以下は、最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学で扱われていた内容です。

編み物が趣味のK・Yさん(58)は、目のかすみや、遠くのものが見えにくいなどの異変が現れるようになり、近所の眼科から「白内障」と宣告されました。医師から手術は短時間で安全と聞いて、ほっと胸をなでおろした彼女。

手術も無事終わり、翌日、眼帯をはずすと、驚くほど目が見えるようになりました。しかし、術後の経過が良好な彼女は、3回目の健診をさぼってしまい、半月後から様々な異変に襲われ始めます。具体的には、以下のような症状が現れていました。
1)視野の中心が黒ずむ
視野の中心が黒ずんでいるようで、みえにくさを感じました。ところが、しばらくするとその症状は治まり、そのため彼女は特に気に留めませんでした。眼科にも受診をせず、様子をみることにしました。
2)視野の中心がゆがむ
視野の中心の異常を感じてしばらくして、ある日、視野の中心が混濁したように歪んでいました。両目では特に異常は目立ちませんが、片目でみると、明らかに歪んだようにみえます。

こうした異常がみられたため、S・Rさんは慌てて眼科を受診しました。そこで彼女に告げられたのは、「嚢胞様黄班浮腫」という疾患名でした。

嚢胞状黄斑浮腫とは、黄斑部の周中心窩毛細血管網、とくに血管網のより深部が障害された場合、内血液網膜柵に機能異常が生じ、毛細血管からの漏出液が主にヘンレ層(外網状層)に貯留したものを指します。

そもそも黄斑とは、眼底中央部の臨床的名称を指します。神経細胞に含まれるキサントフィル色素のために、死体眼や摘出眼で黄色味を帯びていることから命名されました。黄斑の中心部には窪みがあり、この部分を中心窩と呼びます。

中心窩の中心から直径0.5mmの範囲には網膜血管が存在せず、無血管領域となっています。このため光が直接視細胞に到達し、明所視における視力および色の識別能が最も良いといわれています。そのため、この部分が障害されてしまうと、視力低下がみられてしまいます。最悪の場合は、視野の中心にゆがみが残り、日常生活に重大な支障をきたしてしまいます。

嚢胞様黄班浮腫については、さらに以下のようなことがいえると思われます。
嚢胞様黄班浮腫は、白内障の術後合併症の代表的な病の一つです。手術を受けた人の50人に1人が発症しています。原因は、手術による眼球へのストレスであると考えられます。それがきっかけで、黄斑部に炎症がおき、むくむのだと考えられています。ですが、どういう人が発症するかは明らかではないため、手術後は誰もが注意すべき疾患です。

ちなみに、嚢胞様黄班浮腫の他の原因としては、膜静脈閉塞症、ベーチェット病、糖尿病網膜症、ニコチン網膜症、脈絡膜新生血管など、種々の毛細血管の透過性亢進に基づく病態に認められます。

K・Yさんの場合、白内障の手術後に炎症が続いてしまい、この疾患を発症してしまいました。でも、これは早期発見できれば、投薬治療により完治が可能。視野がゆがむという重大な後遺症が残ることはありません。だからこそ、医師は定期検診に忘れずに来るように言っていました。

白内障の治療では、術後の合併症を早期発見するために、手術から最低1年間は患者が定期健診を受けることを細かく設定しています。ですが、目の調子がよいからと勝手に自己判断し、定期検診を怠ってしまいました。これこそが、彼女が犯してしまった最大の過ちです。その結果、視野にゆがみが残るという最悪の事態をまねいてしまっいました。
 
白内障の手術は、わずか15分ほどで終わります。ですが、大切なのは実はその後の1年であると考えられます。その具体的な内容としては、まず水晶体の基底膜である水晶体嚢の角膜寄りのところを円形に切除し、ここから水晶体内容物(皮質・核)を超音波で破砕吸引しながら除去します。

中身のなくなった水晶体嚢に、プラスチック製の眼内レンズを挿入します。術後の屈折度数は、挿入する眼内レンズの度数によって決まります。左右眼の度数を調整し、軽い近視となるように選択することが多いです。

これらの手技は、点眼・テノン嚢麻酔など投与時の痛みの少ない麻酔で行うことが可能となっています。現在では、約2mm程度の手術創から手術を行うことが可能になり、早期から視機能回復が可能になっています。

ですが、わずかながらであるが視力低下例も存在します。術後も老眼・乱視が治らず、眼鏡や老眼鏡が必要になることもあることもあります。手術により近視を軽減したりすることも可能ですが、近視を完全になくすと近くが眼鏡なしでは、かなり見にくくなってしまいます。

こうした手術の利点・欠点などもあります。しっかりと眼科でフォローアップしていただき、異常を早期発見することが重要となります。

【関連記事】
本当は怖い家庭の医学 症例集

本当は怖い冷え−自律神経失調症