日本では2〜3人に1人が「がん」にかかる。働き盛りの患者も少なくない。東京大学が行ったアンケート調査だと、4人に3人が継続して働くことを望んでいる。がんになっても「管理職に就く」という目標をあきらめない女性。再発して、人生の終わりが見えた時、一層仕事に生きがいを見出すビジネスマン。仕事が生きたあかしだ、という叫びが患者から聞こえるのだ。

東京大学医療政策人材養成講座4期生(桜井なおみ班)はがん患者に、就労状況に関するアンケートを実施し、403人から有効回答を得た。回答者は働き盛りの40歳代がもっとも多い。

「がんになってもこれまでの仕事を続けたい」と答えた人は306人だった。実に4人に3人が仕事の継続を望んでいるという結果だ。また、現在は仕事をしていないという123人のうち、85%が「仕事をしたい」と答えている。

がん患者や遺族300人が所属する「どんぐりの会」の椚計子さんは、こう語る。
「最近の抗がん剤治療は通院ができるので、がんになっても仕事を続けている方はいらっしゃいます。治療を受けた後の3〜4日間はつらいですが、職場の理解を得て、そこを乗り越えれば働くことができます」会員の中にも働きながら、がんと闘う人がいる。

証券会社に勤めていた女性は30歳代で乳がんになった。上司だけにがんであることを知らせた。また、がんになってからも「管理職に就く」という目標をあきらめず、昇進試験に合格。42歳で亡くなるまで、管理職として勤めた。

自分のペースで働くことにした人もいる。東京都の保健師として働いていた女性は37歳で直腸がんになった。父親をがんで亡くしていたために、がんを当たり前のように考えていたことと、隠し事が好きではないという性格もあり、職場の全員に知らせた。女性は大学院を卒業しており、がんにならなければトントン拍子で昇進できる立場にあったが、「昇給しなくていい。ストレスをかけない働き方をしよう」と決めた。職場の理解もあり、仕事量が少ない部署に異動した。

前出の調査でリーダーを務め、NPO法人「HOPEプロジェクト」の理事長である桜井さんは、「人生の終わりが見えた時、仕事に生きがいを見出す人は多いのです。治療後に再発し、つらい心境にある人ほどその傾向にあります。働き盛りの人にとって、仕事はこれまで生きてきた証で、最後まで成し遂げたいと思うようです」と指摘する。

もちろん、経済的な事情もある。がんの摘出手術は100万円以上かかると言われている。国内で未承認だが海外で効果が認められている治療薬を使うには、全額自己負担になる。それに加えて生活費、住宅ローンの返済、子供の養育費など、生きていくのにかかる費用がもろもろあり、働かざるを得ないとも言える。

ところが現実には、雇用主の理解を得られず、依願退職したり、解雇されたりする人もいる。「働きたいと望む人が、がんを理由に仕事を奪われたら、精神的に相当大きなダメージとなります。育児休暇があるように、治療休暇を設けるなど、せめて5年程度、支援してもらえたら…」

現代日本で、2〜3人に1人が、がんになると言われ、20歳〜40歳代のがん患者は15〜20%存在する。企業にとっても経験を積んだ人材を失うのは痛手だ。治療をしながら働ける職場環境や休暇制度を企業は積極的に導入する必要があるのではないか。
(4人に3人「ガンでも仕事続けたい」 働き盛りの人には「生きてきた証」)


悪性腫瘍は、日本では1981年から死因のトップとなっています。平成19年人口動態統計の年間推計では、死亡数は第1位が悪性新生物33万6000人、第2位心疾患17万3000人、第3位脳血管疾患12万7000人と推計されています。やはり悪性新生物(がん)は死因として大きな位置を占めているといえるでしょう。

国立がんセンターによる、日本の日本の最新がん統計まとめによると、死亡数の多い悪性腫瘍は、男性で1位は肺癌、2位は胃癌、3位は肝臓となっています。女性では、1位は胃癌、2位は肺癌、3位は結腸癌(結腸と直腸を合わせた大腸癌では1位)となっています。男女あわせた順位では、1位は肺癌、2位は胃癌、3位は肝臓癌となっています(結腸と直腸を合わせた大腸癌は3位)。

男性では、40歳以上で胃癌、大腸癌、肝臓癌などの消化器系の悪性腫瘍の死亡が5割から6割を占めますが、70歳代以上になるとその割合はやや減少し、肺癌および前立腺癌の割合が増加しています。 一方、女性では40歳代では乳癌、子宮癌、卵巣癌の死亡が約半分を占めますが、高齢になるほどその割合は減少し、胃癌、大腸癌、肝臓癌などの消化器系の悪性腫瘍と肺癌の割合が増加してきます。

こうした悪性腫瘍による累積死亡リスクを算定すると、生涯でがんで死亡する確率は、男性で27%(4人に1人が悪性腫瘍で死亡する)、女性16%(6人に1人が悪性腫瘍で死亡する)となっています。

上記にも出ていますが、働き盛りの女性の罹患する癌の中で、乳癌は罹患率・死亡率とも第1位となっております。乳癌罹患者数は年間約4万人で、女性が罹る癌の中でトップであり、年々増加傾向にあります。年間死亡は約1万人で、罹患のピークが40〜50歳代にあります。

乳癌罹患者数は1970年の約3倍で、食事内容の変化(脂肪摂取量の増加や初経年齢の低年齢化などで)今後も増加し、2015年には年間約48000人の女性が乳癌に罹患すると予測されています。年々増加の一途をたどり、現在、年間約1万人が死亡しています。

乳癌はホルモン療法や化学療法への感受性があり、全身病としての認識が確立しています。ですが、治療はやはり手術が基本で、病期靴泙任量9割は手術療法の適応となります。

術後には、全身に対する補助療法を行うのが標準的な治療法です。間質浸潤がない乳管内癌はリンパ節を含め転移はないため、手術だけで治癒できますが、エストロゲン受容体(ER)陽性のことが多く、ホルモン療法を付加するのが一般的です。遠隔転移がある場合は全身療法を行いますが、局所の疼痛や出血、壊死により日常生活に支障をきたすような場合は、手術を行うこともあります。

最近では胸筋温存乳房切除術(非定型的乳房切除術および、乳房温存手術が主流となり、乳房温存手術が半数以上に行われています。

進行乳癌では、根治が期待できる全身状態の良いものに対しては術後治療に準じた根治的治療を行います。乳癌の組織学的悪性度(HER2/neu 遺伝子)、ホルモン感受性を調べたうえで、抗癌剤や内分泌療法剤、抗体[トラスツズマブ(ハーセプチン)]を使った乳癌標的療法などを組み合わせて治療します。

乳癌細胞の7割が女性ホルモン受容体を有し、癌の発育はホルモン療法に感受性があるといわれています。ホルモン療法には、ホルモン受容体拮抗薬(閉経前)やLH-RHアナログ(閉経前)、合成黄体ホルモン(酢酸メドロキシプロゲステロン)などがもちいられています。 

ホルモン感受性乳癌に対しては、術後5年間のタモキシフェン投与が有用であるといわれています。また、閉経前乳癌であれば、卵巣機能抑制療法が有用であり、LH-RHアナログが推奨されています。

直腸癌については、以下のようなことが言えると思われます。
大腸癌の中では、直腸癌が大腸癌全体の約40%と最も多く、次いでS状結腸癌に頻度が高くなっています。男性に多いといわれ、40歳以上に多く、50〜60歳台に最も高率であるとのことです。

食生活と深い関連があると指摘されており、大腸癌の発生率は西欧食の特徴である高脂肪・高蛋白、かつ低線維成分の食物と正の相関関係にあると考えられています。

その理由として、高脂肪・高蛋白食は、消化管を通過するうちに胆汁酸や腸内細菌などによって、発癌性をもった物質に転換されると言われ、一方、高繊維食は糞便量を増やし、その大腸内通過を速めるために発癌率が低いと考えられています。

治療としては、粘膜内に限局している場合には、内視鏡的ポリペクトミーが行われることがあります。ただし、粘膜下層に浸潤している疑いがあっても軽度であると判断した病変で、2cm未満の大きさであれば、内視鏡的摘除を行うこともあります。根治手術は、原病巣の切除とリンパ節の廓清が行われます。

行われる術式としては、一般的に
・Rs(岬角〜S2下縁…直腸S状部):高位前方切除
・Ra(〜腹膜反転部…上部直腸):低位前方切除
・Rb(〜恥骨直腸筋付着部上部…下部直腸):腹会陰式直腸切断術(Miles手術)

このように分類できます。肛門括約筋とともに直腸を切除する場合を「〜切断術」といい、肛門括約筋を残す場合を「〜切除術」といいます。故に、肛門に近い直腸がんや肛門にできた癌では、直腸切断術を行わなければならず、人工肛門を造設する必要が出てきます。

リンパ節転移があるStage郡の患者さんが術後補助化学療法の対象となり、手術後に5-FU/l-LV[アイソボリン]の6ヶ月投与が標準的に行われているようです。リンパ節転移のないStageI期、Stage挟について術後補助化学療法の有用性は明らかではないため、基本的には術後補助化学療法は行わず、無治療で経過観察をするようです。

根治的な手術が不可能な場合(切除不能進行・再発大腸癌など)は、化学療法の適応となります。UFT+経口LV+CPT-11を中心として、FOLFOX4(5-FU+ロイコボリン+オキサリプラチン)、FOLFOX6(5FU+l-ロイコボリン+l-オキザリプラチン)、FOLFIRI(アイソボリン+5-FU+イリノテカン)、5FU+LV(PRMI、de Gramont)、UFT+経口LV、UFTの選択肢があります。

また、アバスチンという新薬(昨年4月認可)もあります。アバスチン(一般名 ベバシツマブBevacizumab)は、血管内皮細胞増殖因子 (VEGF)という蛋白質を抑制するモノクローナル抗体です。

VEGFは、血管の細胞を増殖させる働きを持っており、VEGFの分泌が起こる部位に血管が伸びたり、新しい血管が形成されます。この現象を血管新生といいます。この血管新生とがんは深く関連しています。がん細胞は通常の細胞に比べて増殖速度が速く、多くの栄養分を必要とします。そのため栄養分を吸収するために、がん細胞はVEGFを分泌して血管をがん細胞のところまで誘導します。これを阻害するのが、アバスチンです。

治癒切除後は、3年終了までは3ヶ月ごとに、その後5年終了までは6ヶ月ごとに再発検索目的で検査を行っています。検査項目は、腫瘍マーカ(CEA、CA19−9)、腹部超音波検査またはCT検査、胸部単純X線検査(6ヶ月ごと術後7年まで)であり、大腸内視鏡検査は2年ごとに行います。直腸癌では、直腸指診(3ヶ月ごと)と骨盤CT(6ヶ月ごと)を追加します。

最近では、筑紫哲也さんや鳥越俊太郎さんの例にもあるように、癌と闘病を行いながらも社会的活動を続けるという方も多くなってきていると考えられます。しっかりと早期発見・早期治療を行う傍らで、仕事も続けられるという社会的な環境作りを進める必要があると考えられます。

【関連記事】
腫瘍にまつわるニュースまとめ

家族が膵臓癌などの難病になったら