以下は、最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学で扱われていた内容です。

定年後、趣味のソフトボールチームを楽しむなど第二の人生を満喫していたT・Tさん(71)。これまで一度も大きな病気にかかったことがないのが自慢でしたが、最近、おにぎりを食べようとした時など妙に口が開けづらいのを感じていました。

数ヶ月後、虫歯治療のために訪れた歯科医院でも口が大きく開かなかったT・Tさん。その様子をみた歯科医師は、「顎関節症」を疑い、大学病院の専門医を紹介することになりました。大阪歯科大学附属病院病院長の覚道健治先生による診察とMRI検査によって、T・Tさんを蝕む病の正体が明らかになりました。

その疾患名とは、「咀嚼筋腱・腱膜過形成症」と呼ばれるものでした。
咀嚼筋とは、物を咀嚼する際に下顎の運動を司る次の4筋を総称して指します。咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋の4つを指します。下顎骨を上方、前方および側方へ動かし、咀嚼運動に関与する筋肉です。

「咀嚼筋腱・腱膜過形成症」になると、4つの咀嚼筋と骨をつなぐ腱と呼ばれる硬い組織が異常発生。咀嚼筋を覆いつくし、筋肉の動きをさまたげるため、口が開きにくくなってしまいます。

T・Tさんの場合、咬筋の腱において過形成が起こり、その結果、口が2cm程度にしか開かなくなってしまいました。この疾患の厄介な点は、「口が開けづらい」という症状から、「顎関節症」と誤って診断されてしまう危険性があるということです。また、この疾患の原因は未だに不明であり、治療法も手術以外には現在の所ありません。

T・Tさんは、以下のような手術を受けられていました。
T・Tさんが受けた手術は、腱で固まってしまった筋肉と骨の間を切除し、残った健康な咀嚼筋で口の動きを代用させるというものです。T・Tさんは、手術のおかげで、2cmほどしか開かなかった口が5冂度まで開くようになっていました。現在では、以前のように大きく口を開け、食事が出来るようになったそうです。

実は、咀嚼という行為を一つとっても、非常に多くの筋肉が関わっています。
下顎の挙上(歯をかみ合わせる)は咬筋・側頭筋・内側翼突筋、下顎の前方移動は両側の外側翼突筋、後方移動は両側の側頭筋後部、下顎の磨臼運動は一側の内・外側翼突筋により、開口は主に頚部の舌骨筋群の働きによります。

こうした筋肉によるバランスや、神経(咀嚼筋は全て三叉神経第3枝[下顎神経]支配)により咀嚼は行われています。口の開けづらさや痛みを感じた場合、単なる顎関節症ではない可能性もあります。しっかりと病院において診察・検査することが必要であると思われます。

【関連記事】
本当は怖い家庭の医学 症例集

本当は怖い顎の痛み−顎関節症