笑顔の度合いを数値に「スマイルスキャン」−オムロンが開発
接客の研修用などとしてサービス業や医療機関へ売り込む。第1弾は病院に納入する。
顔だけを繕っても仕方ありませんが、医療もサービス業。見た目も重要ですね。

粘膜が細菌感染防ぐ仕組み解明 たんぱく質が作用
腸内などの粘膜が細菌の感染を防ぐ仕組みを解明した。体内にある「インターロイキン17F」と呼ばれるたんぱく質が細菌の活動を抑えていた。
IL-17Fは、炎症反応を起こさないため薬剤として利用できる可能性が高いそうです。

ニキビ抑える新薬
新しく認可された塗り薬「ディフェリン」(一般名アダパレン)。ディフェリンは、ニキビのできる初期段階において、毛穴が固くなるのを抑え、皮脂がたまるのを防ぐ働きがある。
保険適応もあり、悩んでいる方がいたら是非。

医療ドラマ全盛時代
医療ドラマは通常ドラマの倍以上は制作費がかかることだ。リアリティーが勝負の医療ドラマはごまかしが利かない。
たいてい医師が監修していますね。
心肺同時移植 待機6年近く、提供者不足が課題
心肺同時移植 手術は成功、患者の容体安定
移植を受けたのは、心臓と肺の重い疾患が重なったアイゼンメンジャー症候群の30代男性。約120人ずついる心臓と肺の待機患者のうち、同時移植を希望する4人から選ばれた。
ドナー不足の問題をどう解決するのか、大きな課題であると思われます。救える命があるということもあり、徹底周知を行うべきであると思います。

尿漏れ…成人女性 25%以上が経験
手術では、両足の付け根から挿し入れた専用メッシュテープで尿道を補強する。傷跡は残らない。20〜30分で終わる。
お悩みの方がいらっしゃたら、泌尿器科で相談されてはいかがでしょうか。

院長もインフルエンザ感染 マスク姿で陳謝
入院患者さんのインフルエンザ感染は、命をおびやかす問題となりかねないと思われます。ただ、多くの人が集まってくる病院なだけに、感染制御は難しいかもしれませんね。