影と石灰化像から、その腫瘤の良・悪性を診断していくことになります。40歳以上に隔年のマンモグラフィ併用検診が勧告され、特に40〜49歳においては2方向撮影が推奨されています。

撮影方向としては、内外側斜位方向(MLO)、頭尾方向(CC)と内外側方向(ML)の3つがあります。ただ、いずれの方向でも乳房を挟みきれずに盲点となる部分があるので、診断の精度を高めるためには、少なくとも前2者の方向で撮影する必要があるわけです。

乳癌の典型的な像としては、放射状陰影(spicule)を有する不整形の腫瘤陰影で、周辺の透明帯(halo)を伴わないか、伴ったとしても不均一なものです。また、形状不整の集蔟した微小石灰化像は、乳癌を疑う所見となります。

マンモグラフィの読影所見を記載するときに、5段階のカテゴリー分類を用いることは、悪性度の評価を表すのに有用であるといったことがいわれており、検診および精密検査に広く普及しています。

ただ、こうした検査には以下のような欠点も指摘されています。
実は、マンモグラフィにおいて、高濃度乳房の多い若年者は、病変の検出が難しいといわれています。高濃度乳房とは、閉経前であるため、乳腺がまだ多く、そのためにレントゲン写真を見ても乳癌発見となる腫瘤や、石灰化が乳腺に隠れてしまってレントゲンに適していない状態です。

ですので、35歳以下の若い女性においては、マンモグラフィはあまり有効であるという報告は少ないといわれています。また、乳腺実質の量が多いため、若年者の乳房はしばしば結節様に触知され、触診での診断もまた、難しい場合が少なくないといわれています。

そこで、マンモグラフィで異常を検出できない場合でも、超音波検査は有用なことがあります。ところが、乳がん検診への利用には確固たるエビデンスはないというのが現状です。

こうした病歴情報や身体所見、超音波検査やマンモグラフィーの結果に基づき、腫瘍の存在が疑われたときには穿刺吸引細胞診へ進みます。診断は通常の細胞診と同様に細胞の異型度から、class (正常)から class (癌)の5段階で行われます。

方法としては、針付注射器で腫瘤を穿刺吸引し、スライドグラスに吸引内容を吹き付け、ただちにアルコール固定、Papanicolaou染色を行って検鏡します。この検査により、乳癌の確定診断が可能となります。

この穿刺吸引細胞診の際に、上記ニュースでは取り違えが起こったと考えられます。その後、術後の切除組織で癌ではなかった、と判明したようです。こうした取り違えは、非常に大きな問題となります。

健常な人が「癌である」と診断されてしまったり、またその逆のケースもあります。その結果、不要な治療を行うことになったり、適切な治療を受けられなくなってしまいます。

二度とこうした事態に陥ることがないよう、再発防止策を徹底的に講じていただきたいと思われます。

【関連記事】
乳癌の放射線治療期間が短縮可能に

「エックス線+超音波」有効か…乳がん検診12万人調査