TBS系の報道番組「NEWS23」のメーンキャスターとして活躍したジャーナリストの筑紫哲也さんが7日午後1時50分、肺がんのため東京都内の病院で死去した。73歳。葬儀は近親者のみで行い、喪主は妻の房子さん。後日お別れの会を開く。昨年5月、同番組で肺がんにかかっていることを告白。「がんに打ち勝って、また戻ってきます」と宣言し、闘病生活の傍ら、スペシャルアンカーとして番組にも時折出演していたが、1年半後に力尽きてしまった。

18年半にわたって夜のニュース番組をリードし、日本のご意見番的存在だった筑紫さんが、がんとの闘いの末、この世を去った。

筑紫さんは今月に入り、呼吸困難に陥るなど容体が悪化。がんは全身に転移し、手術は出来ない状態だったという。最期は都内の病院で家族にみとられながら、息を引き取ったという。

普段から喫煙していた筑紫さんは、昨年5月の健康診断で肺がんが発覚。同14日放送の番組で視聴者に「しばらく治療に専念したい。がんに打ち勝って、また戻ってきます」と報告し、番組を休養。闘病生活に入っていた。

その後も同7月の参院選などで、音声での中継に参加。同10月8日には147日ぶりに画面に登場し「約束通り戻ってきました。ほぼがんは撃退した」と“勝利宣言”。「たばこをやめざるを得ないし、少し太っちゃった」と照れ笑いし、髪の毛についても「抗がん剤の影響で2割ぐらい減っちゃった。上のところは付け毛なんですよ」と明るく語るなど、元気な様子だった。

それでも「がんは手ごわい相手。いつリターンマッチを仕掛けてくるか分からない」と慎重に話し、同12月からはメーンキャスターを共同通信社・前編集局長の後藤謙次氏(59)に託し、節目節目で番組に登場する「スペシャルアンカー」として番組にかかわっていた。

今年3月に番組を引退。8月11日に不定期の企画で、哲学者の梅原猛氏(83)と対談したのが最後のテレビ出演となった。
(筑紫哲也さん死去 闘病1年半、壮絶肺がん全身転移)


肺癌とは、気管支および肺実質から発生した上皮性悪性腫瘍で、一般にその生物学的特徴から、小細胞癌と非小細胞癌(主に腺癌、扁平上皮癌、大細胞癌からなる)に分けられます。肺癌は非小細胞癌(腺癌、扁平上皮癌、大細胞癌)が約85%、小細胞癌が15%を占めます。

日本の臓器別癌死亡率の1位(肺癌は男性で第1位、女性で第2位)であり、罹患率・死亡率は男性のほうが女性より高く、女性の3倍から4倍になります。年齢別にみた肺癌の罹患率・死亡率は、ともに40歳代後半から増加し始め、高齢ほど高くなります。肺癌は喫煙と深い関係があり、40歳以上のヘビースモーカーで血痰を訴えた場合は原発性肺癌を疑います。受動喫煙を考えて、職業や居住区、また家族歴で3親等内の癌の有無も念頭に置く必要があります。

病因は喫煙による影響が最も強く、発症危険率は喫煙本数と比例するといわれています。喫煙指数(ブリンクマン指数:1日に吸う本数 × 年数)が800を超えると肺癌の危険が高くなるといわれています。

肺癌の場所による分類としては、区域気管支より中枢側に発生したものを中枢型、末梢側に発生したものを末梢型といいます。中枢型には扁平上皮癌と小細胞癌が目立ち、男性例が多く、喫煙との関連が高いです。一方、末梢型では腺癌が目立ち、女性が比較的多く、喫煙との関連は低いといわれています。肺門型の肺癌では咳・痰などの症状が出やすいですが、肺野型では無症状・健診発見が多いです。

小細胞癌は、原発性肺癌の15%を占め、きわめて悪性度が高く、発見時にすでに遠隔臓器への転移や肺門縦隔リンパ節転移をみることが多いといわれています。重喫煙者で男性に多いです。化学療法や放射線療法に対する感受性が、他の組織型と比較して高いなど、非小細胞癌との相違点があるため、区別されます。

腺癌は、肺癌全体の約40%を占め、最も頻度の高い組織型です。女性肺癌の80%は腺癌であり、非喫煙者が多いといわれています。扁平上皮癌は、腺癌に次いで発生頻度の高い癌で、約35%を占めます。多くは重喫煙者で男性に多いといわれています。

扁平上皮癌は、腺癌に次いで発生頻度の高い癌で約35%を占めます。多くは重喫煙者で男性に多いです。発症部位は肺門部の主気管支や葉気管支に多く、気管支上皮を癌組織で置換しながら進展し、気管支内腔の狭窄や閉塞をきたします。特徴としては腫瘍の中心部は壊死を起こしやすく、空洞を形成することも多いです。

肺癌の症状としては、他の癌腫と同様に早期では無症状のことが多く、進行期になると多彩な症状を呈することになります。肺門型(気管が肺に入る入口付近)の肺癌では咳・痰などの症状が出やすく、肺野型(肺門から離れたところにできた癌)では無症状・健診発見が多いと言われています。また進展するにつれ喘鳴、呼吸困難をみることがあります。区域あるいは肺葉性の閉塞性肺炎を起こすこともあり、発熱、せき、痰などの肺炎症状を呈します。

胸郭内隣接臓器への浸潤、転移によるものとしては、胸痛や胸水貯留(原発巣の胸膜直接浸潤、癌性リンパ管症による胸膜リンパ流のうっ滞)、Horner症候群(交感神経圧迫による顔面の発汗、瞼の下垂、神経損傷のある側の瞳孔縮小などがみられる)、患側上肢や胸部の激痛、運動麻痺(Pancoast腫瘍)、横隔膜麻痺、不整脈、心タンポナーデ、上大静脈症候群などが起こります。

Pancoast症候群は、仝部から尺骨側へかけて(C8:T1脊髄神経根症状)の疼痛、⊂綮莇攬狃漫↓Horner症候群(縮瞳、眼瞼下垂)の3主徴を指します。肺尖部肺癌が肺外へ連続浸潤性に進展して、肋間神経、上腕神経叢、交感神経(星状神経節を含む)などに及ぶと本症候群を呈します。

上大静脈症候群(SVC syndrome)とは、上大静脈から心臓への還流がせき止められ、側副血行路形成が不十分な場合、静脈圧が上がり、上半身の静脈の怒張、顔面・頸部・上肢のうっ血、浮腫を生じます。頭痛感や顔面発赤、チアノーゼ、呼吸困難、異常呼吸、意識障害も発生します。肺癌の3〜5%に本症が発生し、特に小細胞癌で頻度が高いです。

胸郭外他臓器転移に伴うものとしては、脳や脊髄転移で悪心・嘔吐、構音障害、小脳失調、片麻痺、痙攣などが起こります。腹部臓器転移としては腹痛、脊髄転移では下半身の知覚運動障害、疼痛、失禁などが起こりえます。骨転移では疼痛が生じ、ペインコントロールが重要となります。

胸痛は、壁側胸膜、縦隔、太い血管への刺激で発生します。明瞭な限局性胸痛は、壁側胸膜や肋骨、胸骨への浸潤、あるいは転移を示唆します。脊椎や肋骨(背部)に浸潤、転移をきたすと背部痛を訴えます。

治療としては、以下のようなものがあります。
肺癌の治療法としては、主に3種類のものがあります。外科療法、放射線療法、抗癌剤による化学療法です。治療法の選択は、癌組織型、進展度(staging)、performance status(一般全身状態)、肺肝腎などの主要臓器機能、合併症の有無、により左右されます。

小細胞肺癌は、早期に転移をみることが多く、放射線治療の観点から一照射野か否かの基準として、「限局型」(limited disease; LD)、「進展型」(extensive disease; ED)の分類が用いられることが多いです。化学療法と放射線療法が基本となります。

小細胞肺癌の場合、鬼などのきわめて早期の場合のみが手術の対象となりますが、頻度的にきわめて少なく、手術後に抗癌剤による化学療法が必要とされます。放射線療法は、全身状態がよく、70歳以下で、限局型が対象であり、抗癌剤(シスプラチン +エトポシド)との同時併用治療が行われます。

放射線治療の総線量は50−55グレイです。1回1.5グレイの1日2回照射(AHF:accelerated-hyperfractionation法、加速多分割照射法)、総線量45グレイと化学療法の併用で良好な成績が報告されています。

小細胞癌は脳へ転移する場合が多く、LD症例で化学療法および放射線治療によりCRとなった症例では、脳へ転移するのを防ぐ目的で脳放射線治療(予防的全脳照射)が行われます。

また、小細胞肺癌では抗癌剤が有効で、多くの場合癌は縮小し、消失することもあります。ですが、小細胞肺癌は早くみつかっても既にほかの臓器へ転移していることが多く、治療がよく効いた後も再発する場合も多いです。現在、エトポシド、シスプラチン、カルボプラチン、塩酸イリノテカン、アムルビシンなどの薬剤が主に使われています。

非小細胞肺癌の場合、通常はI期からA期の一部が手術の対象となります(N2 症例に対する手術単独の治療成績は不良であり、集学的治療の対象)。ただ、心臓や肺の機能障害がある場合は手術ができないこともあります。

B期症例に対しては、プラチナ製剤を含む化学療法と胸部放射線治療の併用療法が標準であり、鹸は化学療法などが用いられます(ただし、治療意義は生存期間の延長と癌に伴う症状の緩和)。

非小細胞癌に対して用いられる主な抗癌剤は、シスプラチン、カルボプラチン、ネダプラチン、マイトマイシンC、ビノレルビン、イリノテカン、パクリタキセル、ドセタキセル、ゲムシタビン、ゲフィチニブなどがあります。これらの抗癌剤は単独で用いる場合もありますが(単剤療法)、2種類以上の抗癌剤を組み合わせて用いる場合が多い(併用療法)です。

非小細胞肺癌に対しては、上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害薬であるゲフィチニブ(イレッサ)が用いられるケースもあります。特に、
―性、肺腺癌、ヘビースモーカーでない人、ち歓半態のよい症例
に約30〜40%の奏効率が得られています。2,3週間で腫瘍縮小効果がみられることもありますが、重症に至る急性肺障害や急性間質性肺炎などの合併症が約5%発生することも指摘されています。

肺癌は臓器別癌死亡率の1位として、その克服が大きな課題となっています。筑紫さんの場合も、全身転移などを起こし、治療に難渋していたことが想像されます。詳しいことは分かりませんが、多くの辛い思いをしながら、闘病されていたのではないかと思われ、そのご苦労が悼まれます。

【関連記事】
有名人の症例集

食道癌、脳内出血…闘病の末、亡くなった赤塚不二夫さん