以下は、ザ!世界仰天ニュースで扱われていた内容です。

内海真知子さんは、1981年、北九州市に4人家族の次女として生まれた。小学校の頃から家族のもめ事の仲裁をする、とても面倒見のいい子供だった。「強くて頼れる真知子」、真面目で何でも目標を立てるタイプの彼女は、高校3年を迎える春休みのある日、予備校に通う友人の「夕食をオニギリ1個にしたら痩せた人がいる」の一言で、夕食を減らし始めた。

真知子さんはこの時153cm45Kgで、決して太っていたわけではないが、自分の外見に自身が持てず鏡も見ないほどだった。勉強でも何でもまず計画を立てて、その通りに実行していく性格の真知子さんにとって、体重が減るという事は、自分をコントロールしているという証で自信になった。友人からの「痩せた?」という言葉が何よりの励みとなり、体重は40Kgに減った。そして、食事を減らす行動はエスカレート。だが、体には異変が起き始めていた。以前、薬剤師をしていた母親が、「娘は拒食症だ」と確信し、注意をしても、真知子さんは反論。自分が痩せているという意識が全くなく、真知子さんは母親の言うことを聞かない。細くなった足を出すのが嬉しく、1Kg減るたびに自分が好きになる。大嫌いだった鏡もいつも眺めるようになった。そして、それは服装にも表れ、ノースリーブとホットパンツこれで予備校に通った。この時体重35Kg。友人たちは気を使って真知子さんの手足を隠したが、本人には、その意味が分からなかった。

高校3年生の10月、真知子さんは一足早く推薦で長崎大学教育学部に合格。母親は受験が終わったと同時に、真知子さんを心療内科に連れて行ったが、病院で真知子さんが「これからはきちんと食べる」ということを伝えると、栄養不良として点滴を打っただけで治療は終わってしまった。

その後、真知子さんは今まで予備校に行っていた時間をエネルギー消費にあて、ジムに通って、ひたすら体を動かしたが、すでに、激しい運動には体がついていかなかった。皮下脂肪があまりにも減少し、月経も止まった。だが、「煩わしさが減った」としか思わなかった。

両親や友人の心配をよそに、真知子さんはとにかく痩せていれば幸せだと思っていた。もっと自分ができることはないかと、「夕食は必ず6時までに食べる」というルールを作った。しかしこの頃になると、真知子さん自身、感情のコントロールが出来なくなっていることを感じていた。以前は料理が好きだったのに、食べ物をどう扱っていいのかが分からなくなり、食材に触れるのも恐かった。そして一人で食べると食べ過ぎるという不安から、必ず母親と一緒に食べた。

やがて真知子さんの体重が30Kg台前半になると、頭が働かなくなり、体力が落ちてよく眠れなくなった。そして、明日は何を食べようか、何なら太らず満足できるか?と、食事の事ばかり考えるようになった。

3月、高校の卒業式を迎えた真知子さんは、大学進学のため、実家を離れて一人暮らしをする予定だった。家族は一人暮らしをさせることを心配したが、真知子さんの強い意思を尊重し、一人暮らしの大学生活は始まった。

入学して1ヶ月後、大学での健康診断が行われた。しかし真知子さんは血液検査で血管が細すぎて血液が採取できなかった。そしてさらに衝撃的な事実が突きつけられる。「体重26Kg、体脂肪率3%」すぐに精神科医の元に呼ばれた。医師に入院を勧められるが、真知子さんは「絶対に4年で卒業したい」と頼んだ。

医師は「1週間で1Kg体重が増えれば入院しなくてもいいよ」と提案した。そんなことは簡単だと思った真知子さんだったが、いざスーパーに出かけてみると、買い物の仕方さえ分からず、母親に助けを求めた。駆け付けた母親はカツ丼を作ってくれた。なぜがすんなり食べきれた。久しぶりのお肉で、幸せな気分になれた。こうして測定当日、真知子さんは体重測定で何とか1Kg増やすことができた。ひとまず、これ以上体重を減らさない、という条件で入院は免れた。この時医師は「甘える事も優しさ、甘える事も勇気がいる」と、真知子さんにアドバイスをした。しかし、真知子さんは体重をまた1Kg戻すことしか考えていなかった。そんな姿に、両親は真知子さんを入院させる覚悟を決めた。

2000年5月、真知子さんは長崎大学付属病院精神科に入院。病院では、20代女性の一日当たりの基礎代謝と同じ1,200Lcalの食事をとることから始める事になった。そして、体重が32Kgにまで達すれば、退院させてもらえる約束を取り付け、真知子さんの「通学だけはしたい」という願いに、昼食は400Lcal摂ることなどを条件に、病院から通学する生活が始まった。だが、歩くこともままならず、何でもない段差でつまづき、階段は手すりを使わなくては上がれない。

入院して2週間、真知子さんの体重は一向に増えなかった。この時、担当医が女性医師に代わり、「体重が増えない真知子さんを学校に通わせることはできない」と伝えた。そしてある夜、寝返りを打つうち、ベッドから落ちてしまった真知子さんは、自力では這い上がれない程弱っていたため、看護師の巡回を待つ事しかできなかった。「こんな生活もう嫌だ」と思い、現状から回復するためには自分で自分を変えるしかないと考えた。その後、主治医と何でも話すようになり、食事の量も1,800Kcalに増やした。入院して2ヶ月後、真知子さんの体重が32Kgkgになり退院。すぐに食事の量を減らしたが、「減ったら入院」という医師の言葉のおかげで、かろうじて体重をキープしていた。

その後、大学の授業が始まると真知子さんは、一人の女性学生と知りあった。すぐに仲良くなり、二人は親友同士になった。ある時真知子さんは彼女に「自分は拒食症らしい」と告白。すると、親友は「見れば分かるよ」とあっさり言い、「私は健康的な状態の真知子を知らないけど、仲良くしているということは、今の真知子に何か魅力を感じてるのよ」と言ってくれた。

そして2001年4月、真知子さんと親友は、与論島への旅行を計画。1週間も体重を計らない生活、自由にならない食事…と、不安を抱えたままだったが、長崎から船を乗り継ぎ、与論島に到着した。その晩、真知子さんたちは、宿のおじさんに連れられ、島で唯一のラーメン店に行った。すると、宿のおじさんが味噌ラーメンを注文、サービスで、餃子やチャーハンなども出してくれた。真知子さんは戸惑ったが、人の善意を無駄にしないようにと苦しそうに食べている友人を見て、自分に出されたラーメンだけは必死で食べた。そして何とか一人前を食べ終え、店を出た瞬間、「今まで何をあれこれ考えていたのだろう… なぜ食べる事に関してなぜあんなにルールを作っていたのだろう」急にアホらしくなった。何より、初めて同世代の子に甘えて良いのだと気付き、気が楽になった。そこにいた真知子さんは今までとは明らかに違っていた。

ついに「拒食症」と向き合うことを決意した彼女は、与論島から戻った翌日、医師の元へ行き、完治するまでにどれ位の時間がかかるか聞いた。「本気で取り組んでも最低5年はかかる」と言われ、そこまで深い病だということを初めて知った。その後、真知子さんは母親や友人に支えられ、時間をかけて徐々に徐々に「昔の真知子」に戻っていった。大学は無事4年で卒業し、就職もし、そして2年前には結婚もした。真知子さんは「拒食症の恐ろしさを知って欲しい」と訴え、本も出版。

現在27歳の真知子さんを訪れると、そこには夫のために料理も作る真知子さんがいた。そして、拒食症に苦しむ人へ「頼れるところは全部頼れ」と真知子さんはアドバイスをくれた。


摂食障害は拒食や過食といった、食行動のコントロールが困難となる疾患です。思春期の女性に多いといわれています。神経性無食欲症(いわゆる拒食症)と神経性大食症(いわゆる過食症)の2つの病態に大きく分けられます。これほど性差や年齢も特徴のある疾患も珍しく、多くは10〜30歳代の女性に起こります。男女比はおよそ1:25であるといわれています。

ちなみに、単に一時的なストレスによる食欲不振などは除外されます。身体疾患では、\歐中枢の異常をきたす疾患(脳腫瘍など)、⊂嘆輯鐚栖機↓消耗性疾患(悪性腫瘍など)、て睚泌疾患など、精神疾患では統合失調症の被毒妄想などが鑑別上問題となる場合があります。

神経性無食欲症(拒食症)の方は、無食欲、やせ、無月経を呈し、活動性は亢進し、どんなにやせていても自分がやせているとは思わず(ボディ・イメージの歪みがある)、治療に対して拒否的である状態です。平たく言ってしまえば、「太ってしまうという恐怖があり(実際は痩せている)、栄養を摂るのに必要な食事を拒否してしまっている状態」と言えるでしょう。

神経性大食症(いわゆる過食症)の方は、短時間内(多くは夜間)に大量の食物をむちゃ食いする点に特徴があり、抑えがたい衝動によってむちゃ食いしてしまいます。また過食後も多くのケースでやせ願望や肥満恐怖があり、自己誘発性嘔吐や下剤の乱用などがみられます。

両者は正反対の病態のようにもみえますが、拒食症が過食症へと変遷したり、過食症が拒食症様の症状を呈したりします。両者は相互に移行したり重複したりし、連続性のある病態と考えられ、摂食障害として1つにまとめられます。両方とも、体重や体型によって自己評価が極端に左右されるという認知の歪みが認められる点で一致しています。

診断としては、以下のような項目が重要であると言われています。
”現狢僚鼎85%以下の体重減少
体重増加への恐怖心
ボディーイメージの歪み
ぬ儀邨弌塀薹亳紊僚子の場合)
で診断されます。

とくにDSM-犬砲茲訖巴粘霆爐任蓮
A.年齢と身長に対する正常体重の最低限、またはそれ以上を維持することの拒否(例:期待される体重の85%以下の体重が続くような体重減少;または成長期間中に期待される体重増加がなく、期待される体重の85%以下になる)
B.体重が不足している場合でも、体重が増えること、または肥満することに対する強い恐怖。
C.自分の体重または体形の感じ方の障害、自己評価に対する体重や体形の過剰な影響、または現在の低体重の重大さの否認。
D.初潮後の女性の場合は、無月経、すなわち月経周期が連続して少なくとも3回欠如する(エストロゲンなどのホルモン投与後のみ月経が起きている場合、その女性は無月経とみなされる)。
と記載されています。

神経性無食欲症の場合はやせており、一見してそれらしいとわかるため診断しやすいですが、過食症ではやせてはおらず、本人は過食していることを隠していることが多いため、自ら訴えないかぎり、周囲からの情報がないとわからないこともあります。

上記のケースのように、神経性無食欲症では、両親や周囲の勧めでしぶしぶ受診することが多く、病態の否認や治療への抵抗が強いです。また、心配する家族と摩擦を生じていることも多いです。

一方、神経性大食症の場合は過食に対して困っており、積極的に受診に至る例が多いです。ですが、すぐに治る、助けてもらえる、といった過剰な期待をもっているために、数回で中断する例も多いです。

治療としては、以下のようなものがあります。
まず、摂食障害はダイエットの行き過ぎや痩せすぎが問題になるのではなく、その背景に心理的葛藤が存在し、それが自らの体型や体重に置き換えられている、という認識が必要になります。

そのため、治療のゴールを体重の回復のように身体面の改善だけに置くのではなく、本人の自立を根気よく精神的に援助していく姿勢が望まれます。そして、治療は年の単位となるのが一般的で、患者さんだけでなく、周囲や治療者も焦らないようにする必要があります。

治療としては、標準体重の70%以下になれば原則入院療法を行います。そこで疾病教育や栄養教育が必要です。疾病教育では摂食障害に関する説明などをしっかりと行い、ボディ・イメージの歪みを直していく(太ってなどおらず、治療が必要だと病識を正す)必要があります。栄養教育では、小児期における成長に必要な栄養の重要性や、低栄養であるとどんな悪影響があるのか、といった理解を促します。

精神療法としては、個人精神療法、集団精神療法(心理教育も含む)、家族療法などがあります。個人療法では、受容的・支持的な態度をしめすことが重要となります。体重が増えると自信や自己存在が大きく揺らぐ不安に共感していきます。一方で、認知行動療法を用いて、体重や体型、食事に対する歪んだ認知の修正をはかることも行います。

身体的には、体重減少が著しい場合は、非経口的な栄養剤投与(鼻腔栄養、IVHによる高カロリー輸液など)が必要となります。ですが、患者さんの中には、その生命を繋ぐのに必要な栄養ですら、「太ってしまう…」とまるで毒物であるかのような感覚をもってしまうこともあるそうです。

身体状態が重篤な場合は末梢点滴や中心静脈栄養による体重増加を優先させます。重度の肝障害や電解質異常の場合、精神症状や問題行動が著しい場合には、入院治療が必要となります。また、神経性食欲不振症の無月経では、消退出血を起こす治療は貧血や体力の消耗につながるため、標準体重の70%以下の場合は行わないほうがよいと考えられます。

精神症状に対しては、対症的に薬物療法を行います。薬物療法はあくまでも補助的な手段ではありますが、うまく利用することのメリットもあります。抑うつや強迫傾向、不安などが強い場合ではデプロメール錠(25mg)やパキシル(10mg)などを用います。

患者さんは自分では病識はなく、「どうしてダイエットを邪魔するのか」ぐらいにしか思ってくれません。周囲の心配に反発することもあります。ですが、行き過ぎた拒食は明らかに健康を害するものです。是非とも一刻も早くこのことに気づいていただき、治療を行って欲しいと考えられます。

【関連記事】
仰天ニュース系の症例集

低Na血症になり、脳浮腫により障害を負った女性